サイトマップ
住所・お問い合わせ
東京大学医学部附属病院
口腔顎顔面外科・矯正歯科
〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
TEL 03(3815)5411
内線33714
FAX 03(5800)6832
なお、医療関係のご質問は一切お受けできませんので、あらかじめご了承下さい。
受診希望の方は、予約センター
TEL 03(5800)8630
までお願い致します。

業績

教室の業績

過去の業績

当教室の業績です。

2013年

<著書・共著>
  1. 安部貴大, 高戸毅:診断力てすと 頬部の痛みと腫れ(解説) DENTAL DIAMOND 38巻15号, 131-132 湯山幸寿, デンタルダイヤモンド社, 東京, 2013
  2. 大久保和美:保定 口腔科学, 582-585 戸塚靖則 煬ヒ毅 監修, 朝倉書店, 東京, 2013
  3. 小笠原徹:鎖骨頭蓋異形成症 口腔科学, 660-661 戸塚靖則 高戸毅 監修, 朝倉書店, 東京, 2013
  4. 小笠原徹:論文・学会発表の方法 口腔科学, 1032-1035 戸塚靖則 高戸毅 監修, 朝倉書店, 東京, 2013
  5. 須佐美隆史:口腔・顎・顔面の先天異常 口腔科学, 214-220 戸塚靖則 高戸毅 監修, 朝倉書店, 東京, 2013
  6. 須佐美隆史:口唇口蓋裂−歯科矯正治療 口腔科学, 646-648 戸塚靖則 高戸毅 監修, 朝倉書店, 東京, 2013
  7. 須佐美隆史:鰓弓由来の症候群 口腔科学, 655-657 戸塚靖則 高戸毅 監修, 朝倉書店, 東京, 2013
  8. 煖エ路子:口唇口蓋裂(6)言語管理,口腔科学,644‐645,戸塚靖則 煬ヒ毅 監修,朝倉書店,東京,2013
  9. 煖エ路子:言語障害とその治療,口腔科学,915‐920,戸塚靖則 煬ヒ毅 監修,朝倉書店,東京,2013
  10. 平野友紀子:口腔と言語,口腔科学,161‐165,戸塚靖則 煬ヒ毅 監修,朝倉書店,東京,2013
  11. 瀬戸一郎, 西條英人, 高戸毅: Chapter 2 外傷 顎骨骨折 p. 78 薬 12/13 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本, 朝波惣一郎 王宝禮 矢郷香 編集, クインテッセンス出版, 東京, 2013
  12. 瀬戸一郎, 下郷和雄 訳 Ralf J.Radlanski, Karl H.Wesker: FACE フェイス (Das Gesicht Bildatlas klinische Anatomie), クインテッセンス出版, 2013
  13. 高戸毅:今日の臨床サポート.永井良三, 福井次矢, 木村健二郎, 上村直実, 桑島巌, 今井靖, 嶋田元 編集, エルゼビア・ジャパン, 2013(ウェブサイト:http://clinicalsup.jp/jpoc/
  14. 高戸毅, 須佐美隆史ほか編集:看護学大事典 第6版, メヂカルフレンド社, 東京, 2013.
  15. 藤原夕子, 星和人, 高戸毅:第1章 第5節 [5] 口腔外科で起こるトラブルと求められる足場材料 「体内埋め込み医療材料の開発とその理想的な性能・デザインの要件」68-71 佐藤章弘 編集, 技術情報協会, 東京, 2013
<原著>
原著英文(症例報告含む)
  1. Ogasawara T, Ohba S, Yano F, Kawaguchi H, Chung UI, Saito T, Yonehara Y, Nakatsuka T, Mori Y, Takato T, Hoshi K. Nanog promotes osteogenic differentiation of the mouse mesenchymal cell line C3H10T1/2 by modulating bone morphogenetic protein (BMP) signaling. J Cell Physiol. 2013 Jan;228(1):163-71.
  2.  
  3. Yano F, Saito T, Ogata N, Yamazawa T, Iino M, Chung UI, Kawaguchi H. Arthritis Rheum. 2013 Feb;65(2):429-35. β-catenin regulates parathyroid hormone/parathyroid hormone-related protein receptor signals and chondrocyte hypertrophy through binding to the intracellular C-terminal region of the receptor. Arthritis Rheum. 2013 Feb;65(2):429-35.
  4. Hojo H, Ohba S, Taniguchi K, Shirai M, Yano F, Saito T, Ikeda T, Nakajima K, Komiyama Y, Nakagata N, Suzuki K, Mishina Y, Yamada M, Konno T, Takato T, Kawaguchi H, Kambara H, Chung UI. Hedgehog-Gli activators direct osteo-chondrogenic function of bone morphogenetic protein toward osteogenesis in the perichondrium. J Biol Chem. 2013 Apr 5;288(14):9924-32.
  5. Komiyama Y, Ohba S, Shimohata N, Nakajima K, Hojo H, Yano F, Takato T, Docheva D, Shukunami C, Hiraki Y, Chung UI. Tenomodulin expression in the periodontal ligament enhances cellular adhesion. PLoS One. 2013 Apr 10;8(4):e60203.
  6. 5. Yano F, Hojo H, Ohba S, Fukai A, Hosaka Y, Ikeda T, Saito T, Hirata M, Chikuda H, Takato T, Kawaguchi H, Chung UI. A novel disease-modifying osteoarthritis drug candidate targeting Runx1.Ann Rheum Dis. 2013 May;72(5):748-53
  7. Suenaga H, Hoang Tran H, Liao H, Masamune K, Dohi T, Hoshi K, Mori Y, Takato T. Real-time in situ three-dimensional integral videography and surgical navigation using augmented reality: a pilot study. Int J Oral Sci. 2013 Jun;5(2):98-102.
  8. Yano F, Hojo H, Ohba S, Saito T, Honnami M, Mochizuki M, Takato T, Kawaguchi H, Chung UI. Cell-sheet technology combined with a thienoindazole derivative small compound TD-198946 for cartilage regeneration. Biomaterials. 2013 Jul;34(22):5581-7.
