サイトマップ
住所・お問い合わせ
東京大学医学部附属病院
口腔顎顔面外科・矯正歯科
〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
TEL 03(3815)5411
内線33714
FAX 03(5800)6832
なお、医療関係のご質問は一切お受けできませんので、あらかじめご了承下さい。
受診希望の方は、予約センター
TEL 03(5800)8630
までお願い致します。

業績

教室の業績

過去の業績

当教室の業績です。

2015年

<著書・分担執筆>
  1. 煬ヒ毅,藤原夕子,菅野勇樹,西條英人,鄭雄一,星和人:3Dプリンタ活用によるカスタムメイド型人工骨の製作 新たなものづくり 3Dプリンタ活用最前線桐原慎也 監修, (株)エヌ・ティー・エス 東京, 2015
  2. 煬ヒ毅,星和人,藤原夕子,金澤三四朗:整形・形成@ 再生医療用語ハンドブック, 90-96, 日本再生医療学会監修,メディカルトリビューン, 東京, 2015

<原著・症例報告>

原著英文(症例報告含む)
  1. Suenaga H, Saijo H, Hoshi K, Mori Y, Takato T. Diclofenac sodium induced Stevens-Johnson Syndrome in a hospitalized patient during treatment of splenic injury and mandibular fracture. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 2015 Jan; 27(1): 29–32.
  2. Abe M, Inaki R, Kanno Y, Hoshi K, Takato T. Molecular analysis of a mammary analogue secretory carcinoma in the upper lip - Novel search for genetic and epigenetic abnormalities in MASC. Int J of Surg Case Rep. 2015 Feb; 9: 8-11.
  3. Ishimaru T, Komura M, Sugiyama M, Komura H, Arai M, Fujishiro J, Uotani C,Miyakawa K, Kakihara T, Hoshi K, Takato T, Tabata Y, Komuro H, Iwanaka T. Slow release of basic fibroblast growth factor (b-FGF) enhances mechanical properties of rat trachea: J Pediatr Surg. 2015 Feb; 50(2): 255-9.
  4. Otani Y, Komura M, Komura H, Ishimaru T, Konishi K, Komuro H, Hoshi K, Takato T, Tabata Y, Iwanaka T. Optimal amount of basic fibroblast growth factor in gelatin sponges incorporating β-tricalcium phosphate with chondrocytes. Tissue Eng Part A. 2015 Feb; 21(3-4): 627-36.
  5. Sugita S, Hosaka Y, Okada K, Mori D, Yano F, Kobayashi H, Taniguchi Y, Mori Y, Okuma T, Chang SH, Kawata M, Taketomi S, Chikuda H, Akiyama H, Kageyama R, Chung UI, Tanaka S, Kawaguchi H, Ohba S, Saito T. Transcription factor Hes1 modulates osteoarthritis development in cooperation with calcium/calmodulin-dependent protein kinase 2. Proc Natl Acad Sci U S A. 2015 Mar; 112(10): 3080-5.
  6. Wang J, Suenaga H, Liao H, Hoshi K, Yang L, Kobayashi E, Sakuma I. Real-time computer-generated integral imaging and 3D image calibration for augmented reality surgical navigation. Comput Med Imaging Graph. 2015 Mar; 40: 147-59.
  7. Komatsu N, Suenaga H, Sugiyama M, Hoshi K, Takato T. Inflammatory internal carotid aneurysm detected in a patient withbenign fibro-osseous lesion in the maxillary sinus: A rare case report. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 2015 Apr; 402
  8. Mikoya T, Shibukawa T, Susami T, Sato Y, Tengan T, Katashima H, Oyama A, Matsuzawa Y, Itoh Y, Funayama E. Dental Arch Relationship Outcomes in One- and Two-Stage Palatoplasty for Japanese Patients with Complete Unilateral Cleft Lip and Palate. Cleft Palate Craniofac J. 2015 May; 52(3): 277-86.
  9. Nakayachi M, Ito J, Hayashida C, Ohyama Y, Kakino A, Okayasu M, Sato T, Ogasawara T, Kaneda T, Suda N, Sawamura T, Hakeda Y.  Lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor-1 abrogation causes resistance to inflammatory bone destruction in mice, despite promoting osteoclastogenesis in the steady state. Bone. 2015 Jun; 75: 170-82
  10. Saito T, Ohba S, Yano F, Seto I, Yonehara Y, Takato T, Ogasawara T. Runx1 and Runx3 Are Downstream Effectors of Nanog in Promoting Osteogenic Differentiation of the Mouse Mesenchymal Cell Line C3H10T1/2. Cell Reprogram. 2015 Jun; 17(3): 227-34.
