グラフィック


とっても安いアメリカ製のビニグラです。全部あわせても65ドルという驚異の価格です。シルバーといっても灰色にしか見えないのは気のせいでしょう。


丁寧なマニュアルと、ヘラも付属しています。

 

今回は定番のフレームパターンにしてみました。

使用する道具はスモーク貼りとほぼ一緒です。
1: 無風、無塵、適度に暖かい日がベスト
2: 薄めた中性洗剤
  
3: 洗車用シャンプー
4: 鋭利なハサミ、もしくはかみそり
5: タオル
6: シリコンオフ
7: テープ(マスキングテープが便利です)
8: ゴムヘラ
 


貼りこむ部分を洗います。


ワックスなど油脂をシリコンオフで完全に取り除きます。

ボンネットグラフィック

サイドグラフィック
テープでグラフィックを希望の位置にとめます。ドアノブ、給油口の位置にも配慮しましょう。


中心部分をテープで固定します。


半分、型紙からデカールと剥離シートを外します。


ハサミで型紙を切り取り、ボディには中性洗剤の薄め液を吹き付けます。


気泡を追い出すように中心部からヘラを使って貼り込んでいきます。 decals.


残りも同様です。


乾燥する前に図のような気泡を全て取り除きます。


自然に乾燥するまで、10分から30分待ちます。


角度をつけて剥離シートを慎重に剥がしていきます。


ハサミとカミソリを駆使して、給油口、ハンドルノブ、フェンダーとのつなぎ目を処理していきます。内側に折り込む方法は、見た目はよいものの後々に剥がれやすいというデメリットがあります。ここでは、つなぎ目のバイナルをハサミで切り取っています。