  9. 8. Maeda Y, Hojo H, Shimohata N, Choi S, Yamamoto K, Takato T, Chung UI, Ohba S. Bone healing by sterilizable calcium phosphate tetrapods eluting osteogenic molecules. Biomaterials. 2013 Jul;34(22):5530-7.
  10. Maeda Y, Suenaga H, Sugiyama M, Saijo H, Hoshi K, Mori Y, Takato T. Clinical presentation of epignathus teratoma with cleft palate; and duplication of cranial base, tongue, mandible, and pituitary gland. J Craniofac Surg. 2013 Jul;24(4):1486-91.
  11. Takahashi-Ichikawa N, Susami T, Nagahama K, Ohkubo K, Okayasu M, Uchino N, Uwatoko K, Saijo H, Mori Y, Takato T.Evaluation of mandibular hypoplasia in patients with hemifacial microsomia: a comparison between panoramic radiography and three-dimensional computed tomography.Cleft Palate Craniofac J.2013 Jul;50(4):381-7.
  12. 11. Kobayashi H, Terada D, Yokoyama Y, Moon DW, Yasuda Y, Koyama H, Takato T.Vascular-inducing poly(glycolic acid)-collagen nanocomposite-fiber scaffold. J Biomed Nanotechnol. 2013 Aug;9(8):1318-26.
  13. Saito T, Yano F, Mori D, Ohba S, Hojo H, Otsu M, Eto K, Nakauchi H, Tanaka S, Chung UI, Kawaguchi H. Generation of Col2a1-EGFP iPS cells for monitoring chondrogenic differentiation. PLoS One. 2013 Sep 16;8(9):e74137.
  14. 13. Susami T, Okayasu M, Inokuchi T, Ohkubo K, Uchino N, Uwatoko K,Takahashi-Ichikawa N, Nagahama K, Takato T. Maxillary Protraction in Patients With Cleft Lip and Palate in Mixed Dentition: Cephalometric Evaluation After Completion of Growth. Cleft Palate Craniofac J. 2013 Sep 6.
  15. Hong J, Zhang H, Kawase-Koga Y, Sun T. MicroRNA function is required forneurite outgrowth of mature neurons in the mouse postnatal cerebral cortex. Front Cell Neurosci. 2013 Sep 13;7:151.
  16. Wang J, Suenaga H, Yang L, Liao H, Kobayashi E, Takato T, Sakuma I. Real-time marker-free patient registration and image-based navigation using stereo vision for dental surgery. Lecture Notes in Computer Science. 2013 Sep;8090:9-18.
  17. Kadota Y, Inoue K, Uzuka K, Suenaga H, Morita T. Non-contact Operation of a Miniature Cycloid Motor by Magnetic Force. IEEE ASME Trans Mechatron. 2013 Oct;18(5):1563-71
  18. Matsuyama M, Fujihara Y, Inaki R, Nishizawa S, Nagata S, Takato T, Hoshi K. Evaluation of in vivo migration of chondrocytes from tissue-engineered cartilage that was subcutaneously transplanted in mouse model. Open J Regen Med. 2013 Oct; 2(4):93-8.
  19. 18. Kawase-Koga Y, Mori Y, Hoshi K, Takato T. A novel technique for preventing skin pressure sores using a rubber tube during surgical treatment of mandibular condyle fractures. J Craniofac Surg. 2013 Nov;24(6):e604-6.
  20. 19. Komatsu N, Kawase-Koga Y, Mori Y, Kamikubo Y, Mineo Kurokawa M, Takato T. Human immunodeficiency virus-associated Burkitt lymphoma in a Japanese patient with early submandibular swelling: a case report. BMC Res Notes. 2013 Dec;6:557.
  21. Mori Y, Hoshi K, Takato T, Takahashi M , Hirano Y, Kanno Y, Ohkubo K , Saijo H. Submucous cleft palate: variations in bony defects of the hard palate. Br J Oral Maxillofac Surg 2013 Dec;51(8):e220-3.
  22. Mori Y, Kanazawa S, Watanabe M, Suenaga H, Nagata S, Fujihara Y, Takato T, Hoshi K. Usefulness of agarose mold as a storage container for three-dimensional tissue-engineered cartilage. Mater Sci Appl. 2013;4(8):73-8.
  23. Mori Y, Watanabe M, Nakagawa S, Asawa Y, Nishizawa S, Saijo H, Nagata S, Fujihara Y, Takato T, Hoshi K. Hollow fiber module applied for effective proliferation and harvest of cultured chondrocytes. Mater Sci Appl. 2013;4(8):62-7.
  24. 23. Uto S, Nishizawa S, Takasawa Y, Asawa Y, Fujihara Y, Takato T, Hoshi K. Bone and cartilage repair by transplantation of induced pluripotent stem cells in murine joint defect model. Biomed Res. 2013; 34(6):281-8.
  25. Kawase-Koga Y, Mori Y, Saijo H, Hoshi K, Takato T. Reconstruction of a complex midface defect from excision of a squamous cell carcinoma, according to regional aesthetic units. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol.(in press)
  26. Fujihara Y, Takato T, Hoshi K. Macrophage-inducing fasl on chondrocytes forms immune privilege in cartilage tissue engineering, enhancing in vivo regeneration. Stem Cells. (in press)
  27. Wang J, Suenaga H, Hoshi K, Yang L, Kobayashi E, Sakuma I, Liao H. Augmented Reality Navigation With Automatic Marker-Free Image Registration Using 3D Image Overlay for Dental Surgery. IEEE Trans Biomed Eng. (in press) 
  28. Suenaga H, Unami M, Hoshi K, Mori Y, Takato T. Ectopic complex odontoma of the nasal cavity: A rare case. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. (in press)
  29. Suenaga H, Saijo H, Hoshi K, Mori Y, Takato T. Diclofenac sodium induced Stevens-Johnson Syndrome in a hospitalized patient during treatment of splenic injury and mandibular fracture. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. (in press)
  30.  
