ステアリング交換


ステアリングをモモのcommandに交換してみました。


純正のエアバッグつきハンドルです。まず、ハンドルのセンターを出しておきます。


エアバッグを暴発させないためにバッテリーのアースを外しておきます。


ステアリング根元の2本のトルクスネジを緩めます。ネジを引き抜き気味にドライバーでこじって手前に出します。


はめ込みになっているエアバッグを手前に外します。


エアバッグとホーンのコネクタを外します。


ナットにセンターのマーキングをしナットを直前まで緩めてから、ハンドルを手前に引いて外します。
ナットを残しておくことで、ハンドルが抜けてケガをするキケンを避けます。


エアバッグ対応のハンドルボスです。


通常のボスに加えて、エアバッグをキャンセルするためのカプラーと、ホーンのコネクタが付属しています。


センターをあわせてボスをはめ込み、ホーンとエアバッグの配線をボスの穴から取り出します。


エアバッグのコネクタにキャンセラをつけます。


モモのコマンドです。


φ350mmですので、純正よりやや小さくなります。


ホーンのスイッチは、マイナスをアース(つまりハンドルボスへ)に、プラスをコネクタに繋ぎます。


ホーンスイッチの片側をコネクタへ、片側はボスに接するようにしておけばオッケーです。


ボスに6個のボルトでハンドルを固定します。アースを戻してホーンが鳴ることを確認します。


エアバッグ警告灯が点かないこと、ハンドルセンターが出ていること、ハンドルを全部きってもホーンがなることを確認したら終了です。


任意保険のエアバッグ特約を解除するのもお忘れなく♪


エアバッグ警告灯のキャンセルはこちらを参考にしてください。


back to menu