  11. Komura M, Komura H, Otani Y, Suzuki K, Satake R, Kodaka T, Terawaki K,Yonekawa H, Ikebukuro K, Hoshi K, Takato T, Tabata Y, Komuro H, Iwanaka T. Tracheoplasty with cartilage-engineered esophagus environments.J Pediatr Surg. 2015 Jul; 50(7): 1093-8.
  12. Yoshitake T, Takeda A, Ohki K, Inoue Y, Yamawaki T, Otsuka S, Akimoto M,Nemoto M, Shimakura Y, Sato A. Five-year efficacy of finasteride in 801 Japanese men with androgenetic alopecia. J Dermatol. 2015 Jul; 42(7): 735-8.
  13. Misawa M, Nitta N, Shirasaki Y, Hayashi K, Kosaka R, Hyodo K, Numano T, Homma K, Kuribayashi S, Fujihara Y, Hoshi K.  Characteristic X-ray absorptiometry applied to the assessment of tissue-engineered cartilage development. J Xray Sci Technol. 2015; 23(4): 489-502.
  14. Sato T, Suenaga H, Igarashi M, Hoshi K, Takato T. Rare case of external dental fistula of the submental region misdiagnosed as inverted follicular keratosis and thyroglossal duct cyst. Int J Surg Case Rep. 2015 Sep; 16:39-43.
  15. Kawase-Koga Y, Mori Y, Kanno Y, Hoshi K, Takato T. Short Lingual Osteotomy Using a Piezosurgery Ultrasonic Bone-Cutting Device During Sagittal Split Ramus Osteotomy. J Craniofac Surg. 2015 Oct; 26(7): e567-8.
  16. Kishi Y, Fujihara H, Kawaguchi K, Yamada H, Nakayama R, Yamamoto N, Fujihara Y, Hamada Y, Satomura K, Masutani M. PARP Inhibitor PJ34 Suppresses Osteogenic Differentiation in Mouse Mesenchymal Stem Cells by Modulating BMP-2 Signaling Pathway. Int J Mol Sci. 2015 Oct 19; 16(10): 24820-38.
  17. Wang J, Suenaga H, Yang L, Liao H, Ando T, Kobayashi E, Sakuma I. 3D Surgical Overlay with Markerless Image Registration Using a Single Camera. Lecture Notes in Computer Science. 2015 Oct; 9365: 124-33.
  18. Suenaga H, Furukawa KS, Suzuki Y, Takato T, Ushida T. Bone regeneration in calvarial defects in a rat model by implantation of human bone marrow-derived mesenchymal stromal cell spheroids. J Mater Sci Mater Med. 2015 Nov; 26(11): 254.
  19. Suenaga H, Hosokawa R, Saijo H, Hoshi K, Takato T. Nasolabial cyst in a patient with cleft lip and alveolus: a case report. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 2015 Nov; 27(6): 839-42.
  20. Suenaga H, Tran HH, Liao H, Masamune K, Dohi T, Hoshi K, Takato T. Vision-based Markerless Registration Using Stereo Vision and an Augmented Reality Surgical Navigation System: A Pilot Study. BMC Med Imaging. 2015 Nov 2; 15(1): 51.
  21. Chang SH, Yasui T, Taketomi S, Matsumoto T, Kim-Kaneyama JR, Omiya T, Hosaka Y, Inui H, Omata Y, Yamagami R, Mori D, Yano F, Chung UI, Tanaka S, Saito T. Comparison of mouse and human ankles and establishment of mouse ankle osteoarthritis models by surgically-induced instability. Osteoarthritis Cartilage. 2015 Nov 17. pii: S1063-4584(15)01389-8.
  22. Kobayashi R, Tsunoda K, Ueha R, Fujimaki Y, Saijo H, Itoh K, Yamasoba T.Effect of a nasal clip on inhaling a sufficient cortico steroid powder dose. Ann Allergy Asthma Immunol. 2015 Dec; 115(6): 525-6.
  23. Okuma T, Hirata M, Yano F, Mori D, Kawaguchi H, Chung UI, Tanaka S, Saito T. Regulation of mouse chondrocyte differentiation by CCAAT/enhancer-binding proteins. Biomed Res. 2015; 36(1): 21-9.
  24. Saito T, Yano F, Mori D, Kawata M, Hoshi K, Takato T, Masaki H, Otsu M, Eto K, Nakauchi H, Chung UI, Tanaka S. Hyaline cartilage formation and tumorigenesis of implanted tissues derived from human induced pluripotent stem cells. Biomed Res. 2015; 36(3): 179-86.
  25. Kawase-Koga Y, Mori Y, Fujii Y, Kanno Y, Chikazu D, Susami T, Takato T.Complications after intraoral vertical ramus osteotomy: relationship to the shapes of osteotomy line. Int J Oral Maxillofac Surg. 2016 Feb;45(2):200-4.
