サイトマップ
住所・お問い合わせ
東京大学医学部附属病院
口腔顎顔面外科・矯正歯科
〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
TEL 03(3815)5411
内線33714
FAX 03(5800)6832
なお、医療関係のご質問は一切お受けできませんので、あらかじめご了承下さい。
受診希望の方は、予約センター
TEL 03(5800)8630
までお願い致します。

業績

教室の業績

過去の業績

当教室の業績です。

2012年

<著書・共著>
  1. 安部貴大:「口腔保湿剤, 薬剤性歯肉炎, 基底細胞母斑症候群, 脈瘤性骨嚢胞」看護学大辞典 第6版, 永井良三, 田村やよひ 監修, メヂカルフレンド社, 東京, 2012
  2. 阿部雅修:「真性ポケット, 単純性骨嚢胞, 巨細胞肉芽腫, Le Fort分類」看護学大辞典 第6版, 永井良三, 田村やよひ 監修, メヂカルフレンド社, 東京, 2012
  3. 井口隆人:「上顎前方牽引法, リンガルアーチ, ヘッドギアー, 空隙歯列」看護学大辞典 第6版, 永井良三, 田村やよひ 監修, メヂカルフレンド社, 東京, 2012
  4. 岡安麻里:「顎間ゴム」看護学大辞典 第6版, 永井良三, 田村やよひ 監修, メヂカルフレンド社, 東京, 2012
  5. 菅野勇樹:「テトラサイクリン歯, 接着ブリッジ, ソケットリフト法, 精密印象」看護学大辞典 第6版, 永井良三, 田村やよひ 監修, メヂカルフレンド社, 東京, 2012
  6. 古賀陽子:「口腔ケア, ビスフォスフォネート顎骨壊死, HIV関連歯周炎, PCRレコード」看護学大辞典 第6版, 永井良三, 田村やよひ監修, メヂカルフレンド社出版, 東京, 2012
  7. 末永英之:「歯科用エンジン, 歯科用レーザー, 巨口症, 歯周組織の再生療法」看護学大辞典 第6版, 永井良三, 田村やよひ 監修, メヂカルフレンド社, 東京, 2012
  8. 杉山 円:「根管長測定器, インプラント周囲炎, 歯科用ボンディング剤, フッ素予防塗布」看護学大辞典 第6版, 永井良三, 田村やよひ 監修, メヂカルフレンド社, 東京, 2012
  9. 波田野典子:「ハイブリットインレー, PMTC, 舌ブラシ, 化学重合レジン」看護学大辞典 第6版, 永井良三, 田村やよひ監修, メヂカルフレンド社出版, 東京, 2012
  10. 西條英人, 煬ヒ毅:今日の治療と看護 改訂第3版 口唇口蓋裂 永井良三, 大田健総編集, 南江堂, 東京, 2012
  11. 瀬戸一郎, 西條英人, 煬ヒ毅: Chapter 2 外傷 顎骨骨折 p. 78 薬 12/13 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本. 朝波惣一郎, 王宝禮, 矢郷香 編. クインテッセンス出版 2012
  12. 森良之・煬ヒ毅:「15章消化器疾患 5口腔疾患」内科学, 門脇孝・永井良三総編集,西村書店(東京),2012, pp838-841.
  13. 星和人, 煬ヒ毅:再生医療叢書6「T軟骨 2.軟骨細胞を使った顎・顔面の軟骨再生」骨格系. 日本再生医療学会監修. 脇谷滋之, 鄭雄一編集. 2012
  14. Ralf J.Radlanski, Karl H.Wesker(訳:瀬戸一郎、下郷和雄): FACE (Das Gesicht Bildatlas klinische Anatomie), クインテッセンス出版(印刷中)
<原著>
原著英文(症例報告含む)
  1. Iwata K, Asawa Y, Nishizawa S, Mori Y, Nagata S, Takato T, Hoshi K. The development of a serum-free medium utilizing the interaction between growth factors and biomaterials. Biomaterials. 2012 Jan; 33(2):444-54.
