オーディオ配線


オーディオ用に配線を引き回します。


アンプは4チャンネルのロックフォードです。


2チャンネルをブリッジしてウーファー用に使います。


カバーを外して配線します。


ヘッドユニットはケンウッドにしました。


まず電源ラインです。


作業の時はアースを外しておきます。


バッテリーからヒューズを介して直接配線します。


配線には圧着端子を使用します。


ちなみにアースラインも強化しておいたほうがベターです。   


バッテリー線はフェンダー内部のサービスホールから通します。


グロメットに穴をあけて通すと、水漏れや短絡の心配もなくキレイに処理できます。


助手席・助手席シートベルト・リヤシートを全て外して室内の配線を行います。


配線は全てカーペットの下を通します。


バッテリー線、アース、リモート(ACC)を繋ぎます。


ヘッドユニットにも電源をつなぎます。


こちらは容量が小さいため純正の配線からオーディオ用電源取り出しコネクタを使って配線しました。


常時電源・アース・ACC・イルミ・パーキング(アースへ)・ラジオをつなげたら、配線は束ねておきます。


スピーカー線も繋ぎます。ウーファー用には太めのケーブルが必要になります。


ヘッドユニットとアンプをRCAケーブルでつなぎます。


リモートBASSコントロールも繋ぎます。


配線を確認したら、バッテリーのアースを戻します。

後でアンプのゲイン・フィルターも調整しておきましょう。


back to menu