ドア内装パネル脱着


フロントドア内側の内装パネルを外します。ドアミラーの取り外し、フロントスピーカーの交換の際に必要になります。


運転席側で説明します。ドアを完全に開放してから内装剥がしを使って、ドアミラー内側のカバーを外します。狭い駐車場では作業はやり難いかもしれません。


マイナスドライバーでカバーを外した後、2箇所のプラスネジを緩め取ります。よくみるとネジにはカバーが引っかかるように加工されています。


さらにパネル下部の2箇所のプラスネジを外します。なお、ここで外したネジと先ほどのネジは微妙に違うので区別しておいてください。


さらに長めのプラスネジを緩めます。


ドアハンドルのカバーの内側にもプラスネジが隠されていますので、同様に外します。


これでパネルがフリーになりました。手前やや上方向にパネルを引くと外れます。なお、ウインドウは閉めておいた方が作業が勧めやすいと思います。(特にパネルを元に戻すとき)


パネルが外れても勢いよくひいてはいけません。図の部分に、ドアミラーコントローラーのハーネスがあるので外します。


ドアハンドルへワイヤーがつながったままでも、ここまでパネルをずらすことができます。
これでスピーカーの交換など、ほとんどの作業が可能になります。助手席側はハーネスはありません。


ワイヤーを止めているプラスネジを外します


画像のようにワイヤーとノブを取り外します。


これで内装パネルは完全に外れます。


なお、パネルを元に戻すときには、押すのではなく上からかみ合わせを差し込む感じでいくと楽に入ります。