  2. Hada N, Okayasu M, Ito J, Nakayachi M, Hayashida C, Kaneda T, Uchida N, Muramatsu T, Koike C, Masuhara M, Sato T, Hakeda Y. Receptor activator of NF-κB ligand-dependent expression of caveolin-1 in osteoclast precursors, and high dependency of osteoclastogenesis on exogenous lipoprotein. Bone. 2012Jan;50(1):226-36.
  3. Kagaya H, Oba M, Miura Y, Koyama H, Ishii T, Shimada T, Takato T, Kataoka K, Miyata T. Impact of polyplex micelles installed with cyclic RGD peptide as ligand on gene delivery to vascular lesions. Gene Ther. 2012 Jan;19(1):61-9.
  4. Deno M, Tashiro M, Miyashita M, Asakage T, Takahashi K, Saito K, Busujima Y, Mori Y, Saito H, Ichikawa Y. The mediating effects of social support and self-efficacy on the relationship between social distress and emotional distress in head and neck cancer outpatients with facial disfigurement. Psychooncology. 2012Feb;21(2):144-52.
  5. Tanaka Y, Saijo Y, Fujihara Y, Yamaoka H, Nishizawa S, Nagata S, Ogasawara T, Asawa Y, Takato T, Hoshi K. Evaluation of the implant type tissue-engineered cartilage by scanning acoustic microscopy. J Biosci Bioeng. 2012 Feb;113(2):252-7.
  6. Ko EC, Fujihara Y, Ogasawara T, Asawa Y, Nishizawa S, Nagata S, Takato T, Hoshi K. BMP-2 embedded atelocollagen scaffold for tissue-engineered cartilage cultured in the medium containing insulin and triiodothyronine--a new protocol for three-dimensional in vitro culture of human chondrocytes. Tissue Eng Part C Methods. 2012 May;18(5):374-86.
  7. Uchiyama T, Yamashita Y, Susami T, Kochi S, Suzuki S, Takagi R, Tachimura T, Nakano Y, Shibui T, Michi K, Nishio J, Hata Y. Primary treatment for cleft lip and /or palate in children in Japan. Cleft Palate-Craniofac J .2012 May;49(3): 291-8.
  8. Hojo H, Ohba S, Yano F, Saito T, Ikeda T, Nakajima K, Komiyama Y, Nakagata N, Suzuki K, Takato T, Kawaguchi H, Chung UI. Gli1 protein participates in Hedgehog-mediated specification of osteoblast lineage during endochondral ossification. J Biol Chem. 2012 May 18;287(21):17860-9.
  9. Mori Y, Susami T, Saijo H, Okubo K, Uchino N, Hoshi K, Takato T: Mandibular body ostectomy for correction of mandibular prognathism ? a technical note. Oral Sci Int. 2012 May; 9(1):21-5.
  10. Okayasu M, Nakayachi M, Hayashida C, Ito J, Kaneda T, Masuhara M, Suda N, Sato T, Hakeda Y. Low-density lipoprotein receptor deficiency causes impaired osteoclastogenesis and increased bone mass in mice because of defect in osteoclastic cell-cell fusion. J Biol Chem. 2012 Jun 1;287(23):19229-41.
  11. Ochiai H, Okada S, Saito A, Hoshi K, Yamashita H, Takato T, Azuma T. Inhibition of insulin-like growth factor-1 (IGF-1) expression by prolonged transforming growth factor-β1 (TGF-β1) administration suppresses osteoblast differentiation: J Biol Chem. 2012 Jun 29;287(27):22654-61.
  12. Yokoi M, Hattori K, Narikawa K, Ohgushi H, Tadokoro M, Hoshi K, Takato T, Myoui A, Nanno K, Kato Y, Kanawa M, Sugawara K, Kobo T, Ushida T. Feasibility and limitations of the round robin test for assessment of in vitro chondrogenesis evaluation protocol in a tissue-engineered medical product. J Tissue Eng Regen Med. 2012 Jul;6(7):550-8.
  13. Susami T, Mori Y, Tamura K, Ohkubo K, Nagahama K, Takahashi N, Uchino N, Uwatoko K, Haga N, Takato T. Facial morphology and occlusion in a patient with fibrodysplasia ossifficans progressiva (FOP): Growth follow-up from 8 to 21 years of age. Spec Care Dentist.2012 Jul-Aug; 32(4): 165-70.
