ダミーパージの取り付け


最近ではNOSといえば「エア抜きパージで目立つ!」システム、といった感じになっていますが、安価にできるダミーパージを取り付けました。


使うのはエアダスターです。


通常の向きでは、気化したガスの勢いで埃を飛ばして使います。


しかし逆さまで噴射すると、外で液体が気化するので、NOSのように見える、というわけです。


耐圧ホースで運転席から操作してフェンダーから吹き出すようにします。


エアダスターの噴出し口は径5.5mmなので、5mmの耐圧ホースを使います。


運転席側したのグロメットからホースを通します。


フロントフェンダー内を通してインナーフェンダーからホースを外にだします。


スカッフプレートを外して、ウォッシャーフルード用のホースと同様に中に通します。


カーペットを一部切って室内にホースを入れて、先をエアダスターに繋ぎます。缶は後部座席においておきます。
なお、エアダスターの缶を運転席側足元に放置するのは大変危険なので、必ず後部座席か助手席まで引き込んでください。


ガスの出る方向を見ながら調節してホースの断端を固定します。


あとはエアダスターを上下逆に噴射するだけです。


かなり目立ちますが、全く意味はありません。


プシューッ、とやっているとあっという間に缶は空になってしまいますのでご注意を。