原著和文(症例報告含む)
  1. 加藤嘉之, 松負子, 須佐美隆史:成人期にいたるまで矯正歯科治療が行われなかった両側性唇顎口蓋裂症例, 東京矯正歯科学会雑誌 23巻1号 2013, 15-20
  2. 岸本奈月, ステガロユ・ロクサーナ, 柴田佐都子, 伊藤加代子, 大内章嗣:経口摂取が口腔内水分量と唾液および舌苔中の微生物量に与える影響―嚥下障害を併発するシェーグレン症候群患者に嚥下直接訓練を実施した一症例―. 日本歯科衛生学会雑誌Vol.8, No.1, 2013, 63-69
  3. 古賀陽子, 藤井克則, 西條英人, 平松信旭, 森良之, 高戸毅:PTCH1遺伝子のスプライシング変異を認めた母斑基底細胞癌症候群の1例, 日本口腔外科学会雑誌 59巻5号, 2013, 367-371
  4. 4. 須佐美隆史, 大久保和美, 井口隆人, 岡安麻里, 内野夏子, 上床喜和子, 高橋直子, 高戸毅:東大病院における口唇裂・口蓋裂患者に対する矯正歯科治療,日本口蓋裂学会雑誌38巻1号 2013, 54-61
  5. 仲宗根愛子, 須佐美隆史, 内野夏子, 井口隆人, 岡安麻里, 上床喜和子, 高橋直子, 大久保和美, 森良之, 高戸毅:矯正歯科治療開始前の口蓋裂患者の顎顔面形態,日本口蓋裂学会雑誌38巻1号, 2013, 113-119
<総説・その他>
総説英文
  1. Hoshi K, Fujihara Y, Asawa Y, Nishizawa S, Kanazawa S, Sakamoto T, Watanabe M, Ogasawara T, H S, Mori Y, Takato T: Recent trends of cartilage regenerative medicine and its application to the oral and maxillofacial surgery. Oral Sci Int. 2013 Jan;10(1):15-9.
  2. Ogasawara T. Cell cycle control factors and skeletal development. Jpn Dent Sci Review 2013 May;49(2):79-87.
  3. Ogasawara T. Involvements of runt-related transcription factor 2 with cell-cycle machinery in osteoblasts and skeletal development: a review of the literature. Hard Tissue 2013 May;2(3):29.
  4. Asada K, Abe M, Ushijima T. The CpG island methylator phenotype in neuroblastomas and its clinical applications. J Hum Genet. 2013 Jul;58(7):428-33.
  5. Susami T, Uchino N, Ohkubo K, Inokuchi T, Okayasu M, Uwatoko K, Ogasawara T, Saijo H, Mori Y, Takato T. Tooth alignment at the alveolar cleft site after orthodontic treatment and the need of orthognathic surgeries. Transaction of the 12th International Congress on Cleft Lip/Plate and related Craniofacial Anomalies (DVD). American Cleft Palate-Craniofacial Association, Chapel Hill, NC, U.S.A., 2013.
  6. Hoshi K, Inaki R, Takato T. Soft tissue supporting biointegration. Journal of Bio-Integration (in press)
総説和文
  1. 菅家康介, 大庭伸介, 鄭雄一:骨・軟骨形成の分子基盤と再生医療, 細胞, 45巻, 1号, 2013年1月, 5-8
  2. 菅家康介, 鄭雄一, 大庭伸介: ヘッジホッグシグナルによる軟骨内骨化の制御, THE BONE, 27巻, 4号, 2013年11月, 385-391
  3. 西條英人,古賀陽子:唇顎口蓋裂における初期治療(総説)日本口腔外科学会雑誌,第59巻3号,2013, 148-158
  4. 須佐美隆史, 大久保和美, 井口隆人, 岡安麻里, 内野夏子, 上床喜和子, 高橋直子, 高戸 毅:東大病院における口唇裂・口蓋裂患者に対する矯正歯科治療, 日本口蓋裂学会雑誌38巻1号 2013,54-61
  5. 須佐美隆史:国際口蓋裂学会誘致活動報告:第2報, 日本口蓋裂学会雑誌38巻1号 2013, 300-301
  6. 森良之, 管野勇樹.:上下顎手術における骨延長術の役割. 日本口腔外科学会雑誌 59巻5号, 2013,219-225
  7. 高戸毅, 藤原夕子, 星和人, 小笠原徹, 西條英人, 安部貴大, 阿部雅修, 末永英之, 菅野勇樹, 杉山円, 森良之:顎顔面領域における骨・軟骨再生に関する基礎および臨床研究. 日本口腔科学会雑誌 第63巻(印刷中)
その他

  1. 小笠原徹, 高戸毅:顔のホネの仕組みと病気, O.li.v.e.−骨代謝と生活習慣病の連関− 第3巻2号,2013,58-59
  2. 古賀陽子, 監修:副作用特集「歯磨き, うがい, 歯科受診で口腔粘膜炎を予防しよう」,がんサポート, 2013,48-51
  3. 古賀陽子, 監修:がんになってもステキに暮らす良品研究 「口腔ケアで副作用の軽減をアイテムを選んで症状別に対応」, 2013, 55-57
  4. 波田野典子, 高戸毅:歯の「いま」は 能代山本の皆さんへP 睡眠時無呼吸症候群, 北羽新報, 2013年10月18日, 北羽新報社, 秋田県
<学会発表>
国内学会
  1. 安部貴大, 小笠原徹, 阿部雅修, 佐藤稔久, 西條英人, 星和人, 森良之, 高戸毅:iNOS発現阻害による炎症時NOおよびperoxynitriteの消去が骨芽細胞の増殖・分化に及ぼす影響 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  2. 阿部雅修, 森良之, 安部貴大, 西條英人, 煬ヒ毅: 口腔扁平上皮癌発生の初期においてDNAメチル化により不活化される遺伝子のゲノム網羅的探索. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  3. 稲木涼子, 藤原夕子, 三澤雅樹, 工藤明, 高戸毅, 星和人:再生軟骨組織の形態維持機構におけるペリオスチンの作用解明.  第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  4. 稲木涼子, 藤原夕子, 高戸毅, 星和人:軟骨再生過程で形成される膜様線維組織の機能解析.  第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  5. 5. 宇都さくら, 西澤悟, 高澤豊, 本木裕子, 星和人, 中内啓光, 高戸毅:近交系ミニブタiPS細胞移植による同系ミニブタ膝関節骨・軟骨複合欠損モデルの骨・軟骨再生. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  6. 宇都さくら, 西澤悟, 星和人, 平松信旭, 高澤豊, 高戸毅:マウスiPS細胞移植による同系マウス膝関節骨・軟骨複合欠損モデルの骨・軟骨再生. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  7. 小笠原徹,  斎藤忠仁, 大庭伸介, 米原啓之, 星和人, 高戸毅:Nanogの間葉系細胞骨分化能促進効果に関与する下流分子の網羅的探索. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  8. 