  14. Sato T, Nakamoto A, Hori N, Enoki Y, Fukushima Y, Nakamoto N, Sakata Y, Yamanaka H, Chida D, Abe T, Yoda T. Proteomic analysis of masticatory muscle tendon?aponeurosis hyperplasia: A preliminary study using a 2D-DIGE system. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 2012 Nov; 24(4): 185?8.
  15. Abe M, Mori Y, Saijo H, Hoshi K, Ohkubo K, Ono T, Takato T. The efficacy of dental therapy for an adult case of Henoch-Schonlein Purpura. Oral Sci Int. 2012 Nov; 9(2):59-62.
  16. Matsuzaki Y, Kadota Y, Inoue K, Uzuka K, Suenaga H, Sasaki K, Morita T. Non-contact actuation of less-invasive bone lengthening device using embedded cycloidal motor driven by permanent magnets from the outside. Key Eng Mater. 2012 Nov;(523-524): 722-6.
  17. Sugiyama M, Saijo H, Hoshi K, Ohkubo K, Mori Y, Takato T. Secondary repair of an oblique facial cleft with an absorbable mesh tray and particulate cancellous bone and marrow. Oral Sci Int. 2012 Nov; 9(2):63-6.
  18. Yonenaga K, Nishizawa S, Fujihara Y, Asawa Y, Kanazawa S, Nagata S, Takato T, Hoshi K. Application of floating cells for improved harvest in human chondrocyte culture. Biomed Res. 2012;33(5):281-9.
  19. Kamimura W, Hattori R, Koyama H, Miyata T, Takato T. A calcium-cross-linked hydrogel based on alginate-modified atelocollagen functions as a scaffold material. J Biomater Sci Polym Ed. 2012;23(5):609-28.
  20. Ogasawara T, Ohba S, Yano F, Kawaguchi H, Chung UI, Saito T, Yonehara Y, Nakatsuka T, Mori Y, Takato T, Hoshi K. Nanog promotes osteogenic differentiation of the mouse mesenchymal cell line C3H10T1/2 by modulating bone morphogenetic protein (BMP) signaling. J Cell Physiol. (in press)
  21. Takahashi-Ichikawa N, Susami T, Nagahama K, Ohkubo K, Okayasu M, Uchino N,
    Uwatoko K, Saijo H, Mori Y, Takato T. Evaluation of mandibular hypoplasia in
    patients with hemifacial microsomia: a comparison between panoramic radiography and three-dimensional computed tomography. Cleft Palate Craniofac J. (in press)
  22. Asawa Y, Sakamoto T, Komura M, Watanabe M, Nishizawa S, Takazawa Y, Takato T, Hoshi K. Early-stage foreign body reaction against biodegradable polymer scaffolds affects tissue regeneration during the autologous transplantation of tissue engineered cartilage in the canine model. Cell Transplant. (in press)