  26. Satake R, Komura M, Komura H, Kodaka T, Terawaki K, Ikebukuro K, Komuro H,Yonekawa H, Hoshi K, Takato T, Nakayama Y. Patch tracheoplasty in body tissue engineering using collagenous connective tissue membranes (biosheets). J Pediatr Surg. 2016 Feb;51(2):244-8.
  27. Saijo H, Sugiyama M, Kanno Y, Ohkubo K, Hoshi K, Takato T. A 2-Stage Reconstruction of The Jaw Using Vascularized Bone and Secondary Alveolar Ridge augmentation with Particulate Cancellous Bone and Marrow.Implant Dentistry.  2016 Apr;25(2):302-6.
  28. Sato T, Suenaga H, Sugiyama M, Hoshi K, Takato T. Rare case report of huge Inflammatory Pseudotumor of the Mandible. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. (in press)
  29. Suenaga H, Taniguchi A, Yonenaga K, Hoshi K, Takato T. Computer-assisted preoperative simulation for positioning of plate fixation in Lefort I osteotomy: A case report. J Formos Med Assoc. (in press)
原著和文(症例報告含む)
  1. 朝日藤寿一, 幸地省子, 須佐美隆史, 丹原惇, 齋藤 功:アンケートを用いた顎裂部骨移植に関する多施設共同研究 日本口蓋裂学会雑誌40, 2015, 219-225
  2. 杉山円, 森良之, 末永英之, 西條英人,小笠原徹, 星和人:非ホジキンリンパ腫の完全寛解後に口蓋粘表皮癌を発症した異時性重複癌の1例 日本口腔外科学会雑誌 61巻4号, 2015, 222-226
  3. 星和人,安部貴大,庄島正明,阿部雅修,西條英人,煬ヒ毅:経静脈的コイル塞栓術を施行後に全摘出した下顎骨動静脈奇形の1例,日本口腔外科学会雑誌61巻5号,2015, 293-297
  4. 米永一理, 善積威, 冨浦一行, 加藤樹哉, 嶋川久美子, 及川春江, 黒田雅仁, 丹野弘晃:地域の医療資源を有効活用した口腔ケア, 日本クリニカルバス学会誌 第17巻 第3号, 2015, 350-353
<総説・その他>
総説・単行本
  1. Itai S, Yonenaga K, Uchiyama T, Suenaga H, Abe M, Saijo H, Hoshi K, Takato T.  Management oral care of a case of bullous pemphigoid with oral hemorrhage and oral dyskinesia. Oral Science in Japan 2015 (in press)
  2. Sugiyama M, Suenaga H, Yonenaga K, Saijo H, Hoshi K, Takato T. Application of tie-over dressing technique for controlling fluid accumulation in the dead space after neck surgery. Oral Science in Japan 2015 (in press)
  3. 煬ヒ毅:特別企画 産学連携で実現する先端医療「東京大学が目指す22世紀医療」.事業構想大学院大学 2015年3月号 72-75
  4. 梶博史,倉林正彦,星和人:血管・骨の再生医学(座談会),O.li.v.e.5巻2号,2015年5月, 74-81
  5. 米永一理:地域在宅医療における開業歯科医の役割 歯界展望6月号 Vol.125 No.6 2015-6 2015年, 1148-58,
  6. 米永一理:訪問歯科はシームレス診療:訪問歯科での歯科衛生士に対する医科からの期待. 歯科衛生士7月号 Vol.39 2015年, 87-8
  7. 星和人:【顕微学的アプローチによる骨の細胞機能の解明】軟骨の再生医療, Clinical Calcium. 25巻10号,2015年9月,1499-1504
  8. 菅家康介, 鄭雄一, 大庭伸介: 【骨・軟骨の再生】人工骨による骨再生, 腎と骨代謝, 28巻, 4号, 2015年10月, 285-291
  9. 星和人:【骨・軟骨の再生】再生軟骨移植による鼻・耳変形の治療,腎と骨代謝28巻4号,2015年10月. 317-322
  10. 安部貴大,須佐美隆史:知っておきたいこと ア・ラ・カ・ルト 顎関節症.Medical Practice M.P. 32巻9号,1552-1554
  11. 西條英人:ネオボーン®を移植材料としたサイナスリフト.バイオインテグレーション学会誌 Vol 5, No.1, 2015年, 27-32
  12. 須佐美隆史:国際委員会報告.第8回アジア太平洋口唇口蓋裂・頭蓋顔面会議に参加して.日本口蓋裂学会雑誌 40, 2015年, 253-254
