ピラーメーター


Aピラーに水温計・インマニ圧計を作りました。ピラーごとFRP化することも考えたのですが、
結局、ピラーマウント部分のみつくり赤くペイントすることにしました。


アメリカ製の汎用2インチメーターホルダーです。一応、右ハンドル(日本)用、3連です。


当然、このままでは全くフィットしないので、土台部分を新たにパテで作り直すことにします。


Aピラーをアルミテープでマスキングして、メーターホルダーを切り出します。


かなり隙間があります。


ファイバーパテで隙間を埋めていきます。

 
固定のために内側にもしっかりパテを盛ります。


ファイバーパテを削って元のホルダーと面をつなげます。


厚付けパテで同様にもう一度。


少しずつ面がなだらかになってきました。


隙間があると目立つ部分なのでしっかりとラインを出しておきます。


サーフェーサです。見慣れない形で面白いですね。


スーパーレッドに塗装します。


ピラーに仮止めします。


配線と固定用の穴をあけたら、ピラーにレザーを張ります。


裏側からパテ部分にビスをうっていき、穴をあけた部分からメーターへの配線・配管を通します。


ディマー用のスイッチをピラー根元につけました。配線はきれいに束ねておきます。


メーターをしっかり押し込んで固定したら、ボディに取り付けて配線します。


今回使用した海外モノのメーターです。2インチ、約52mmです。


12V電源で動作・センサーを前もってチェックしておきます。


水温計は電子式なので12V、GND、ディマー用(12V入力するとパネルが暗くなる)、センサー線を配線します。


バキューム計は機械式なので照明用の12V、GNDのみ配線します。


パネルは電源オフ時はブラックアウトします。Defiもどきですね。


メーターホルダに奥までいれると干渉したので、メーター自体を削ってしまいました。


ホルダにメーターを取り付けたら完成です。


センサーの取り付けは、水温センサーの取り付けインマニ圧計の取り付け、それぞれのページを参考にしてください。


いかがでしょうか。黒レザーか黒ツヤで塗ればもう少し地味になりますね。


2インチメーター用のメーターリングもあります。


こちらはイマイチなのでやめました。



back to menu