バンパー内バックライト設置


リヤバンパーにバックライトを埋め込んでみました。

 
YZF(バイク)用の薄いテールランプを流用します。


テールランプなので赤いバルブが付属しています。

赤バルブ 白バルブ
このテールは18W/5W(これ以上高ワットだと熱でレンズが溶けてしまうようです)でクリアレンズ+赤球の仕様です。
白い通常のバルブに変更してバックライトとします。


約20mmの穴と、ネジ穴二つで固定できます。プラスネジ+通常のナット固定でしたが、と固定をしっかりするために、
ヘキサゴン+ロックナットに変更しました。配線は黒がGND、緑がブレーキ(18W)、赤がポジション(5W)でした。


リヤバンパーを外します。詳細は左のメニューからバンパーの外し方を参照してください。

 
発泡スチロールと干渉しない場所で位置決めをします。ドリルでセンターに4mm、10mmと徐々に穴をあけて、
テーパリーマで広げていきます。サイズがあればホールソーが早いでしょう。それにしてもショックな画像ですね。

 
ネジ穴もあけてネジ止めします。


試験点灯です。点灯しても熱の影響が無いことを確かめました。

 
配線はバンパーの裏を通します。

 
さらにスペアタイヤ下のゴムに穴をあけて室内に引き込みました。


もう一度点灯確認して終了です。



 

 
18Wでも視認性は良好です。