菅野勇樹, 西條英人 , 鄭雄一, 瀬戸一郎, 大久保和美, 井口隆人, 森良之, 高戸毅:顎顔面領域におけるin situ Tissue Engineering型カスタムメイド人工骨移植後の応用. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  9. 倉林くみ子, 浅輪幸世, 宇波和美, 松川紗耶, 星和人, 高戸毅:軟骨細胞無血清増殖培地の開発と各種細胞への有用性の検討. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  10. 古賀陽子, Tao Sun, 森良之, 星和人, 高戸毅:中枢神経系幹細胞におけるDicerの役割 −プロテオミクスを用いての解析−. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  11. 古賀陽子, Tao Sun, 森良之, 星和人, 高戸毅:中枢神経系の発育家庭におけるDicerの生物学的機能解析 −ニューロン新生とグリア新生−. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  12. 末永英之, 星和人, 杉山円, 田澤健人 ,岡田恵美, 西條英人, 森良之, 高戸毅:皮下に移植された再生軟骨による体表形状変化の三次元的解析法の検討. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  13. 杉山円, 西條英人, 菅野勇樹,末永 英之, 森良之, 星和人, 高戸毅:再建顎に併用したチタンメッシュトレーと腸骨海綿骨移植によるin situ tissue engineeringの臨床経験 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  14. 14. 高瀬敦, 出射真奈, 宮本寛治, 吉川真弘, 高戸毅, 菱川慶一:腎臓再生を目指した3種類の腎臓由来iPS細胞の相違. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  15. 高橋嗣明, 金澤三四朗, 平野友紀子, 高橋路子, 稲木涼子, 小笠原徹, 高戸毅, 星和人:ヒト軟骨細胞の増殖培養法における液性因子の最適化.  第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  16. 西澤悟, 宇都さくら, 齋藤琢, 牛田多加志, 高戸毅, 星和人:純系移植が可能なクラウン系ミニブタ由来iPS細胞の特性評価. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  17. 波田野典子, 大庭伸介, 鄭雄一, 高戸毅:低分子化合物による歯槽骨再生療法の検討とラット歯周炎モデルの確立,  第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  18. 藤原夕子, 高戸毅, 星和人: 耳介軟骨細胞におけるG-CSFシグナルの検討と再生軟骨移植への応用. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  19. 藤原夕子, 高戸毅, 星和人: 再生軟骨移植におけるマクロファージサブクラスの検討. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  20. 前田祐二郎, 大庭伸介, 北條宏徳, 高戸 毅, 鄭 雄一: ヘッジホッグシグナル活性化剤とヘリオキサンチン誘導体を搭載した骨形成性薬剤徐放型人工骨の開発. 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  21. 松山真理子, 藤原夕子, 中塚貴志, 劉丹, 高倉哲子, 高戸毅, 星和人:3次元再生軟骨移植におけるp53の機能検討.  第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  22. 松山真理子, 藤原夕子, 岡安麻里, 高戸毅, 星和人:軟骨再生過程で形成される膜様線維組織の機能解析.  第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  23. 菅野勇樹, 西條英人, 古賀陽子, 杉山円, 波田野典子, 瀬戸一郎, 森良之, 高戸毅:循環器疾患のため, 周術期管理に苦慮したエナメル上皮腫の1例. 第22回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会, 2013年3月29-31日, 日本歯科大学生命歯学部, 東京
  24. 波田野典子, 杉山円, 菅野勇樹, 瀬戸一郎, 西條英人, 森良之, 高戸毅:化学療法実施中に出現した重度粘膜炎に対しシーネを用いた1例. 第22回日本有病者歯科医療学会総会, 2013年3月29−31日, 日本歯科大学生命歯学部, 東京
  25. 横瀬誉実, 宇塚和夫, 末永英之, 佐々木健, 森田剛:非接触型骨拡張デバイスの高性能化の検討. 第25回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム, 2013年5月15−17日, 箱根ホテル小涌園,神奈川
  26. 内保徹平, 宇塚和夫, 末永英之, 森田剛:水晶振動子の非線形弾性率を用いた非接触力センサ. 第25回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,2013年5月15−17日, 箱根ホテル小涌園,神奈川
  27. 阿部雅修, 森良之, 安部貴大, 末永英之, 古賀陽子, 瀬戸一郎, 西條英人, 星和人, 煬ヒ毅:口腔扁平上皮癌の発生過程においてサイレンシングされる遺伝子のゲノム網羅的探索, 第67回NPO法人日本口腔科学学術集会 2013年5月22−24日 栃木県総合文化センター, 栃木
  28. 稲木涼子, 藤原夕子, 星和人, 高戸毅:再生軟骨組織の形態維持機構の解明と細胞外基質ペリオスチンの働き. 第67回NPO法人日本口腔科学学術集会 2013年5月22日−24日 栃木県総合文化センター, 栃木
  29. 杉山円, 西條英人, 末永英之, 星和人, 森良之, 高戸毅:18トリソミーを合併した両側口唇口蓋裂症例に対する治療経験.  第67回NPO法人日本口腔科学学術集会 2013年5月22−24日 栃木県総合文化センター, 栃木
  30. 煬ヒ毅:骨・軟骨再生に関する基礎および臨床研究. 第67回NPO法人日本口腔科学学術集会 2013年5月22−24日 栃木県総合文化センター, 栃木
  31. 波田野典子, 大庭伸介, 鄭雄一, 高戸毅:ラット歯周炎モデルの確立と骨形成性低分子化合物による歯槽骨再生療法の検討, 第67回日本口腔科学会総会, 2013年5月22−24日, 栃木県総合文化センター, 栃木
  32. 菅家康介, 北條宏則, 鄭雄一, 大庭伸介: Defined conditionによる多能性幹細胞からの骨芽細胞誘導法の樹立.国際骨代謝学会・日本骨代謝学会 第2回合同国際会議, 2013年5月30日, 神戸コンベンションセンター, 兵庫
  33. 33. 井口隆人, 須佐美隆史, 大久保和美, 岡安麻里, 内野夏子, 上床喜和子, 高橋直子, 末永英之, 西條 英人, 森良之, 高戸毅:片側性唇顎口蓋裂における口蓋形態指数と口蓋容積の関連性 咬合と上下顎形成との関連を含めて. 第37回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2013年5月30−31日 佐賀市文化会館, 佐賀
  34. 岡安麻里, 須佐美隆史, 井口隆人, 大久保和美, 内野夏子, 高橋直子, 上床喜和子, 古賀陽子, 菅野勇樹, 杉山円, 西條英人, 森良之, 高戸毅:混合歯列前期における将来的な顎矯正手術の必要性の予測 両側性唇顎口蓋裂患者について. 第37回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2013年5月30−31日 佐賀市文化会館, 佐賀
  35. 菅野勇樹, 森良之, 西條英人, 杉山円, 大久保和美, 星和人, 高戸毅:両側唇裂鼻変形におけるUpturned Nasal Tip変形に対する肋軟骨移植を用いた修正術. 第37回日本口蓋裂学会総会・学術総会, 2013年5月30-31日, 佐賀市文化会館, 佐賀