  23. Yano F, Hojo H, Ohba S, Fukai A, Hosaka Y, Ikeda T, Saito T, Hirata M, Chikuda H, Takato T, Kawaguchi H, Chung UI. A novel disease-modifying osteoarthritis drug candidate targeting Runx1. Ann Rheum Dis. (in press)
  24. Saito T, Mashimo T, Shiratsuchi H, Namaki S, Matsumoto K, Mori Y, Ogasawara T, Arai Y, Honda K, Yonehara Y. Evaluation of regenerative processes in a rat model of mandibular condyle defect using in vivo micro X-ray computed tomography. J Hard Tissue Biol. (in press)
  25. Saijo H, Kawase-Koga Y, Mori Y, Seto I, Abe M, Ohkubo K, Hoshi K, Takato T. Application of percutaneous zygomatic arch osteotomy for protrusion deformity of the zygoma following facial fracture surgery. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. (in press)
  26. Suenaga H, Unami M, Hoshi K, Mori Y, Takato T. Rare case of composite embryonal rhabdomyosarcoma and leiomyosarcoma of the tongue of an adult. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. (in press)
  27. Suenaga H, Unami M, Hoshi K, Mori Y, Takato T. Ectopic mixed odontoma of the nasal cavity: A rare case. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. (in press)
  28. Kadota Y, Inoue K, Uzuka K, Suenaga H, Morita T. Non-contact operation of a miniature cycloid motor by magnetic force. IEEE ASME Trans Mechatron. (in press)
  29. Hojo H, Ohba S, Taniguchi K, Shirai M, Yano F, Saito T, Ikeda T, Nakajima K, Komiyama Y, Nakagata N, Suzuki K, Mishina Y, Yamada M, Konno T, Takato T, Kawaguchi H, Kambara H, Chung UI. Hedgehog-Gli activators directosteo-chondrogenic function of bone morphogenetic protein toward osteogenesis in the perichondrium. J Biol Chem. (in press)
原著和文(症例報告含む)
  1. 内山健志, 山下夕香里, 須佐美隆史, 幸地省子, 鈴木茂彦, 高木律男, 舘村卓, 中野洋子, 澁井武夫, 道健一, 西尾順太郎, 秦維郎:わが国における口唇裂・口蓋裂児に対する一次治療の実態 - 日本口蓋裂学術調査委員会報告-, 日口蓋誌 37 (3): 187-196, 2012
  2. 小林正治, 齊藤力, 飯田順一郎, 井上農夫男, 後藤滋巳, 後藤昌昭, 齋藤功, 白土雄司, 清水典佳, 須佐美隆史, 高野伸夫, 原田清, 槇宏太郎, 森山啓司:顎変形症診療ガイドライン策定のために収集した patient question の分析, 日顎変形誌 22(4) ;270-274, 2012
  3. 斉藤健太郎, 末永英之, 杉山円, 宇波雅人, 大久保和美, 瀬戸一郎, 小笠原徹, 星和人, 森良之, 煬ヒ毅:革新的異分野技術を融合した歯科を主導とする次世代デバイス開発プロジェクト. 日本歯科医学会誌 31:39-43, 2012
  4. 波田野典子, 鄭雄一:再生誘導能を持つインテリジェント型インプラントデバイスの開発. Dental Medicine Research 32(3): 154-157, 2012
  5. 菅野勇樹, 西條英人, 煬ヒ毅:上顎洞底挙上術における移植材料としての自家骨と連通多孔体HA混合自家骨の検討(第1報). 日本先進インプラント医療学会誌3(1),42-44,2012
  6. 大木明子, 山越典雅, 門田千晶, 煬ヒ毅:広範囲にわたる顔面欠損に対してCTデータを利用して製作したエピテーゼの1例. 日本顎顔面補綴学会誌35(7);20-27, 2012
