ガルウイングヒンジ画像集

今までは秘密にされることが多かったガルウイングヒンジの画像を集めてみました。

もっともメジャーなDecahのヒンジ (VDC kit)です

汎用性が高いのが利点です

日本製のカザマのキットです

特殊ヒンジで有名なAutolocのVDCキットです

Deluxeのキットには電動シリンダーがついています

唯一の電動キットですが、難しい面もあるようです

ヨーロッパ製の開発中のキットです

1000米ドルを切るのが最大の売りです

2軸で構成されるキットは他にも多数あります

ノーマルヒンジ

JZA70スープラ用


ZZT231セリカ用

通常のヒンジはこのようになっています。


一方、ガルウイングで有名なセラですが、ヒンジは非常に単純な作りで出来ています。
斜めにオフセットした蝶番と強力なダンパーで出来ています。


左右一つずつのこのヒンジのみでドアは支えられます。


開閉している様子です。


ストッパーがついていて、ある程度以上は開かないようになっています。


ダンパーは非常に太く、しっかりとした作りです。


ピロボールエンドとなっていて、取り付け位置での自由度がかなりもたせてあります。


カヤバ製品ですね。


ちなみに、ホンモノのランボドアをみる機会がありました。全く別物です。ダンパーが非常に強く効いています。
ヒンジも分厚い鉄板で出来ていて、剛性が高いです。