  36. 西條英人, 森良之, 菅野勇樹, 高橋路子, 平野友紀子, 杉山円, 星和人, 須佐美隆史, 高戸毅:粘膜下口蓋裂の診断基準に関する検討第2報:骨欠損の多様性に関して, 第37回 日本口蓋裂学会総会・学術大会, 2013年5月30日, 佐賀市文化会館, 佐賀
  37. 澁川統代子, 三古谷忠, 片嶋弘貴, 天願俊泉, 須佐美隆史, 佐藤嘉晃, 松沢祐介, 伊藤裕美, 曾我部いづみ, 山本栄治, 新垣敬一, 砂川元, 鄭漢忠, 戸塚靖則:片側完全唇顎口蓋裂における咬合関係の評価−異なる治療プロトコールを行っている2施設間の比較−, 第37回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2013年5月31日, 佐賀市文化会館, 佐賀
  38. 細川瑠美子, 古賀陽子, 菅野勇樹, 瀬戸一郎, 西條英人, 森良之, 星和人, 高戸毅:多発性口内炎を初発症状とした腫瘍随伴性天疱瘡(paraneoplastic pemphigus;PNP)が疑われた1例. 第195回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2013年6月1日 千葉大学 西千葉キャンパス けやき会館,千葉
  39. 煬ヒ毅:あごの骨と軟骨の再生医療 歯科の明るい未来. 第29回医学生物学電子顕微鏡技術学会学術講演会 2013年6月7日−9日 神奈川歯科大学, 神奈川
  40. 煬ヒ毅:Application of bone and cartilage regenerative medicine in oral and maxillofacial areas. 平成25年度 第1回 GPLLI 全体会議 2013年6月15日 東京大学医学部教育研究棟14階 鉄門記念講堂, 東京
  41. 波田野典子, 山越典雅, 埜藤奈美, 大木明子, 高戸毅:軽量化した舌接触補助床を用いた舌亜全摘術後の1例. 第30回日本顎顔面補綴学会総会,2013年6月20−22日,郡山市民交流プラザ,福島
  42. 古賀陽子, 須佐美隆史, 菅野勇樹, 井口隆人, 岡安麻里, 高橋直子, 大久保和美, 安部貴大,瀬戸一郎, 西條英人, 森良之, 高戸毅:25 mmを超える上下顎不調和と下顎非対称を呈した片側性唇顎口蓋裂の1例. 第23回日本顎変形症学会会総会・学術大会 2013年6月22−23日 大阪国際会議場, 大阪
  43. 高瀬敦, 出射真奈, 山本芳子, 高戸毅, 菱川慶一:腎上皮細胞由来iPS細胞を用いた障害腎への再生医療の試み. 第13回日本抗加齢医学会総会,2013年6月28−30日 パシフィコ横浜,神奈川
  44. 菅家康介, 斎藤琢, 北條宏則, 鄭雄一, 大庭伸介:低分子化合物と無血清培地を用いた多能性幹細胞からの骨芽細胞分化誘導法の開発. 第14回運動器科学研究会, 2013年9月13-14日, 汐留コンファレンスセンター, 東京
  45. 岸本奈月, ステガロユ・ロクサーナ, 柴田佐都子, 上松弘幸, 伊藤加代子, 塚野英樹, 林宏和, 住谷美幸, 真柄仁, 辻村恭憲, 中村由紀, 谷口裕重, 堀一浩, 井上誠, 大内章嗣:経管栄養離脱による口腔内の水分量および微生物量の変化. 日本歯科衛生学会, 2013年9月14-16日, 神戸国際会議場, 兵庫
  46. 林田千代美, 伊東順太, 中谷地舞, 岡安麻里, 大山洋子, 羽毛田慈之, 佐藤卓也:骨細胞はinterferon-β (IFN-β) を産生し破骨細胞形成(OCG)を負に制御する 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会 2013年9月20−22日 岡山コンベンションセンター, 岡山
  47. 伊東順太, 中谷地舞, 林田千代美, 岡安麻里, 大山洋子, 佐藤卓也, 羽毛田慈之:レクチン様酸化LDL受容体-1(LOX-1)の破骨細胞形成と炎症性骨破壊に対する役割の解明. 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会 2013年9月20−22日 岡山コンベンションセンター, 岡山
  48. 煬ヒ毅:学融合が拓く未来の医療. 疾患生命工学センター発足10周年記念シンポジウム 2013年9月24日−25日 東京大学伊藤国際学術研究センター, 東京
  49. 阿部雅修, 山下聡, 森良之, 安部貴大, 西條英人, 牛島俊和, 煬ヒ毅:口腔扁平上皮癌おける新規メチル化サイレンシング遺伝子の同定. 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月,  パシフィコ横浜, 神奈川
  50. 飯田このみ, 杉山円, 小松紀子, 末永英之, 西條英人, 星和人, 森良之, 高戸毅:全身麻酔下で抜歯術を施行した遺伝性血管性浮腫(HAE)患者の1例. 第47回NPO法人日本口腔科学会関東地方部会 2013年9月28日 東京医科歯科大学歯学部附属病院 歯科棟南4階 歯学部特別講堂, 東京
  51. 内野夏子, 須佐美隆史, 井口隆人, 岡安麻里, 大久保和美, 上床喜和子, 高橋直子, 森良之, 高戸 毅:先天異常患者における疾患別平均側面頭部X線規格写真トレース像の作成.   第72回日本矯正歯科学会大会 2013年10月7−9日 キッセイ文化ホール, 長
  52. 上床喜和子, 須佐美隆史, 大久保和美, 井口隆人, 岡安麻里, 内野夏子, 高橋直子, 高戸毅:東大病院における口唇口蓋裂に対する矯正歯科治療の実態調査(第2報) II期治療について.   第72回日本矯正歯科学会大会 2013年10月7−9日 キッセイ文化ホール, 長野
  53. 中谷地舞, 伊東順太, 岡安麻里, 須田直人, 羽毛田慈之:レクチン様酸化LDL受容体-1(LOX-1)の破骨細胞形成および炎症性骨吸収に果たす役割の解明. 第72回日本矯正歯科学会大会 2013年10月7−9日 キッセイ文化ホール, 長野
  54. 菅野勇樹, 西條英人 , 鄭雄一,  森良之, 高戸毅:in situ Tissue Engineering型カスタムメイド人工骨の骨癒合状態のCTによる評価. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013年10月11−13日, 福岡国際会議場, 福岡
  55. 煬ヒ毅:チタンメッシュトレーを用いた顎骨再建. 第58回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013年10月11日 福岡国際会議場, 福岡
  56. 煬ヒ毅:再生医療の現状と展望. 日本総合医療健康医療学会, 2013年10月14日 東京大学 山上会館, 東京
  57. 須佐美隆史, 大久保和美, 井口隆人, 岡安麻里, 西條英人, 森良之, 高戸毅:東大病院におけるTreacher Collins 症候群患者に対する矯正歯科治療の実態と現在の基本的治療方針, 第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2013年10月25日,  ウエスティンナゴヤキャッスル, 名古屋
  58. 内保徹平, 宇塚和夫, 末永英之, 森田剛:水晶振動子を用いた非接触検出型力センサ.第34回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 2013年11月20日, 同志社大学,京都
  59. 藤居泰行, 古賀陽子, 菅野勇樹, 瀬戸一郎, 西條英人, 森良之, 高戸毅:下顎の偏位を契機に発見された下顎頭骨軟骨腫の一例. 第196回 日本口腔外科学会関東支部学術集会, 2013年12月7日, 東京女子医科大学, 東京
国際学会
  1. Abe M, Yamashita S, Mori Y, Abe T, Saijo H, Kawase-Koga Y, Suenaga H, Ushijima T, Takato T. Identification of novel methylation-silenced genes which are associated with malignant transformation from oral premalignant legions to oral cancers. The Ninth AACR-JCA Joint Conference: Breakthrough in basic and translational cancer research, February, 2013, Maui, HI, USA
