メーターLED交換


メーターのLEDを交換します。


メーター照明に使われているLEDはオンボード用のチップLEDです。1.5x3mmととても小さいものです。


秋葉原でさまざまな色のチップLEDが売っていますので、全て交換してみました。


画像でみて分かるとおり、作業は、ハンダ付けに慣れていないと不可能です。


メーターの取り外しのページを参照してメーター本体を取り外します。


裏側のプラスネジを外して基盤を外します。


さらに燃料計のLCDパネルを爪を起こしてから、隙間にマイナスドライバーをねじ込んでゆっくりと外します。


ピンを曲げないように気をつけてください。


ハンダ吸い取り器でハンダを取り除いてチップLEDを取り外し、新たにかったLEDをハンダ付けします。


非常に小さいのでピンセットで取り扱います。


LEDには極性があるので、テスターでチェックしながらアノード・カソードを間違えずに取り付けてください。


左のメーターパネルは4個のLEDで照明されています。


中央部分は6個のLEDです。


さらに警告灯全てと、燃料系の裏(13個)を全て交換しました。


ハンダ不良が無いことを確認したら、クルマに取り付けて試験点灯です。


なかなかいい感じです。点灯しないLEDがあった場合にはハンダ付けをやり直してください。


純正のメーターパネルはパネル自体にオレンジの着色がしてあるので、このままでは暗くなってしまいます。


新たに青色でパネルを作り直す必要があります。このパネルはJJさん製作です。


このようにきれいな青色に発光します。


こちらは、僕が製作したパネルです。いずれもメーター裏が青色LED、燃料系裏は白色LEDとなっています。


awesome!!