Top Image
スペーサー ホーム > 学会について
学会について
スペーサー スペーサー
スペーサー
学会について
スペーサー
日本外科系連合学会 (Japanese College of Surgeons : JCS)は、外科系医学の各学会を連合して、医道の昂揚ならびに医学・医術の振興を図り、もって社会の福祉と医療に貢献することを目的としています。そのための事業として次のことを行います。

1. 外科系医学の振興とその総合的研究の発表
2. 外科系医師の卒後教育と研修の実施
3. 年次学術集会の開催
4. 内外の外科系医学・医学関連の諸団体との連絡・協力
5. 機関誌の発行
6. その他本会の目的達成に必要な事業
スペーサー
会員称号に関して
スペーサー
本学会は、特別あるいは顕著な功績が認められた会員を名誉会員、特別会員または功労会員に推戴しています。 また次の各号をすべて満たす場合、理事会の議を経てFellow会員 (Fellow of the Japanese College of Surgeons, FJCS) の資格が与えられます。

1. 外科領域の指導医の資格、またはこれと同等以上の資格あるいは力量を持つこと。
2. 連続10年以上の本学会会員歴を有し、本学会に学術的貢献のあること。
スペーサー
委員会について
スペーサー
本学会には次の委員会があります。主な業務を列記します。

1. 教育・学術委員会:学術集会および会長を支援するとともに、他の教育事業を立案する。
2. 編集委員会:日本外科系連合学会誌の編集、および、年間最優秀論文の選考を行う。
3. 評議員選考委員会:評議員の委嘱候補者を選考し、理事長に答申する。
4. Fellow会員資格審査委員会:Fellow会員の審査を行い、理事会に報告する。
5. 映像委員会:外科系各分野の映像資料の作成、保管、管理、頒布の促進を行う。
6. 国際・渉外委員会:海外のCollege of Surgeonsとの交流および専門医制度において国内学会との関係を構築する。
7. 会則委員会:会則、規則等の検討を行い、理事会に答申する。
8. 財務委員会:財務の状況を点検し、予算を理事会に答申する。
9. 保険診療委員会:学術的根拠に基づき、診療報酬について適正化促進を図る。
10. 庶務委員会:学会の庶務業務を行う。
11. 利益相反委員会:学会員の利益相反に関する事項について対応を行う。
スペーサー
スペーサー
 
スペーサー
スペーサー 前のページへもどるビュレット ページの先頭へビュレット スペーサー
スペーサー
スペーサー
左下淵 スペーサー 右下淵