  13. 煬ヒ毅,藤原夕子,星和人:歯槽骨・顎骨および軟骨の再生.日本口腔外科学会雑誌 Vol.61, No.5, 2015年, 293-297
  14. 煬ヒ毅,藤原夕子,菅野勇樹,西條英人,星和人:【3Dプリンタと医療】カスタムメイド型人工骨の開発と顎顔面領域への臨床応用. 人工臓器 Vol.41, No.1, 2015年, 41-44
  15. 煬ヒ毅, 藤原夕子,浅輪幸世,菅野勇樹,西條英人,疋田温彦,鄭雄一,星和人:―患者まで届いている再生医療― 骨・軟骨再生医療を用いた顎顔面再建.再生医療 Vol.14, No.3, 2015年, 262-267
  16. 煬ヒ毅, 藤原夕子, 星和人:骨再生医療による顎顔面形態の再建. 顎顔面補綴 Vol.38, No.1, 2015年, 3-6
  17. 煬ヒ毅,藤原夕子,星和人:【再生医療-新たな医療を求めて-】 再生医療の臨床研究・治験 口唇口蓋裂鼻変形に対するインプラント型再生軟骨の開発. 日本臨牀 Vol.73, No.増刊5, 2015年, 479-483
  18. 藤原百合,鈴木恵子,齋藤功,須佐美隆史,朝日藤寿一,槇宏太郎,吉村陽子,鈴木茂彦,小野和宏,後藤昌昭:口蓋裂言語評価セミナー 日本口蓋裂学会Japancleft委員会活動報告−. 日本口蓋裂学会雑誌 40, 2015年, 248-252
  19. 山脇孝徳, 大竹尚之:U眼瞼・眼裂 2下眼瞼(内反、外反)→【しわとり, baggy eye】. 形成外科 第58巻 増刊号, 2015年, s21-s28
特許
  1. 王君臣, 末永英之, 佐久間一郎, 小林英津子, 星和人: 発明の名称「手術ナビゲーションシステムにおける単眼カメラを用いたマーカーフリー画像レジストレーション方法」 (特許出願番号2015-196791)
<学会発表>
国内学会
  1. 矢野文子, 斎藤琢:変形性関節症の新規治療候補薬の作用解析. 東大病院先端医療開発フォーラム 2015年1月22日 東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール, 東京
  2. 菅家康介, 斎藤琢, 煬ヒ毅, 鄭雄一, 大庭伸介: 低分子化合物4種と無血清培地を用いた多能性幹細胞からの骨芽細胞分化誘導法の開発. 第14回日本再生医療学会総会 2015年3月20日 パシフィコ横浜, 神奈川
  3. 谷口明紗子,安部貴大,森良之,杉山円,波田野典子,西條英人:舌痛を介してHIVおよび梅毒感染症と診断された1例. 第24回日本有病者歯科医療学会・学術大会 2015年3月20日-22日 旭川市大雪クリスタルホール, 北海道
  4. 藤居泰行,杉山円,谷口明紗子,西條英人:抜歯後の止血処置に苦慮したアラジール症候群の1例. 第24回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2015年3月20-22日旭川大雪クリスタルホール, 北海道
  5. 西條英人:上顎洞底粘膜挙上に人工HA顆粒を用いた、再結晶HAインプラントの臨床経験.第5回日本先進インプラント医療学会信州支部会 2015年4月26日 伊那中央病院, 長野
  6. 西條英人, 杉山円, 菅野勇樹, 末永英之, 大久保和美, 井口隆人, 岡安麻里, 内野夏子, 上床喜和子, 高橋直子, 松林幸枝, 星和人, 須佐美隆史, 煬ヒ毅:フィブリン糊とポリグリコール酸シートを用いた口唇口蓋裂患者に対する口腔前庭形成術.第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2015年5月21-22日 シェーンバッハ・サボー(砂防会館), 東京
  7. 真野樹子, 朝日藤寿一, 石渡靖夫, 岩田敏男, 坂本輝雄, 森下格, 山元有理, 須田直人, 須佐美隆史, 齋藤功:片側性唇顎口蓋裂における矯正歯科治療後の咬合に関する多施設アンケート調査.第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2015年5月21-22日 シェーンバッハ・サボー(砂防会館), 東京
  8. 平野友紀子, 煖エ路子, 松林幸枝, 上床喜和子, 岡安麻里, 内野夏子, 井口隆人, 杉山円, 菅野勇樹, 大久保和美, 西條英人, 星和人, 森良之, 須佐美隆史, 煬ヒ毅:口唇裂・口蓋裂患者の顎矯正手術に伴う構音と開鼻声の変化. 第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2015年5月21-22日 シェーンバッハ・サボー(砂防会館), 東京
  9. 松林幸枝, 須佐美隆史, 大久保和美, 井口隆人, 岡安麻里, 内野夏子, 上床喜和子, 高橋直子, 安部貴大, 阿部雅修, 濱田良樹, 中岡一敏, 森良之, 煬ヒ毅: 顎関節強直症による小下顎症の1例A case of micrognathia with temporomandibular joint ankyloses, 第25回日本顎変形症学会, 2015年6月4〜5日, ベルサール神田, 東京
  10. 河田学, 谷口優樹, 岡田慶太, 張成虎, 矢野文子, 田中栄, 齋藤琢:p63 transcript variantsによる四肢発生の多様な制御機構 第33回日本骨代謝学会学術集会, 2015年7月23-25日, 京王プラザホテル, 東京
  11. 中塚敏弘,柳時悦,西條英人:簡便に1ピースインプラントで歯肉を審美的に仕上げる方法.International Congress of Oral Implantologists日本支部大会 2015年8月1日 福岡国際会議場,福岡
