タイヤ交換


純正アルミホイールの交換手順です。運転席側前輪で説明します。
まず、ホイールキャップをマイナスドライバー等でおこして外します。
意外に高い部品なのでなくさないようにしましょう。


ジャッキアップする前に21mmのクロスレンチもしくは1/2インチソケットレンチでナットを緩めておきます。


2輪ずつ上げる方法もありますが、ここでは1輪ずつフロアジャッキであげることにします。


図のボディ下部に切り込みが2箇所あります。ここがジャッキアップポイントです。


 
フロアジャッキであげたあと、安全のためにウマをかませます。本来は好ましくありませんが、やむを得ずパンタグラフジャッキのみで作業するときは、外したホイールをボディの下の隙間においておくと安全です。


ナットを緩めとり、ホイールを外します。砂をかみこむ恐れがあるので、ナットは地面に置いてはいけません。


ついでにパッドの残量、ナットの緩み、ブレーキラインにフルードのにじみ等が無いことを確認しておきます。


ブレーキクリーナーでローター・ハブ・ナットの汚れを落とします。


ホイールをあわせたらナットを締めこんでいます。ナットは対角線をたどるように、均等に締め上げていきます。


ジャッキダウンします。油圧ジャッキの場合は一度にバルブを開放せず、
ゆっくりと降ろしてください。その後、ナットを本締めします。
トルクレンチがベストですが、クロスレンチ等を使用する際には締めすぎには注意してください。
体重を掛けて足で踏み込む必要はありません。潤滑油はオーバートルクの原因になります。


リヤはここがジャッキポイントです。4輪繰り返します。


空気圧を調整したら終了です。


注意したいのはナットの種類です。トヨタ用のホイールナットにも色々あります。

17mmの袋ナット ・・・ LINEA SPORTのホイールは21mmのナットが入らず17mmのナットが必要になります。
21mmの袋ナット ・・・ 一般的なホイールは21mmのナットを使用します。
17mm、純正アルミ用ナット ・・・ ナットの先端がホイールの中に入り込むタイプです。専用のナットが必要です。