信号のとりだし

ナビゲーション・追加メーター・ETCなどをつけるときに、様々な信号線の取り出しが必要になります。

1:ECUから


ECUから全ての信号が取り出せますが、ZZTはECUがエンジンルーム内にあるため、配線が面倒になります。


インジェクター信号はECUからしか取り出せません。

2:センターコンソール オプションコネクターから

セリカには後付けオプションのためのオプションコネクタなるものがあります。
コーナーセンサーとTVチューナー用です。


センターコンソールとオーディオを外します。


オーディオ裏にはH24、2ピンのフリーのハーネスがあります。


H24 オプションコネクター
 1:PKB(パーキングブレーキ)信号、赤+黒線
 2:SPD(車速度)信号、紫+白線
が後付けナビ用にそれぞれ取り出せます。

3:センタージャンクションから


エンジン回転数信号の取り出しやリミッターカットのためにはセンタージャンクションから信号を取り出します。

シフト周囲のパネル・センターパネルを外すと、センタージャンクションが見えてきます。


セMから車速信号、セFから回転信号を取り出せます。

NOTICE! : ジャンクションボックスが上、コネクタが下です。
セMの5番、白に赤線の入ったケーブルから速度パルス信号を取り出します。
なお、ここの配線を切って社外メーターを途中に割り込ませるとさらにリミッターカットできます。

NOTICE! : ジャンクションボックスが上、コネクタが下です。
セFの19番、茶に白線の入ったケーブルからエンジン回転数パルス信号を取り出します。


実際にはこのように狭い奥から取り出してくる形です。
くれぐれも他のハーネスを傷つけないように注意してください。再起不能になる可能性があります。

このほかにもセンサー・スイッチ側や、メーター裏、など、あちこちで信号がとれます。

4:ドア開閉信号

こちらからどうぞ。

5:ドアロック・アンロック


セキュリティを取り付ける際にドアのロック・アンロック信号の入力が必要になります。
リモコンからの信号をうけて、レシーバーがボディECUにシグナルを送っているようですが詳細は不明です。
ドアスイッチからの入力信号を使い、アンサーバックはダイオードを使って実現するのが一般的です。