  7. 大木明子, 山越典雅, 煬ヒ毅:下顎腫瘍切除後の小口症に対し顎顔面補綴リハビリテーションを行った1例. 日本顎顔面補綴学会誌35(7);28-35, 2012
<総説・その他>
総説英文
  1. Hoshi K, Fujihara Y, Asawa Y, Nishizawa S, Kanazawa S, Sakamoto T, Watanabe M, Ogasawara T, Saijo H, Mori Y, Takato T. Recent trends of cartilage regenerative medicine and its application to the oral and maxillofacial surgery. Oral Sci Int. (in press)
総説和文
  1. 須佐美隆史, 大久保和美, 井口隆人, 岡安麻里, 内野夏子, 上床喜和子, 高橋直子,煬ヒ毅:東大病院における口唇口蓋裂患者に対する矯正歯科治療(総説). 日口蓋誌(印刷中)
<学会発表>
国内学会
  1. 松崎由貴, 門田洋一, 宇塚和夫, 末永英之, 佐々木健, 森田剛:骨延長器デバイスの小型化に関する研究. 2012年度精密工学会春季大会学術講演会 2012年3月14-16日 首都大学東京 南大沢キャンパス,東京八王子市
  2. 菅野勇樹, 平松伸旭, 杉山円, 西條英人, 煬ヒ毅:高血圧症を伴う超高齢者に対して、抜歯術を施行した1例. 第21回(社)日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2012年3月17-18日 栃木県総合文化センター, 栃木県宇都宮市
  3. 杉山円, 西條英人, 菅野勇樹, 森良之, 煬ヒ毅:乳癌術後にインプラント治療を行った1例. 第21回(社)日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2012年3月16-18日 栃木県総合文化センター, 栃木県宇都宮市
  4. 波田野典子, 大庭伸介, 鄭雄一:ラット歯周炎モデルの確立と低分子化合物による歯槽骨再生療法の検討. 昭和大学デンタルイノベーション 2012年3月17日 昭和大学洗足キャンパス, 東京都目黒区
  5. 正宗賢, チャンフィーホワン, 桑名健太, 廖洪恩, 保坂晃弘, 宮田哲郎, 中島勧, 末永英之, 中川匠, 鈴木 孝司, 村垣善浩, 山下紘正, 千葉敏雄, 守谷哲郎, 岩崎泰洋, 土肥健純:患者・患部リアルタイム重ね合わせ実三次元表示システムの開発.第51回日本生体医工学会大会 2012年5月10-12日 福岡国際会議場, 福岡県福岡市
  6. 古賀陽子, 森良之, 西條英人, 菅野勇樹, 星和人, 煬ヒ毅:小児の舌骨上に二房性に認めた甲状舌管嚢胞に対し舌骨温存的嚢胞摘出術を施行した1例. 第66回日本口腔科学会学術集会 2012年5月16日-18日 広島国際会議場, 広島県広島市
  7. 阿部達也, 安部貴大, 古賀陽子, 阿部雅修, 末永英之, 菅野勇樹, 杉山円, 瀬戸一郎, 星和人, 西條英人, 森良之, 煬ヒ毅:東京大学医学部附属病院顎口腔外科における歯原性腫瘍の統計的観察. 第66回日本口腔科学会学術集会 2012年5月17-18日 広島国際会議場, 広島県広島市
  8. 稲木涼子, 藤原夕子, 星和人, 煬ヒ毅:ペリオスチンによる再生軟骨組織の成熟促進と形態維持. 第66回日本口腔科学会学術総会 2012年5月17-18日 広島国際会議場, 広島県広島市
  9. 菅野勇樹, 森良之, 古賀陽子, 杉山円, 大久保和美, 西條英人, 星和人, 煬ヒ毅:咽頭弁形成術術後の顎矯正手術おける経鼻挿管と術前後の鼻咽腔閉鎖機能に関する検討. 第66回日本口腔科学会学術集会 2012年5月17-18日 広島国際会議場, 広島県広島市
  10. 末永英之, 杉山円, 宇波雅人, 瀬戸一郎, 大久保和美, 西條英人, 小笠原徹, 星和人, 森良之, 煬ヒ毅:三次元画像マッチングによるコンピュータビジョン立体映像手術支援システム. 第66回日本口腔科学会学術集会 2012年5月17-18日 広島国際会議場, 広島県広島市
  11. 杉山円, 西條英人, 瀬戸一郎, 末永英之, 阿部雅修, 星和人, 森良之, 煬ヒ毅:チタンメッシュトレーを用いた海綿骨細片(PCBM)による二次的下顎顎骨再建後にインプラントを用いて咬合回復を行なった1例. 第67回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2012年5月17-18日 広島国際会議場, 広島県広島市
  12. 藤原夕子, 星和人, 煬ヒ毅:再生軟骨移植において軟骨細胞に発現するFas ligandの機能解析. 第66回日本口腔科学会学術集会 2012年5月17-18日 広島国際会議場, 広島県広島市
  13. 井口隆人, 須佐美隆史, 岡安麻里, 内野夏子, 上床喜和子, 大久保和美, 煬ヒ毅:口蓋・顔面形態とGoslon scoreの関連性. 第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2012年5月24-25日 国立京都国際会館, 京都府京都市