  12. 板井俊介, 米永一理, 内山貴夫, 末永英之, 阿部雅修, 西條英人, 星和人, 高戸毅:口腔内出血を来した口ジスキネジアを有する類天疱瘡患者へのマネジメント口腔ケアの一例. 第49回NPO法人日本口腔科学会関東地方部会 2015年9月5日 順天堂大学 有山登記念館 3階講堂, 東京
  13. 矢野文子:Runx1による軟骨分化制御機構. 第16回運動器科学研究会 2015年9月11-12日 みなみホール, 鹿児島
  14. 丸山慶四郎,中塚敏弘,西條英人:片側遊離端欠損症例に対して、HA系インプラントで咬合機能の回復を獲得した1例.第18回日本先進インプラント医療学会学術大会・総会 2015年9月13日 一ツ橋記念講堂,東京
  15. 中塚敏弘,西條英人:1ピースHA系インプラントの歯肉形態をより簡便に仕上げる方法.−TN-capの臼歯部への応用− 第18回日本先進インプラント医療学会学術大会・総会 2015年9月13日 一ツ橋記念講堂,東京
  16. 林厚志,中塚敏弘,西條英人:HA被覆部より歯冠側に骨造成が確認され長期に安定しているHA系1ピースインプラントの1例.第18回日本先進インプラント医療学会学術大会・総会 2015年9月13日 一ツ橋記念講堂,東京
  17. 稲木涼子, 谷口明紗子, 杉山円, 西條英人, 庄島正明, 星和人, 煬ヒ毅:歯肉からの出血を繰り返す下顎骨動静脈奇形に対して局所的硬化療法が有効であった1例. 第60回日本口腔外科学会総会 2015年10月16−18日 名古屋国際会議場, 愛知
  18. 米永一理,藤内祝,光藤健司,森良之,西條英人,岩井俊憲,米原啓之,太田嘉英,煬ヒ毅:浅側頭動脈アプローチによる超選択的動注法のための外頸動脈とその分枝の解剖学的検討.第60回日本口腔外科学会総会 2015年10月16−18日 名古屋国際会議場, 愛知
  19. 茂木立香,阿部雅修,安部貴大,紙本裕幸,波田野典子,西條英人,星和人,煬ヒ毅:健常者の抜歯後に生じた頸部壊死性筋膜炎の1例. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16−18日, 名古屋国際会議場, 愛知
  20. 井村英人,夏目長門,新美照幸,西條英人,笹栗正明,三古谷 忠,松田光悦,近津大地,柳澤繁孝.:発展途上国における舌良性腫瘍により摂食障害を生じた1例.第60回日本口腔外科学会総会 2015年10月16−18日 名古屋国際会議場, 愛知
  21. 兼古晃輔, 市ノ川義美, 須佐美隆史, 花上伸明, 篠塚啓二, 三田拓也, 小原研心, 松本英恵, 飯高生子:大きな骨移動を要した上顎後退症の 1 例.第60回日本口腔外科学会総会 2015年10月16−18日 名古屋国際会議場, 愛知
  22. 須佐美隆史,菅原康志,小室裕造,井口隆人,岡安麻里, 高橋直子,大久保和美, 煬ヒ毅:矯正歯科治療を行わず中顔面前方移動を行った症候群性頭蓋骨縫合早期癒合症3症例の術後矯正歯科治療経過,第33回日本頭蓋顎顔面外科学会,2015年11月12-13日,宝塚ホテル,兵庫
  23. 大久保和美, 須佐美隆史, 井口隆人, 内野夏子, 岡安麻里, 上床喜和子, 高橋直子,松林幸枝, 菅野勇樹, 西條英人, 森良之, 煬ヒ毅:両側性口唇口蓋裂における上顎歯列弓形態の改善−著しい後方開大に対する急速縮小術の適用,第74回日本矯正歯科学会, 2015年11月18日−20日,福岡国際会議場 マリンメッセ福岡,福岡
  24. 井口隆人, 須佐美隆史, 大久保和美 , 岡安麻里, 内野夏子, 上床喜和子, 高橋直子,松林幸枝,西條英人, 森良之, 煬ヒ毅:顎矯正手術直後に予定外の咬合を生じる原因-早期プレート除去を行った症例を通じて-,第74回日本矯正歯科学会, 2015年11月18日−20日,福岡国際会議場 マリンメッセ福岡,福岡
  25. 谷口明紗子,杉山円,西條英人,稲木涼子,星和人,煬ヒ毅:成人Still病患者における抜歯経験 第200回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2015年12月19日 東京大学鉄門記念講堂, 東京
  26. 横川美咲, 米永一理, 五十嵐正樹, 末永英之, 阿部雅修, 菅家康介, 西條英人, 星和人, 煬ヒ 毅:播種性血管内凝固症候群と口腔・顔面壊疽を来した1例. 第200回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2015年12月19日 東京大学鉄門記念講堂, 東京
国際学会
  1. Chang S, Kobayashi H, Okada K, Okuma T, Mori Y, Kawata M, Yano F, Kawaguchi H, Chung U, Tanaka S, Saito T: Gremlin1 induced by excessive mechanical stress loading enhances cartilage degradation. 2015 OARSI World Congress. April 30- May3, 2015, Seattle, Washington, USA, Washington State Convention Center
  2. Hoshi K. Macrophage induced fas ligand in Immuno-priileged cartilage tissue engineering ICRS World Congress Chicago, USA, May 10, 2015, Chicago, USA, Sheraton Chicago Hotels & Towers
