水温センサーの取り付け


後付けの電子式水温計のセンサーを取り付けます。センサーは1/8の共通サイズです。


センサーは根元がアース、先端がセンサー信号になります。


センサーアタッチメントです。


ネジ部に液体ガスケットを塗ります。


アース用の端子と一緒にネジ込みます。


ハンダ付けは高温ハンダを使用します。


ラジエータホースの途中をカッターで切って、センサーアタッチメントを挟み込みます。
同時に冷却水も交換します。アタッチメント部から冷却水がもれていないことを後日確認しておきます。


アースも忘れずに。


セリカでは水温は普通に走っていても80度~90度とやや高めです。


back to menu