  14. 岡安麻里, 西條英人, 井口隆人, 内野夏子, 高橋路子, 平野友紀子, 宇波和美, 松川 紗都, 大久保和美, 星和人, 森良之, 須佐美隆史, 煬ヒ毅: 東京大学医学部附属病院における口唇裂・口蓋裂チーム医療. 第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2012年5月24-25日 国立京都国際会館, 京都府京都市
  15. 内山健志, 山下夕香里, 須佐美隆史, 幸地省子, 鈴木茂彦, 高木律男, 舘村卓, 中野洋子, 澁井武夫, 道健一, 西尾順太郎, 秦維郎:わが国における口唇裂・口蓋裂児に対する一次治療の実際 -日本口蓋裂学会学術調査委員会報告-.第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2012年5月24-25日 国立京都国際会館, 京都府京都市
  16. 稲木涼子, 藤原夕子, 三澤雅樹, 工藤明, 煬ヒ毅, 星和人:軟骨再生に伴い発現するペリオスチンの機能解析と再生医療への導入検討. 第11回日本再生医療学会総会 2012年6月12-14日 パシフィコ横浜, 神奈川県横浜市
  17. 藤原夕子, 煬ヒ毅, 星和人:再生軟骨移植において軟骨細胞に発現するMIFの機能検討. 第11回日本再生医療学会総会 2012年6月12-14日 パシフィコ横浜, 神奈川県横浜市
  18. 岡安麻里, 須佐美隆史, 井口隆人, 内野夏子, 上床喜和子, 森良之, 西條英人, 安部 貴大, 古賀陽子, 末永英之, 大久保和美, 煬ヒ毅:完全両側性唇顎口蓋裂患者の顎顔面形態・咬合の成長による変化と顎矯正手術の必要性. 第22回日本顎変形症学会総会 2012年6月18-19日 福岡国際会議場, 福岡県福岡市
  19. 小林正治, 齊藤力, 飯田順一郎, 井上農夫男, 後藤滋巳, 後藤昌昭, 齋藤功, 白土雄司, 清水典佳, 須佐美隆史, 高野伸夫, 原田清, 槇宏太郎, 森山啓司:顎変形症診療ガイドライン策定におけるPatient Question の収集と分析結果. 第22回日本顎変形症学会総会2012年6月18-19日 福岡国際会議場, 福岡県福岡市
  20. 阿部雅修,安部貴大,岡田恵美,西條英人,森良之,煬ヒ毅:成人における原因不明の突発性耳下腺炎. 第193回日本口腔外科学会関東地方会 2012年6月30日 所沢市立中央公民館ホール, 埼玉県所沢市
  21. 柏木美樹, 杉山円, 森良之, 末永英之, 西條英人, 星和人, 煬ヒ毅:非ホジキンリンパ腫・口蓋粘表皮癌の異時性重複癌の1例. 第193回日本口腔外科学会関東地方会 2012年6月30日 所沢市立中央公民館ホール, 埼玉県所沢市
  22. 佐藤稔久, 安部貴大, 阿部雅修, 菅野勇樹, 柳谷謙一, 西條英人, 森良之, 煬ヒ毅:当科で経験した周辺性エナメル上皮腫の2例. 第46回NPO法人日本口腔科学会関東地方部会 2012年9月8日 埼玉医科大学川越クリニック, 埼玉県川越市
  23. 内野夏子, 須佐美隆史, 大久保和美, 井口 隆人, 岡安麻里, 上床喜和子, 高橋直子, 長濱浩平, 森良之, 煬ヒ毅:上顎中切歯欠損を伴う唇顎口蓋裂患者の特徴とその治療. 第71回日本矯正歯科学会総会 2012年9月26-28日 盛岡市民文化ホール, 岩手県盛岡市
  24. 新井美月, 鳥巣隆弘, 油井徹, 榎本勤, 須佐美隆史:成人上顎前突症におけるCAIAS(Clear Aligner-Implant Anchor System)アプローチ. 第71回日本矯正歯科学会大会2012年9月26-28日 盛岡市民文化ホール, 岩手県盛岡市
  25. 武井美咲, 浅輪幸世, 坂本朋昭, 煬ヒ毅, 星和人 : in vivoおよびin vitroにおける培養ヒト軟骨細胞基質産生能の比較検討. 第31回日本運動器移植・再生医学研究会 2012年9月30日 ホテルニューキャッスル, 青森県弘前市
  26. 小笠原徹, 大庭伸介, 矢野文子, 斎藤忠仁, 瀬戸一郎, 米原啓之, 森良之, 星和人, 煬ヒ毅:Nanogの間葉系細胞骨分化能促進効果はBMPシグナルとの相互作用とNFATc1の誘導を介する. 第57回(公社)日本口腔外科学会総会・学術集会 2012年10月19-21日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川県横浜市
  27. 末永英之, 杉山円, 瀬戸一郎, 西條英人, 小笠原徹, 星和人, 森良之, 煬ヒ毅:コンピュータビジョンと拡張現実によるマーカーレス手術ナビゲーションシステム. 第57回(公社)日本口腔外科学会総会・学術集会 2012年10月19-21日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川県横浜市
  28. 瀬戸一郎, 森良之, 西條英人, 古賀陽子, 安部貴大, 末永英之, 安部雅修, 菅野勇樹, 杉山円, 星和人, 煬ヒ毅:当科における生体内吸収性PLLA/HA骨接合プレート(Super Fixsorb MX) 治療成績とその合併症. 第57回(公社)日本口腔外科学会総会・学術集会 2012年10月19-21日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川県横浜市