  2. Inokuchi T, Susami T, Okayasu M, Uchino N, Uwatoko K, Ohkubo K, Ogasawara T, Saijo H, Mori Y, Takato T. PALATAL INDEX FOR EVALUATION OF THE PALATAL MORPHOLOGY IN PATIENTS WITH UNIATERAL CLEFT LIP AND PALATE.12th International Congress on Cleft Lip/Palate and Related Craniofacial Anomalies,May 5 -10, 2013, Florida USA ,Hilton Orlando Lake Buena Vista
  3. Mori Y, Susami T, Saijo H , Uchino N, Ohkubo K, Inokuchi T, Okayasu M, Uwatoko K, Hoshi K, Takato T. OUTCOME OF THE SURGICAL-ORTHODONTIC TREATMENT IN PATIENTS WITH CLEFTS USING THE TWO-STAGE SURGERY COMBINING MAXILLARY DISTRACTION WITH MANDIBULAR SETBACK OSTEOTOMIES.12th International Congress on Cleft Lip/Palate and Related Craniofacial Anomalies,May 5 -10, 2013, Florida USA ,Hilton Orlando Lake Buena Vista
  4. Okayasu M , Susami T , Inocuchi T , Ohkubo K , Uchino N , Uwatoko K , Ogasawara T , Ssaijo H , Mori Y , Takato T:Need for orthognathic sugery and its prediction in early mixed dentition in patients with bilateral cleft lip and palate. 12th International Congress on Cleft Lip/Palate and Related Craniofacial Anomalies, May 5 -10, 2013, Orland , Florida, USA , Hilton Orlando Lake Buena Vista
  5. Susami T , Uchino N , Ohkubo K , Inokuchi T , Okayasu M , Uwatoko K , Ogasawara T , Saijo H , Mori Y , Takato T.:Tooth alignment at the alveolar cleft site after orthodontic treatment and the need of orthognathic surgeries. 12th International Congress on Cleft Lip/Palate and Related Craniofacial Anomalies, May 5 -10, 2013, Orland , Florida, USA , Hilton Orlando Lake Buena Vista
  6. Takato T:Nanotechnological Approachfor Cartilage Regenerative Medicine. Frontiers in Nanomedicine and Imaging Symposium, June 21-22?, 2013, Lausanne, Switzerland, Ecole Polytechnique Federale de Lausanne(EPFL)
  7. Kanke K, Hojo H, Lichtler A, Chung UI, Ohba S: Novel approach for the differentiation of embryonic stem cells into osteoblasts under a chemically-defined condition. 2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and the Japanese Society for Bone and Mineral Research, May 28 ? June 1, 2013, Kobe , Hyohgo, Japan , Kobe Convention Center and Kobe Portopia Hotel
  8. Maeda Y, Ohba S, Hojo H, Shimohata N, Yano F, Yamamoto K, Takato T, Ung-Il Chung. : Bone healing by the combination of SAG- and TH-loaded artificial bones. 2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and the Japanese Society for Bone and Mineral Research, May 28 ? June 1, 2013, Kobe , Hyohgo, Japan , Kobe Convention Center and Kobe Portopia Hotel
  9. Hayashida C , Ito J , Nakayachi M , Okayasu M , Hakeda Y , Sato T:Osteocytes Produce Interferon (IFN)-β and Negatively Modulate Osteoclastogenesis. 2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and the Japanese Society for Bone and Mineral Research, May 28 ? June 1, 2013, Kobe , Hyohgo, Japan , Kobe Convention Center and Kobe Portopia Hotel
  10. Nakayachi M, Ito J, Okayasu M, Hayashida C, Sato T, Suda N, Sawamura T, Hakeda Y. :Role of lectin-like oxidized low-density of lipoprotein receptor-1 in regulating osteoclastogenesis and inflammatory bone destruction. 2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and the Japanese Society for Bone and Mineral Research, May 28 ? June 1, 2013, Kobe , Hyohgo, Japan , Kobe Convention Center and Kobe Portpia Hotel
  11. Kanno Y, Saijo H, Mori Y, Ung-il Chung, Takato T: Postoperative evaluation of custom-made artificial bones fabricated by inkjet printers using computed tomography. Frontiers 2013 EPFL Symposium, June 21 -22, 2013, Lausanne, Switzerland, Swiss Federal Institute of Technology in Lausanne.
