« ウォークマンの思い出 | メイン | 馴染みのこと »

馴染みのこと

一年前と着ている服も何も変わっていないと言った彼女の言葉が
頭を過る。

聞いている曲は、流行の新しいものよりは、
昔自分が聞いていた曲を引っ張りだして聞いている。
古い服は少しウエストが気になってはけなくなったもの以外は
学生時代からあまり変わらない。

小学生時代に読んでいた漫画を読み返したり、
その頃聞いていた音楽を聞き直したり。
そのとき気づけなかったこと、そのときあったことの再考
それはそれで得る新たなものがある。
今は新しいものを吸収しようという気力と余裕がないから、
勇気が足りないから、
でも少し気分転換したい自分がいるから、
忘れ去りそうな過去のものを新しいものの代わりに引っ張りだしている。


悪いことじゃない。
気づくことも多い。
でも新しいことにも挑戦しないと、きっと前に進めない。
今は過去をエネルギーに変える時間かな。
でももう少し充電したらちゃんと新しいことを受け入れよう。

過去と未来の繰り返し。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://plaza.umin.ac.jp/~shiro/cgi-bin/46_mt_essay/mt-tb.cgi/392

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2011年03月05日 02:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ウォークマンの思い出」です。

次の投稿は「馴染みのこと」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type