リヤバンパー着脱


リヤバンパーの脱着です。フロントよりもやや難易度は高いです。なお写真では作業範囲を拡大して配線をまわすために、トランク両側のパネルおよびテールライトを外していますが、内装は後ろの1枚と両側のフタのみを外せば作業可能です。

トランクのカーペットを剥がします。


画像中のピン2箇所、フック2箇所、およびトランクのヒンジ下、中央のピンを抜きます。


ピン3個、フック2個が取れました。内装外しがあると便利です。


内装パネルを剥がします。ある程度力が必要です。


両側の工具入れのフタも外します。

 


両側、工具がついている10mmのナットを緩め取ります。


さらに10mm頭のネジを両側緩め取ります。


 
10mmのナットを4箇所緩めます。ボックスとレンチを駆使すればなんとか外せますが、10mmのディープ(かなり深い)ソケットを前もって用意しておくことをお勧めします。




一番面倒な作業です。図のようなピンを4箇所外します。


本来はプラスネジを回すと中央部が手前に引ける事により外れるピンです。しかし、泥・水・マフラーからの熱で固着しておりなかなか外れません。特にマフラー直上のピンは外しにくかったため、ドリルでピンに穴を開けて破壊して外しました。再使用できない可能性が高いので、この作業をされる方は前もってピンを注文(あるいは別のピンorナットで代用)しておくと良いと思います。注文する際、ピンは汎用品で十分です(カー用品もしくはDIY店で売っています)。僕はタイラップでしばっておきました。


(いないとは思いますが)テール・CCDなどをバンパーにつけている場合、ここで外しておきます。長い道のりでしたがこれでバンパーはフリーになりました。傷をつけないようにバンパーを保護するシートをひいておきます。


図の部分にツメがあります。バンパーをまず下方向に引っ張ってそれぞれ外します。


さらにバンパー全体を後ろに引っ張り、10mmのボルトをボディから抜くようにすると・・・


このようにリヤバンパーが外れます。


発泡スチロールを抜くとこんな感じです。