TYCテール内バックライト移植

>>
バックライトをTYCのウインカーハウジング内に移植しました。


ウェッジソケット(大)と12V18Wの白色ウェッジ球です。バイク用品店でよく売っています。


取り外しページを参照して、テールライトを外してください。


配線を通す穴を1cm間隔で写真の位置にあけます。


通常であれば大きな穴をあけてバルブをはめ込みますが、ここでは簡易の方法です。


バルブをつけたソケットをテール内に入れていきます。


配線を先ほどあけた穴からテールの外に出します。配線を手前に引っ張って留めることでバルブも固定されます。


バルブがしっかりと固定され、ウインカーバルブとも干渉しないことを確かめてください。


バックライトの配線を純正のコネクタからとります。コネクタを使うとその後の取り外しもスムーズです。


点灯を確認したらテールライトをボディに戻して終了です。


写真のように、バックライトとウインカーが一つのレンズで可能になりました。