バックドアアウトサイドガーニシュ


後期型の縁取りつきのガーニシュに変更しました。定番の改造です。


前期型のガーニシュは縁取りがありません。


76811-20140-D0 (super-red)
後期型のバックドアアウトサイドガーニシュです。トヨタから取り寄せ可能です。


リヤハッチの内装を外します。「取り外し→リヤハッチ内装」を参照して下さい。図のキーシリンダーを留めている10mmナットを緩めます。緩めたナットを内側に落とさないように気をつけてください。10mmのディープソケットが必要です。


トランクオープナーの裏側、10mmナットを緩めます。周囲と干渉して緩め難いですが、ディープソケットを斜めに使うか、もしくは画像のように緩めてください。


最後に10mmのボルトを緩め、合計5個のナットをとります。


ガーニシュを後方に引っ張ると、矢印部分にクリップがあることに気づきます。勢いよく引っ張らず、クリップをこじってとります。


これでガーニシュが取れます。


上が後期型、下が前期型です。


ボルト5本をプライヤーで後期型に移植します。横にスライドして脱着できますが、元の位置にしっかりはめて下さい。


ガーニシュを装着し、外したナットを元に戻していきます。ナットは仮留めの後、締めて行きます。キーシリンダーのナットは緩めに、オープナー裏側のナットはきつめにしめて下さい。


ライセンスプレートバルブが点灯し、トランクオープナーの動作も確認します。問題なければ内装パネルを元に戻して完成です。


後期仕様に近づきました。同様にしてセリカのロゴのスムージング(パテ埋め+塗装)も可能です。