  12. Fujihara Y, Takato T, Hoshi K.: Macrophage-inducing FasL on chondrocytes forms immune privilege in cartilage tissue engineering, enhancing in vivo regeneration. Frontiers 2013 EPFL Symposium. June 21-22, 2013, Lausanne, Switzerland, Swiss Federal Institute of Technology in Lausanne.
  13. Wang J, Suenaga H, Yang L, Liao H, Kobayashi E, Takato T. Sakuma I. Real-time marker-free patient registration and image-based navigation using stereo vision for dental surgery. Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention (MICCAI) 2013, September 22-26, 2013, Nagoya University, Nagoya, Japan.
  14. Kanke K, Saito T, Hojo H, Lichtler A, Chung UI, Ohba S: Novel approach for the stepwise differentiation of pluripotent stem cells into osteoblasts with four small molecule inducers under a serum-free condition. 2013 annual meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, October 4-7, 2013, Baltimore, Maryland, USA, Baltimore Convention Center.
  15. Ogasawara T, Saito T, Ohba S, Abe T, Yonehara Y, Takato T. :Runx1 and Runx3 are downstream effectors of Nanog in the promoted osteogenic differentiation of mesenchymal cells. 2013 annual meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, October 4-7, 2013, Baltimore, Maryland, USA, Baltimore Convention Center.
  16. Hayashida C , Ito J , Nakayachi M , Okayasu M , Hakeda Y , Sato T:Osteocytes Produce Interferon-β to Negatively Control Osteoclastogenesis. 2013 annual meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, October 4-7, 2013, Baltimore, Maryland, USA, Baltimore Convention Center.
  17. Nakayachi M, Ito J, Okayasu M, Hayashida C, Sato T, Suda N, Sawamura T, Hakeda Y. :Lectin-like Oxidized Low-density of Lipoprotein Receptor-1 Is Involved in RANKLproduction Elevated by Lipopolysaccharide-injection on Mouse Calvaria and thereby Contributes to Inflammatory Bone Destruction. 2013 annual meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, October 4-7, 2013, Baltimore, Maryland, USA, Baltimore Convention Center.
  18. Takato T:2-Stage Surgery combining Maxillary Distraction with Mandibular Setback Osteotomies. Seoul Symposium 2013, October 25, Seoul, Korea
  19. Takato T:Clinical application of bone and cartilage regenerative medicine.Seoul Symposium 2013, October 25, Seoul, Korea
  20. Uchino T, Uzuka K, Suenaga H, Morita T. Study of non-contact force sensor using quartz crystal resonator and a pair of spiral coils. International Conference on Advanced Electromaterials (ICAE 2013), November 12, 2013, International Convention Center Jeju, Jeju, Korea
  21. Kanke K, Saito T, Hojo H, Lichtler A, Chung UI and Ohba S: Stepwise differentiation of pluripotent stem cells into osteoblasts using four small molecules under serum-free and feeder-free conditions. Cell symposia- Using Stem Cells to Model and Treat Human Disease, November 21-23th, 2013, Los Angeles, California, USA, Cedars-Sinai Medical Center.
