MENU
お問い合わせ

診療の三本柱

小児重症救急

Todai PICUの目指していること

私達は「地に足をつけた臨床」「キャリアアップ教育」「小児集中治療医学の研究・発展」を三本柱として日本をリードするPICUを目指しています。東京都の東側を担う小児重症治療のセンターとして活躍し、救急科・外科系診療科と連携して、小児専門病院では対応困難なより幅の広い多くの症例に、患者によりそった診療をしています。一方で臨床だけではなく、長い医師人生において、それぞれにあったキャリアプランを具体的に一つ一つ進めて、「ただ単に小児集中治療ができるという表面的な医師」ではなく、「医師としてのアイデンティティーの一つとして小児集中治療が存在する医師」を育んでいきます。また科学としての小児集中治療医学を系統的に学問体系として学び、医学としての発展を体系化していきます。

私達は、「日本のモデルケースとして世界と競争できるPICU」を目指しています。

充実した臨床環境−東京都こども救命(東京都こども救命センター運営事業)−

東京の東側(東部ブロック)をまもるため、私達は東京都こども救命センター運営事業のTertiary
Centerとして活動しています。小児医療の最後の砦として、疾患・外傷を含んだどの様な病態にも対応しています。災害時には災害拠点とPICUが相互協力し、医療だけでなく災害時にも東京都の東側の大きな役割を担っています。

新PICUオープン(令和元年六月)

2001年に大学病院で初めて整備された東京大学PICUは、新たにその形を発展させて、最も先進的なPICUとして生まれ変わりました。考え抜かれたレイアウトと機能的な医療設備の元、専門医・専従医を配置し、全ての疾患に対応するオールラウンドな体制を整備しました。質の高い臨床を心地よいチームワークのもとで日々行っています。

リクルート

新PICUでは、共に働く方を募集しています。

詳細を見る

お問い合わせ

ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