塗装表面の細かい傷


外装パネルはさまざまなキズがついていきます。僕はあまり気にしないほうなのですが、
とある作業のミスからしっかりとキズをつけてしまったため、修正してみました。


画像では分かりにくいですが、浅いひっかき傷のようなものがバンパーについています。塗装の表面のキズで、下地は見えていません。


ボディの汚れを落とします。軽く水洗いした後、さらに中性洗剤を薄めたスプレーとやわらかいタオルを使いました。表面の細かい汚れを完全に取り除いておきます。


今回は液体コンパウンドからはじめました。キズがさらに深いときにはもう少し粗めのチューブタイプのコンパウンド>液体コンパウンド、とするのが良いと思います。


新しいやわらかい布にコンパウンドを付けて磨いていきます。このとき円を描くようにではなく、
一方向に磨くのがコツです。ツヤが出てきます。


仕上げに少量のワックスを刷り込んで、ツヤが出てくるまで磨きます。


キズが遠めに目立たなくなりました。この原理でかなりのキズが消せると思います。