日本語版Zarit介護負担尺度
(Zarit Burden Interview)

使用目的 介護負担感の測定
対象者 介護者
評価者 介護者(自記式調査票)
セッティング 問わず
項目数 22項目
内容
信頼性・妥当性 検証済み
文献
  • Arai Y, Kudo K, Hosokawa T, Washio M, Miura H, Hisamichi S. Reliability and validity of the Japanese version of the Zarit Caregiver Burden Interview. Psychiatry and Clinical Neuroscience. 1997; 51(5): 281-7.
  • 荒井由美子. 家族介護者の介護負担. 医療. 2002; 56(10): 601-5.
ダウンロード
リンク
使用許諾 文献参照
連絡先 文献参照
備考

8項目からなるJ-ZBI_8(日本語版 Zarit介護負担尺度 短縮版)も用意されている。

  • Kumamoto K, Arai Y. Validation of 'personal strain' and 'role strain': subscales of the short version of the Japanese version of the Zarit Burden Interview (J-ZBI_8). Psychiatry and Clinical Neuroscience. 2004; 58(6): 606-10.
  • 荒井由美子, 田宮菜奈子, 矢野栄二. Zarit介護負担尺度日本語版の短縮版(J-ZBI_8)の作成 その信頼性と妥当性に関する検討. 日本老年医学会雑誌. 2003; 40(5): 497-503.
  • 熊本圭吾, 荒井由美子, 上田照子, 鷲尾昌一. 日本語版Zarit介護負担尺度短縮版(J-ZBI_8)の交差妥当性の検討. 日本老年医学会雑誌. 2004; 41(2): 204-10.
(c)緩和ケア臨床・研究・教育ツール 無断転載を禁じます。