  29. 森良之, 末永英之, 古賀陽子, 菅野勇樹, 杉山円, 瀬戸一郎, 西條英人, 星和人, 煬ヒ毅: 下顎枝矢状分割術における超音波骨切削器(ピエゾサージェリーシステムR)を用いたShort lingual osteotomy (SLO). 第57回(公社)日本口腔外科学会総会・学術集会 2012年10月19-21日 パシフィコ横浜会議センター, 神奈川県横浜市
  30. 須佐美隆史, 菅原康志, 平林慎一, 小室裕造, 井口隆人, 岡安麻里, 大久保和美, 西條英人, 森良之, 煬ヒ毅:Syndromic Craniosynostosis 患者におけるチーム医療の実態. 第30回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 2012年11月1-2日 千里ライフサイエンスセンター, 大阪府豊中市
  31. 杉山円, 西條英人, 末永英之, 瀬戸一郎, 星和人, 森良之, 煬ヒ毅:先天性水頭症, 羊膜索症候群を合併した斜顔裂の1例. 第24回日本小児口腔外科学会総会・学術大会 2012年11月24-25日 愛知学院大学楠本キャンパス, 愛知県名古屋市
  32. 岡田恵美, 古賀陽子, 菅野勇樹, 瀬戸一郎, 西條英人, 森良之, 煬ヒ毅: 心筋梗塞の既往から周術期管理に苦慮した巨大なエナメル上皮腫の1例. 第194回口腔外科学会関東支部学術集会 2012年12月8日 日本大学医学部 第2 臨床講堂, 東京都板橋区
  33. 田澤建人, 古賀陽子, 菅野勇樹, 瀬戸一郎, 阿部雅修, 安部貴大, 森良之, 煬ヒ毅:骨髄移植後の移植片対宿主病(GVHD)に続発した扁平上皮癌(SCC)を認めた2例. 第194回 (公社)日本口腔外科学会関東支部学術集会 2012年12月8日 日本大学医学部 第2 臨床講堂, 東京都板橋区
国際学会
  1. Takato T:Application of bone and cartilage regenerative medicine in oral and maxillofacial areas. The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies 2012, September 2-6 ,Yokohama, Japan, PACIFICO YOKOHAMA
  2. Fujihara Y, Takato T, Hoshi K:Chondrocytes suppress tissue reactions in tissue-engineered cartilage through induction of immune privilege. 3rd TERMIS World Congress 2012, September 5-8, 2012, Vienna, Austria, Hofburg Congress Center
  3. Takato T:The Present and Future of Bone and Cartilage Regenerative Medicine in the Oral and Maxillofacial Area. XXI Congress of the European Association for Cranio-Maxillo- Facial Surgery, September11-15 2012, Dubrovnik, Croatia, Under the Auspices of the President of the Republic of Croatia
  4. Maeda Y, Ohba S, Hojo H, Shimohata N, Yano F, Yamamoto K, Hatano N, Takato T, Ung-il Chung:Development of a novel tetrapod-shaped drug-eluting artificial bone. 2012 annual meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, October 12-15, 2012, Minneapolis, Minnesota, USA, Minneapolis Convention Center
  5. Matsuzaki Y, Kadota Y, Uzuka K, Suenaga H, Sasaki K, Morita T:Non-Contact Actuation of Less-Invasive Bone Lengthening Device Using Embedded Cycloidal Motor Driven by Permanent Magnets from the outside. The 14th International Conference on Precision Enginerring, November 8-10, 2012, Bunkyo-ku, Tokyo, Japan, Awaji Yumebutai International Conference Center
  6. Takato T:Application of Bone and Cartilage Regenerative Medicine in Oral and Maxillofacial Areas. ACOMS 2012, November 15-18, 2012, Kuta, Bali-Indonesia, Discovery Kartika Plaza Hotel.
