モニター埋め込み


センターコンソールに7インチワイドモニターを2枚マウントしました。


メーカーオプションのナビゲーションシステム用のセンターコンソールです。


本来は操作パネルがはまる矢印部分を新たに作り、ラインも修正します。


サンダーで余計な部分を削りとります。


アルミテープと型紙で新たなラインを大まかに作ります。


強度と変形によるひび割れ防止を考えてFRPを3プライほど貼ります。


さらに余計な部分はサンダーで削ります。


ラインをファイバーパテで修正します。


さらに厚付けパテで整えます。


目立つ部分なので時間をかけて丁寧に仕上げます。


ラッカーパテでほぼ完成です。


サーフェーサです。メーターフードも一緒に塗装しました。


下側に使ったモニタです。コンソールとツライチにするために、モニタを基盤まで分解します。


上側のモニタも同様です。モニタは液晶部分と制御部分にわかれ、バックライト電源とコネクタでつながっています。
ここまで分解すると保証は当然きかなくなりますのでご注意を。


上側のモニタを固定します。リモコンが操作できるように受光部分に穴をあけておきます。


下側のモニタは2DIN部分にはめこみます。木材と金具で化粧パネルを作ります。

 
レザー張りにします。


化粧パネル・モニタをホットボンド・ブチルゴムでしっかり固定します。基盤とパテをネジ止めするのも有効です


クルマに戻せば完成です。非常にすっきりと仕上げることが出来ました。


基盤で直接マウントすることにより、パネルとの隙間がほぼなくなっています。


back to menu