  3. Kawata M, Taniguchi Y, Mori D, Yano F, Okada K, Chang SH, Soma K, Makii Y, Xuan F, Tanaka S, Saito T: Different regulation of limb development by p63 transcript variants. 第48回日本発生生物学会大会(APDBN共催), June 2-5, 2015, Tsukuba, Japan, Tsukuba International Congress Center
  4. Hara K, Suenaga H, Masamune K. Error analysis of the surgical robot for oral and maxillofacial surgery. Joint Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment (MIPE2015), June 14-17, 2015, Kobe, Japan, Kobe International Conference Center
  5. Susami T, Takahashi N, Ohkubo K, Inokuchi T, Okayasu M, Uchino N, Uwatoko K, Matsubayashi Y, Saijo H, Takato T. Treatment for patients with hemifacial microsomia in the University of Tokyo Hospital. 10th European Craniofacial Congress, June 24-27, 2015, Gothenburg, Sweden, Congress Centre.
  6. Asahito T, Kouch S, Susami T, Nihara J, Saito I. A Questionnaire Survey of Alveolar Bone Grafting in Patients with UCLP. 10th European Craniofacial Congress, June 24-27, 2015, Gothenburg, Sweden, Congress Centre.
  7. Wang J, Suenaga H, Yang L, Kobayashi E, Sakuma I. Marker-Less 3D Image Registration Using a Single Camera for Oral and Maxillofacial Surgery Navigation. 11th Anniversary Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS2015), July 9-11, 2015, Singapore, National University of Singapore
  8. Fujihara Y, Hikita A, Saijo H, Kanno Y, Takato T, Hoshi K. Basic and clinical research on custom-made artificial bone and tissue-engineered cartilage in oral and maxillofacial region. 2015 4th TERMIS World Congress, September 8-11, 2015, Boston, MA, USA, Boston Marriott Copley Place
  9. Fujihara Y, Takato T, Hoshi K. T2 and ADC of MRI Reflect Maturation of Tissue-engineered Cartilage Subcutaneously Transplanted in Rats. 2015 4th TERMIS World Congress, September 8-11, 2015, Boston, MA, USA, Boston Marriott Copley Place
  10. Susami T, Takahashi N, Ohkubo K, Inokuchi T, Okayasu M, Uchino N, Uwatoko K, Matsubayashi Y, Saijo H, Takato T. Treatment for patients with hemifacial microsomia in the University of Tokyo Hospital. The 16th Congress of the International Society of Craniofacial Surgery. Sep14-18, 2015, Urayasu, Japan.
  11. Susami T, Mori Y, Ohkubo K, Inokuchi T, Okayasu M, Uchino N, Takahashi-Ichikawa N, Uwatoko K, Matsubayashi Y, Takahashi M, Hirano Y, Sugiyama M, Kanno Y, Suenaga H, Saijo H, Takato T. Two-stage maxillo-mandibular osteotomy with maxillary distraction  to reduce the burden on patients with cleft lip and palate. International Orthodontic Congress, September 27–30 2015, London's ExCel Convention Centre.