  22. Takato T, Saijo H, Fujihara Y, Hoshi K:Treatment of Cleft Lip Nasal Deformity-From Birth to Adult-. The Workshop for Medical and Dental Cooperation with Vietnam & Japan Hanoi, 23 November 2013, Vietnam
  23. Takato T:Clinical application of regenerative medicine in oral and maxillofacial areas. The Workshop for Medical and Dental Cooperation with Japan and Vietnam, November 23-24, Hanoi, Vietnam
  24. Takato T, Saijyo H:Treatment of Cleft Lip Nasal Deformity -From Birth to Adult-. CLEFT2013, November 25-28, Hanoi, Vietnam
  25. Saijo H:The University of Tokyo Hospital.The Workshop for Medical and Dental Cooperation with Vietnam & Japan Hanoi, 24 November 2013, Vietnam
  26. Nakatsuka T, Saijo H:A method in accomplishing the aesthetic forming gum using one-piece implant. World Congress for oral Implatology (Seoul Korea)
<シンポジウム・講演>
  1. Kishimoto N, Roxana Stegaroiu, Uematsu H, Shibata S, Ito Ko, Inoue M, Ohuchi A: Effect of Oral Ingestion on the Oral Cavity Moisture and the Amount of Microorganisms in Saliva and Tongue Coating. International Symposium on Human Resource Development towards Global Initiative, February 15-17, 2013, Cha-am District, Phetchaburi, Thailand, Springfield @ Spa & Resort
  2. 古賀陽子:東京大学医学部附属病院ボランティア後援会 『歯周病予防の大切さ』 2013年2月15日 入院棟A15F 大会議室, 東京
  3. 古賀陽子:東京大学医学部附属病院NST研修医セミナー ミニレクチャー 『口腔ケア』  2013年2月 25日 入院棟A15F 大会議室, 東京
  4. 煬ヒ 毅:今後の臨床展開が期待される骨軟骨再生医療. 日本再生医療学会 エデュケーショナルセミナー, 2013年2月26日 六本木ヒルズ49階 アカデミーヒルズ カンファレンス5, 東京
  5. 煬ヒ 毅:再生した軟骨で体を治す. 第12回 日本再生医療学会 市民公開講座, 2013年3月20日 東京大学伊藤国際学術研究センター, 東京
  6. 煬ヒ 毅:今後の臨床展開が期待される骨軟骨再生医療(会長講演). 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  7. 煬ヒ 毅:軟骨再生医療の顎顔面領域への応用(ランチョンセミナー). 第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21−23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  8. 小笠原徹:骨系統細胞における細胞周期分子Cdk6の役割について. 平成25年度第1回難治研大学院セミナー 2013年4月12日 聖マリアンナ医科大学 大学院附属研究所 難病治療研究センター, 神奈川
  9. 西條英人:安心・安全な治療のキーワード 日本先進インプラント医療学会 第2回安心・安全インプラントセミナー研修セミナー 2013年4月14日, 東京
  10. 西條英人:口腔外科の基本手技のレベルアップを目指して(学術研修会) 第2回信州支部総会 2013年4月21日, 長野
  11. 古賀陽子:Dry Syndrome講演会(キッセイ薬品工業株式会社) 『ドライマウス治療に対する医科歯科連携の重要性』2013年5月 18日
  12. 12. 西條英人:哺乳床とNAM.第17回よりよい口唇口蓋裂治療を考える会 第67回日本口腔科学会総会 2013年5月23日, 栃木
  13. 13. 須佐美隆史:口唇裂・口蓋裂治療における補綴治療の役割の変遷.(教育セミナー)第37回日本口蓋裂学会総会・学術集会. 2013年5月30日, 佐賀市文化会館, 佐賀
  14. 須佐美隆史:口唇裂・口蓋裂治療の質向上をめざした世界の多施設共同研究−その歴史と現況−(シンポジウム). 第37回日本口蓋裂学会総会・学術集会. 2013年5月31日, 佐賀市文化会館, 佐賀
  15. 小笠原徹:細胞周期関連分子と骨代謝. 東京医科大学先端医科学・特別講義 領域別講義 2013年6月13日 東京医科大学, 東京
  16. 西條英人:学会発表・論文執筆に関する研修セミナー 日本先進インプラント医療学会 教育研修会 2013年6月16日
  17. 瀬戸一郎:臨床におけるインプラント周囲炎の診断と治療. 全身疾患に潜むインプラント周囲炎の危険性とその対応. Young ITI Meeting 2013年7月14日東京医科歯科大学, 東京
  18. 波田野典子:口腔機能の維持・改善への取り組み, 岐阜県保険医協会,  2013年8月4日, 岐阜三井会館, 岐阜
  19. 須佐美隆史:口唇口蓋裂患者の矯正歯科治療を考えるポイント(基調講演).第1回口蓋裂勉強会 2013年8月22日, 東京
  20. 西條英人:症例から学ぶ再結晶化HAコーティングインプラントの可能性 第16回日本先進インプラント医療学会(教育講演) 2013年9月7日, 東京
  21. 西條英人:専門医育成のための口蓋裂二次手術の基本. ‐鼻咽腔閉鎖不全と鼻口腔瘻に対する手術‐ (ワークショップT) 第58回日本口腔外科学会総会 2013年10月11日, 福岡
  22. 西條英人:口唇裂初回手術(ミニレクチャー28) 第58回日本口腔外科学会総会 2013年10月13日, 福岡
  23. 末永英之: Computer assisted surgery in oral and maxillofacial surgery using computer vision and augmented reality. 第58回 日本口腔外科学会総会 第2回日独セッション, 2013年10月11-13日, 福岡国際会議場,福岡
  24. 西條英人:デンタルインプラントの現状と今後の展望. 日本総合医療健康医療学会 2013年10月14日, 東京
  25. 煬ヒ毅:口唇口蓋裂の22世紀治療ー出生から成人までの治療・再生軟骨治療などー.口友会 秋の例会 医療講演会, 2013年11月2日 国立オリンピック記念青少年総合センター, 東京
  26. 波田野典子:口腔機能の改善:口腔ケアと嚥下機能との関わり, 第17回関東嚥下訓練技術者講習会,  2013年11月10日 東京大学医学部教育研究棟鉄門記念講堂, 東京
  27. 有村奈己:口腔ケアが機能に及ぼす影響 平成25年度関東嚥下訓練技術者講習会 2013年11月10日 東京大学医学部教育研究棟鉄門記念講堂, 東京 
  28. 岡安麻里:Low density lipoprotein receptorの破骨細胞形成に果たす役割の解明 第16回骨代謝研究会 2013年11月30日 慶應義塾大学, 東京
  29. 煬ヒ毅:新たな顎骨および軟骨再建技術の開発. 耳鼻咽喉科分野同窓会総会, 2013年12月1日 日本外国特派員協会(プレスクラブ) , 東京
  30. 煬ヒ毅:粉末積層造形を活用した新規人工骨.の取り組みと最新動向及び今後の展開. 「次世代積層造形装置を活用した金属製品・ 金型/砂型製作」セミナー, 2013年12月12日 メディアボックス会議室, 東京
<受賞>
  1. 藤原夕子: 再生軟骨移植における組織反応の解明と,その分子機構を活用した軟骨再生医療の臨床展開. 第12回日本再生医療学会総会 第5回Young Investigator's Award 2013年3月21-23日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川
  2. Kanke K: Novel approach for the differentiation of embryonic stem cells into osteoblasts under a chemically-defined condition. 2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and the Japanese Society for Bone and Mineral Research, May 28th-June 1st, 2013, Hyogo, Japan, Kobe Convention Center (International Bone & Mineral Society Travel Award 2013
  3. Maeda Y: IBMS-JSBMR Travel Grants for Students and Post-Doctoral Fellows. 2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and The Japanese Society for Bone and Mineral Research. Kobe, May 28- June 1, 2013