<シンポジウム・講演>
  1. 小笠原徹:Role of cyclin-dependent kinase (Cdk)6 in osteoblast, osteoclast, and chondrocyte differentiation and its potential as a target of bone regenerative medicine. 第345回 明海大学研修会 2012年1月27日 明海大学, 埼玉県坂戸市
  2. 西條英人:唇顎口蓋裂における初期治療.第37回(社)日本口腔外科学会教育研修会 2012年2月11-12日 鉄門記念講堂, 東京都文京区
  3. 森良之:上下顎手術における骨延長術の役割. 第37回(社)日本口腔外科学会教育研修会 口腔四学会合同研修会2012年2月11-12日 鉄門記念講堂, 東京都文京区
  4. 西條英人:口腔領域におけるネオベール(縫合補強材)の現状と将来展望. 第36回日本口蓋裂学会ランチョンセミナー 2012年5月24日 国立京都国際会館, 京都府京都市
  5. 須佐美隆史, 大久保和美, 井口隆人, 岡安麻里, 内野夏子, 上床喜和子, 煬ヒ毅:東大病院における口唇口蓋裂患者に対する矯正歯科治療(シンポジウムI 「こだわりの術式」).第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2012年5月24-25日 国立京都国際会館, 京都府京都市
  6. 須佐美隆史:顎変形の原因と成長発育から考える骨延長法の長期結果(シンポジウム2.骨延長法を検証する:長期経過観察例から見えてくるもの).第22回日本顎変形症学会総会 2012年6月18-19日 福岡国際会議場, 福岡県福岡市
  7. 須佐美隆史:Syndromic craniosynostosis 患者の顎顔面・咬合治療-矯正歯科医の立場から-(特別講演2).第8回Craniosynostosis研究会 2012年7月7日 秋葉原UDX, 東京都千代田区
  8. 西條英人:唇顎口蓋裂における初期治療.第38回(公社)日本口腔外科学会教育研修会 口腔四学会合同研修会 2012年7月28-29日, 百周年時計台記念館, 京都府京都市
  9. 森良之:上下顎手術における骨延長術の役割. 第38回(公社)日本口腔外科学会教育研修会 口腔四学会合同研修会 2012年7月28-29日, 百周年時計台記念館, 京都府京都市
  10. Fujihara Y, Hoshi K.: Development of Implant-type Tissue-engineered Cartilage Applied for the Correction of Cleft Lip-nose Patients. UTMDACC & UT 1st Joint Symposium, August 12-15, 2012, Houston, Texas, USA, MD Anderson Cancer Center
  11. Matsuyama M: Investigation on migration of chondrocytes to various organs after subcutaneous transplantation of tissue-engineered cartilage in mice,CMSIリトリート,2012 September 29-30, 東レ総合研修センター, 静岡県三島市
<受賞(財団からの研究助成等を含む)>
  1. 末永英之:コンピュータビジョンと拡張現実によるマーカーレス手術ナビゲーションシステム.第57回 日本口腔外科学会総会 (優秀ポスター発表賞)
  2. 古賀陽子:周術期がん患者に対する口腔ケア体制確立のためのQOL研究,第21回 ファイザーヘルスリサーチ振興財団 国内共同研究(39歳以下)100万円
  3. 古賀陽子:周術期がん患者における口腔ケア体制確立のためのQOL研究,公益財団法人8020推進財団 平成24年度8020研究事業 80万円
  4. Fumiko Yano:PREVENTION AND REPAIR OF CARTILAGE DEGENERATION BY A NOVEL SMALL THIENOINDAZOLE-DERIVATIVE COMPOUND.2012 World Congress on Osteoarthritis. Barcelona's International Convention Centre(CCIB) April 26-29,2012 Barcelona,Spain(Young Investigator Award)
  5. 矢野文子:細胞シート工学を用いた新規軟骨再生誘導剤による膝関節軟骨再生法の開発.第11回日本再生医療学会総会 2012年6月14日(若手研究奨励優秀賞)