  12. Wang J, Suenaga H, Yang L, Liao H, Ando T, Kobayashi E, Sakuma I. 3D Surgical Overlay With Markerless Image Registration Using a Single Camera. 10th International MICCAI Workshop on Augmented Environments for Computer-Assisted interventions (AAE-CAI 2015), Munich, Germany on Friday, October 9th, 2015. Philharmonie/Gasteig
  13. Yano F, Ohba S, Saito T, Tanaka S, Takato T, Chung UI. A novel disease-modifying osteoarthritis drug candidate targeting Runx1. LMU-Utokyo Symposium 2015. October 27-31, 2015, Munich, Germany, Innnovation Center for Biotechnology
  14. Yamawaki T, Hikita A, Hoshi K, Takato T :Establishment of three dimensional tissue-engineered cartilage for correction of cleft lip nasal deformity. LMU-Utokyo Symposium 2015, October 28-29, 2015, Munich, Germany, Ludwig-Maximilians University München
<シンポジウム・講演>
  1. 煬ヒ毅:再生医療が拓く新しい医療.第2回瀬戸内イメージングフォーラム 2015年2月4日 愛媛大学医学部 創立40周年記念講堂,愛媛
  2. 米永一理:歯科関連の漢方.上十三歯科医師会 2015年3月16日 十和田市民交流プラザ,青森
  3. 米永一理:高齢者の急変時対応法.上十三歯科医師会 2015年3月16日 十和田市民交流プラザ,青森
  4. 星和人:iPS細胞を用いた耳介軟骨再生,第14回日本再生医療学会総会,2015年3月20日,パシフィコ横浜,横浜
  5. 星和人:ティッシュエンジニアリング型再生軟骨の臨床導入と産業化について(ランチョンセミナー),第14回日本再生医療学会総会,2015年3月21日,パシフィコ横浜,横浜
  6. 西條英人:上顎洞底粘膜挙上後、何を使いますか?(シンポジウム).第5回バイオインテグレーション学会学術大会・総会 2015年3月29日 国際医療福祉大学青山キャンパス,東京
  7. 煬ヒ毅:3Dプリンターによる外科用インプラントの創生.第11回生体再生技術研究会 2015年4月10日 東京大学医学部附属病院 入院棟A15階 大会議室,東京
  8. 西條英人:インプラント医療について考慮すべき再生医療の最新情報について(教育講演).第5回日本先進インプラント医療学会信州支部会 2015年4月25日 伊那中央病院,長野
  9. 西條英人:インプラント治療の基礎知識と術後メインテナンス(コデンタルスタッフセミナー).第5回日本先進インプラント医療学会信州支部会 2015年4月26日 伊那中央病院,長野
  10. 煬ヒ毅:日本口腔科学会が目指すべき再生医療とは.NPO法人日本口腔科学会教育研修会 2015年5月13日 大阪国際会議場12階 国際会議室,大阪
  11. 星和人:鼻咽喉閉鎖機能不全ファイバー所見,第19回口蓋裂公開勉強会,2015年5月14日,大阪国際会議場,大阪
  12. 星和人:口唇口蓋裂の鼻変形に用いるインプラント型再生軟骨の研究開発と臨床応用(指名報告),第69回NPO法人日本口腔科学会学術集会,2015年5月15日,大阪国際会議場,大阪
  13. 煬ヒ毅:3Dプリンターによる外科用インプラントの創生.第90回日本医療機器学会大会 2015年5月29日 パシフィコ横浜,神奈川
  14. 煬ヒ毅:再生医療が拓く未来の医療.第103回日本美容外科学会 2015年6月7日 東京ビッグサイト, 東京
  15. 星和人:骨・軟骨再生医療現状と展望,第7回日本創傷外科学会総会・学術集会,2015年7月24日,東京ドームホテル,東京
  16. 米永一理:高齢者の在宅歯科医療(とくに補綴治療)における、医師、看護師、介護福祉士等との多職種連携の留意点について 『在宅医療における歯科医療の考え方』.平成27年度日本補綴学会九州支部学術大会 生涯学習公開セミナー 2015年8月23日 九州歯科大学, 福岡
  17. Hoshi K.:Recent trends of cartilage regenerative medicine and its application to the oral and maxillofacial surgery,日露修好160年記念 日露医学歯学フォーラム,2015年9月1日,Sechenov First MSMU Simulation Center,Moscow,Russia
  18. 煬ヒ毅:インプラント医療について考慮すべき再生医療の最新情報について.第18回日本先進インプラント医療学会学術大会・総会 2015年9月13日 一ツ橋記念講堂,東京
  19. 米永一理:術前・術後・急性期の西洋医学的歯科漢方薬の使い方.第60回日本口腔外科学会総会 2015年10月16日 ミニレクチャー 名古屋国際会議場,愛知
  20. 煬ヒ毅:再生医療の新たな展開とインプラント医療における再生医療施行の注意について. 口腔医科学会 第19回学術講演会 2015年10月18日 東京大学医学部教育研究棟 鉄門記念講堂, 東京
  21. 煬ヒ毅:再生医療実施について考慮すべき制度上の最新情報について.22世紀医療センターセミナー 2015年10月22日 東京大学医学部附属病院 中央診療棟7階会議室,東京
  22. 星和人:足場素材を用いた軟骨再生医療の新展開,第30回日本整形外科学会基礎学術集会,2015年10月22日,富山市民プラザ,富山
  23. 藤原夕子:歯科分野における再生医療. ニューセラミックス懇話会第219回研究会  バイオ関連セラミックス分科会第49回研究会. 2015年10月23日 株式会社島津製作所 関西支社 マルチホール, 大阪
