« 2008年07月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月 アーカイブ

2008年08月23日

ぬくもる

山梨県富士吉田で行われた社会医学セミナーに参加し、毎日の業務の中で余裕を持てずにおざなりにしていた、患者さんを取り巻く状況への気配りといった感覚を取り戻せたように思う。社会医学では、他領域が関わり合うという点において「他人を説得するための確固とした根拠の提示」が必要である一方で、公衆衛生が目指すのは「社会で暮らす人々みなの幸福を実現する」という人間の温かさ、曖昧模糊としたものを拠り所としている側面も持ち合わせている。その両極端がある世界が不思議だな、でも面白いなと思って帰ってきた。


竹野内豊が主演した「人間の証明」というドラマでは、同じ人間に自分の父親を踏みにじられ人を信じられなくなっていた刑事が、冷徹で「信じる対象」として最もそぐわない女性の奥底に残る「人間らしさ」にかけて言葉を語る場面があった。忙しく泥くさく働きまわる私たちの中でどれだけの人が、同時代に生きる他人・将来生まれてくる他人の幸福を思って、日々暮らせているのだろうか。たとえ行動が伴わないとしても、どんなに冷たいひとでも、心の奥底では温かさを基礎に持っているのだろうか。そんな理想主義をかざしたら、笑われそうだけど。


クラムボンが実現した野外音楽堂ライブ追加公演で、チケットを手にできなかったファンへのバンドメンバーの思いや、すでに1日目のチケットを携えた人たちがそうでない人へ残したメッセージを見て、忙しい毎日の中で、こんなに思いやりのある温かい現実が、真っ直ぐ受け止めていいのか戸惑ってしまうほどのぬくもりある世界があることを知り、幸せだ。

About 2008年08月

2008年08月にブログ「46」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2008年07月です。

次のアーカイブは2008年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type