フロントバンパー脱着


フロントバンパーの脱着です。フォグ装着、ホーン交換、HID装着のためのライトハウジング着脱、アーシング、CCDカメラ装着など、多くの作業に必要になります。これが出来ればかなりのDIYが可能になります。用意するものは、10mmディープソケット+ラチェットレンチとドライバーぐらいです。


ボンネットを開けて、エンジンカバーを取り外します。運転席側はマークの5箇所のピンを外します。中心部を+ドライバーなどで押すと、引き抜けるタイプのピンです。破損・紛失しがちですが、トヨタあるいはカー用品店から手に入れられます。助手席側は写真がありませんが、(エアクリ装着のためにとっている)、3箇所でとめられています。

(運転席側)
両側のタイヤハウスを写真のように一部めくります。

(運転席側)
見つけにくいですが、マークのところに上向きにネジがあります。10mmディープソケットもしくはプラスドライバーではずせます。運転席・助手席側ともに外します。この際、ハンドルを切ってタイヤを逃がしてやると作業がスムースです。

(運転席側)
ウインカーのバルブをひねって両側ともに外しておきます。

(一部拡大)
マークの位置の10mmボルトを4本、および中心部のクリップを外します。クリップはマイナスドライバーで中心部を起こしてやると簡単に抜けます。

(運転席側) (助手席側)
マークの位置に上向きにネジが6箇所あります。10mmレンチ、もしくはプラスドライバーで緩めます。なお、センター側のネジは奥まったところに位置している(特にMC前フロント)ため、外し忘れないようにしてください。



さらにフロアを止めている10mmナットを4箇所ゆるめます。ギヤレンチでも作業は早いと思います。


これでバンパーはフリーになりました。フェンダーとのかみ合わせを外して下方向に引っ張ります。


バンパー保護シートを引いたら、バンパーを前方向に引っ張ると完全に外れます。

<注意>作業が終了してバンパーを装着する際に、フロアの固定が甘いと危険ですのでしっかり確認してください。特にMC前フロントは前からの風圧をもろに受けるので、固定が不十分だとフロアが走行中にはずれてしまうことがあるようです。