  24. 西條英人:歯科医療最前線〜顎顔面領域における再生医療の現状と将来展望〜.新潟県歯科医師会空穂の会学術講演 2015年10月24日 新潟県歯科医師会館, 新潟
  25. 煬ヒ毅:インプラント医療について考慮すべき再生医療の最新情報について.2015年度 第2回 再生医療血液臨床応用国際特別講習会 2015年11月1日 東京大学医学部教育研究棟 鉄門記念講堂, 東京
  26. 星和人:生分解性ポリマー足場素材を用いた軟骨再生医療の臨床展開,第43回日本関節病学会,2015年11月6日,札幌コンベンションセンター,北海道
  27. 星和人:再生医療に臨床応用されているバイオマテリアル,第37回日本バイオマテリアル学会,2015年11月10日,京都テルサ,京都
  28. 米永一理:歯科医療に対する医科からの期待〜終末期医療の考え方.キャリアデザイン講演会 2015年11月11日 鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 鹿児島
  29. 米永一理:夢を実現させる考え方.キャリアデザイン講演会 2015年11月11日 鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 鹿児島
  30. Yonenaga K,Yokoyama Y,Shibahara Y,Nakamura Y,Metoki T,Ueno N,Tanno H,Tomiura K:Effective prevention of postoperative recurrence of granulocyte colony-stimulating factor-producing fallopian tube carcinoma by concurrent chemoradiotherapy. 平成27年度青森県自治体病院・診療所協議会顕彰論文受賞講演 2015年11月18日 ホテル青森, 青森
  31. 煬ヒ毅,藤原夕子,金澤三四朗,菅野勇樹,鄭雄一,星和人:3Dプリンターによる外科用インプラントの創生.第53回日本人工臓器学会大会 2015年11月20日 東京ドームホテル, 東京
  32. 矢野文子: 軟骨再生を誘導する変形関節症治療候補薬のin vivoモデルにおける効果〜そのメカニズムの解析とターゲット分子の探索〜 第18回骨代謝研究会2015月11月30日 慶応義塾大学医学部総合医科学研究棟, 東京
  33. 星和人:足場素材を用いた骨・軟骨再生医療の新展開,第10回しまなみ骨・関節フォーラム,2015年12月10日,愛媛大学医学部創立40周年記念講堂,愛媛
  34. 煬ヒ毅:再生医療が拓く新しい医療.第101回日本消化器内視鏡学会関東地方会 2015年12月12日 シェーンバッハ・サボー, 東京
  35. 煬ヒ毅:再生医療の普及に向けて.第200回日本口腔外科学会関東学術集会 2015年12月19日 東京大学医学部教育研究棟 鉄門記念講堂, 東京
  36. Susami T, Ohkubo K, Uchino N. Tooth alignment after Orthodontic Treatment in Patients with Cleft lip and Palate and Need for Orthognathic Surgeries (Lecture). 8th Asian Pacific Cleft Lip & Palate/Craniofacial Congress. April 24, 2015, Penang, Malaysia.
  37. Susami T, Mori Y, Takato T. Surgical-Orthodontic Treatment for Cleft Patients using the Two-stage Maxillary Distraction-Mandibular Setback Osteotomies. (Lecture). 8th Asian Pacific Cleft Lip & Palate/Craniofacial Congress. April 25, 2015, Penang, Malaysia
  38. Susami T, Inokuchi T, Okayasu M. Maxillary Protraction in Patients with Cleft Lip and Palate. (Lecture). 8th Asian Pacific Cleft Lip & Palate/Craniofacial Congress. April 25, 2015, Penang, Malaysia.
  39. Takato T, Fujihara Y, Hikita A, Suzuki S, Ung-il Chung, Hoshi K:Development of Surgical Implant Using 3D Printer and Clinical Application. Lithuania –Japan Joint Life Science Symposium, October 7, 2015,Tokyo, Japan
  40. Takato T, Hikita A, Yamawaki T, Fujihara Y, Hoshi K Ung-il Chung:Clinical Application of Bone and Cartilage Regenerative Medicine in Oral and Maxillofacial Region. LMU-Utokyo Symposium, October 29th, 2015,Munich, Germany
  41. Susami T, Saito I, Asahito T. History of the Intercenter Collaborative Study to Improve Cleft Care in Japan (Japancleft) (Skype lecture). IV Simpósio Internacional de Fissuras Orofaciais e Anomalias Relacionadas. November 7, 2015 , Bauru, Brazil
<受賞>
  1. 米永一理:上十三歯科医師会特別功労賞 2015年3月12日
  2. 米永一理:青森県自治体病院・診療所協議会顕彰 2015年11月18日