サイトマップ
住所・お問い合わせ
東京大学医学部附属病院
口腔顎顔面外科・矯正歯科
〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
TEL 03(3815)5411
内線33714
FAX 03(5800)6832
なお、医療関係のご質問は一切お受けできませんので、あらかじめご了承下さい。
受診希望の方は、予約センター
TEL 03(5800)8630
までお願い致します。

沿革

教室の沿革

東京大学大学院医学系研究科外科学専攻感覚・運動機能医学講座口腔顎顔面外科学分野は、石原久先生が東京帝国大学医科大学に歯科学分野開設の命を受けられ、明治33年に初代主任に就任されて以来1世紀を越す歳月が流れ、現在で7代目の教授になります。

初代教授 石原久   初代教授の石原久教授は明治27年、帝国大学医 科大学全科を卒業後、佐藤三吉教授が主宰する外科学講座に所属され一般外科を専攻しました。その門下には、後に耳鼻咽喉科の教授となる岡田和一郎先生、整形外科の教授となる田代義徳先生がいらっしゃいました。現在の口腔外科学分野は外科学教室から分派しています。

当時の歯科教室は現在の龍岡門を入ってすぐ左にあり、東大病院外来の2階にありましたが、関東大震災にて焼失しました。当時の医局員には、後に日本大学総長の佐藤運雄先生、東京医科歯科大学学長の長尾優先生、名古屋大学教授の北村一郎先生などが在籍され、日本の口腔外科の黎明期の歴史を作られました。また現在まで続く日本口腔科学会は、当教室により設立されました。

石原教授が昭和2年に退官された後、都築正男先生(大正6年、東京帝国大学医科大学医学科卒業)が外科学講座から転出し、昭和2年から歯科学教室主任として教室を継承し、昭和4年に東京帝国大学教授に昇任されました。外科学から転じられた都築教授は多くの顎顔面領域の手術を行い、本邦の口腔外科学の進歩に大きな功績を残されました。6年間余りの在任の後に、都築教授は、昭和9年塩田広重教授の後継として、古巣である外科学第2講座教授に就任されました。このように昭和初期まで、歯科学講座は外科学講座と緊密な関係のもとに運営されていました。その後は、石原教授時代に在籍していた金森虎男先生が後継者として就任されました。金森先生は、島峯徹先生(当時、東京帝国大学講師)とともに東京高等歯科医学校(現東京医科歯科大学)の創設に多大な貢献をされました。その後、第4代教授として河野庸雄先生(大正15年、東京帝国大学医学部医学科卒業)が歯科学教室主任に就任し、昭和30年には教室の名称を歯科学教室から口腔外科学教室へと改称され、その後、林一先生、赤川徹弥先生と続き、平成8年に高戸毅先生が就任されました。高戸先生は平成13年からは、再生医療の臨床応用を目指さす東京大学医学部附属病院ティッシュ・エンジニアリング部の部長を兼任されています。

(文責:西條 英人)
外来受診につきまして
当科は原則的に予約制となっており、初診受付時間は、午前9時〜午前11時です。
受診時には、出来るだけ他医療施設からの紹介状をお持ち頂くようお願い致します。
尚、紹介状で担当医が指定されている場合はお電話の際、その旨をお伝えください。
予約の際には、下記予約センターまでお電話下さい。
予約センター電話番号:03-5800-8630
予約受付時間:12:30〜17:00(土・日・祝祭日・年末年始〔12/29〜1/3〕を除く)