Blitz SUSPOWER CORE TYPE LM (エアクリーナーの交換)


BLITZのSUS POWER LM、剥き出し型のエアクリにしました。


エンジンチェックライトは今のところ点灯していません。

  
エンジンプラスチックカバーを外します。エアフロセンサーコネクタ、VSVコネクターを外します。(画像は取り付け後)


VSVのゴムホースをインテーク側から取り外し、ゴムキャップでふさぎます。


ホースを固定している金属バンドを緩めて、ホースを抜き取ります。


純正のエアクリを固定している10mmボルトを外し、エアクリボックスを取り外します。さらに+ドライバーでエアフロセンサーを外します。このとき、センサーの線(細くて脆い)、を傷つけたり汚したりしないように注意します。

 


クリーナーを組み立てます。アダプターにエアフロセンサーとステーを仮付けします。


タイラップでVSVコネクタとPCVバルブを固定します。スロットル等周囲の部品と干渉しないところにとめます。


ゴムのパイプをマニテークに付け、さらにアダプターをつけます。まだクリーナー本体は付けません。位置あわせをしたら、ステー、金属バンドの本締めをします。


ステーのボルトはここにとめます。


最後にクリーナー本体をアダプターにセットします。ホースの接続、特に隙間からエアの流入がないことを確認します。


なお、クリーナーは定期的な交換が必要です。


back to menu