サイトマップ
住所・お問い合わせ
東京大学医学部附属病院
口腔顎顔面外科・矯正歯科
〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
TEL 03(3815)5411
内線33714
FAX 03(5800)6832
なお、医療関係のご質問は一切お受けできませんので、あらかじめご了承下さい。
受診希望の方は、予約センター
TEL 03(5800)8630
までお願い致します。

業績

教室の業績

過去の業績

当教室の業績です。

2011年

<著書・共著>
  1. 須佐美隆史:不正咬合と歯科矯正治療.よくわかる歯科医学・口腔ケア(喜久田利弘, 楠川仁悟, 編), 28-29, 医学情報社, 東京, 2011.
  2. 須佐美隆史:歯科矯正治療.標準形成外科学 第6版(平林慎一, 鈴木茂彦,編).106-108,医学書院, 東京, 2011.
  3. 須佐美隆史:医学部附属病院における矯正歯科.臨床家のための矯正学イヤーブック’11(伊藤学而, 中島栄一郎, ほか編), 41-44, クインテッセンス出版, 東京, 2011.
  4. 瀬戸一郎, 細川周一, 飯塚建行:顎顔面領域骨折の整復・固定の基本. 一般臨床家口腔外科医のための口腔外科ハンドマニュアル11. p.175-181(福田仁一ら編), クインテッセンス出版,東京,2011.
  5. 森良之・高戸毅:[Z.口内・歯の異常 1.口内炎」,日常診療でよくみる症状・病態―診断の指針・治療の指針―.綜合臨牀第60巻増刊号,227(1033)−231(1037),永井書店,大阪,2011.
  6. 森良之・高戸毅:[Z.口内・歯の異常 5.舌の異常」,日常診療でよくみる症状・病態―診断の指針・治療の指針―.綜合臨牀第60巻増刊号, 245(1051)−249(1055),永井書店,大阪,2011.
  7. 森良之・古賀陽子・高戸毅:「歯科・口腔外科における口腔内ケア」感染制御JICP Vol.7, No.5,449-452,EDIXi出版部,東京,2011.
<原著>
原著英文(症例報告含む)
  1. Abe M., Tsai SY., Jin SG., Pfeifer GP. and Szabo PE. Sex-specific dynamics of global chromatin changes in fetal mouse germ cells. PLoS One 2011 Aug 19;6(8) :e23848
  2. Broggini N, Hofstetter W, Hunziker E, Bosshardt DD, Bornstein MM, Seto I, Buser D. The influence of PRP on early bone formation in membrane protected defects. A histological and histomorphometric study in the rabbit calvaria. Clin. Implant Dent. Res. 2011 Mar;13(1):1-12
  3. Chikazu D, Fujikawa Y, Fujihara H, Suenaga H, Saijo H, Ohkubo K, Ogasawara T, Mori Y, Iino M, Takato T. Cyclooxygenase-2 activity is important in craniofacial fracture repair. Int J Oral Maxillofac Surg. 2011 Mar;40(3):322-6.
  4. Deno M, Tashiro M, Miyashita M, Asakage T, Takahashi K, Saito K, Busujima Y, Mori Y, Saito H, and Ichikawa Y. Developing the social distress scale for head and neck cancer outpatients in Japan. Palliative and Supportive Care 2011, 9:1 8.
  5. Hatano N, Hikiji H, Matsubara M, Saijo H, Chikazu D, Ohashi K, Mori Y, Susami T, Yoda T, Takato T. : Reiter’s syndrome (reactive arthritis) with trismus after intravesical BCG immunotherapy. A case report. Asian J Oral Maxillofac Surg 2011, Mar;23(1) :25-7.
  6. Ko EC, Fujihara Y, Ogasawara T, Asawa Y, Nishizawa S, Nagata S, Takato T, Hoshi K. Administration of the insulin into the scaffold atelocollagen for tissue-engineered cartilage. J Biomed Mater Res A. 2011 May;97(2):186-92.
  7. Li Q, Bian S, Hong J, Kawase-Koga Y, Zhu E, Zheng Y, Yang L, Sun T.Timing specific requirement of microRNA function is essential for embryonic and postnatal hippocampal development. PLoS One. 2011;6(10):e26000.
  8. Mori Y, Susami T, Haga N, Tamura K, Kanno Y, Saijo H, Takato T. Extraction of 6 molars under general anesthesia in patient with fibrodysplasia ossificans progressiva. J Oral Maxillofac Surg. 2011 Jul;69(7):1905-10. .
  9. Ohte S, Shin M, Sasanuma H, Yoneyama K, Akita M, Ikebuchi K, Jimi E, Maruki Y, Matsuoka M, Namba A, Tomoda H, Okazaki Y, Ohtake A, Oda H, Owan I, Yoda T, Furuya H, Kamizono J, Kitoh H, Nakashima Y, Susami T, Haga N, Komori T, Katagiri T. A novel mutation of ALK2, L196P, found in the most benign case of fibrodysplasia ossificans progressiva activates BMP-specific intracellular signaling equivalent to a typical mutation, R206H. Biochem Biophys Res Commun. 2011 Apr1;407(1):213-8.
  10. Saijo H, Kanno Y, Mori Y, Suzuki S, Ohkubo K, Chikazu D, Yonehara Y, Chung UI, Takato T. A novel method for designing and fabricating custom-made artificial bones. Int J Oral Maxillofac Surg. 2011 Sep;40(9):955-60.
  11. Sato T, Nakamoto N, Abe T, Fukushima Y, Tomaru Y, Sakata Y, Nakazawa M, Nakamoto A, Kawasaki H, Wada Y, Ohara H, Araki R, Tanaka J, Yoda T. Preliminary results of a study comparing conventional radiography with phase-contrast radiography for assessing root morphology of mandibular third molars. Dentomaxillofac Radiol. 2011 Feb;40(2):91-5.
  12. Shimamura Y, Abe T, Nakahira M, Yoda T, Murata S, Sugasawa M. Immunohistochemical analysis of oral dysplasia: diagnostic assessment by fascin and podoplanin expression. Acta Histochem Cytochem. 2011 Dec 28;44(6):239-45.
  13. Thoren H, Seto I, Buettner M, Shaller B, Suominen AL, Iizuka T. Patterns of frontobasal and frontobasal fractures in children and teenagers relative to developmental stage of the facial skelton. Arch Otolaryngok Head Neck Surg. 2011 Jun; 137(6):549-556.
  14. Yokoi M, Hattori K, Narikawa K, Ohgushi H, Tadokoro M, Hoshi K, Takato T, Myoui A, Nanno K, Kato Y, Kanawa M, Sugawara K, Kobo T, Ushida T. Feasibility and limitations of the round robin test for assessment of in vitro chondrogenesis evaluation protocol in a tissue-engineered medical product. J Tissue Eng Regen Med. 2011 Aug 2.
  15. Yonenaga K, Tohnai I, Mitsudo K, Mori Y, Saijo H, Iwai T, Yonehara Y, Ota Y,Torigoe K, Takato T. Anatomical study of the external carotid artery and its branches for administration of superselective intra-arterial chemotherapy via the superficial temporal artery. Int J Clin Oncol. 2011 Dec;16(6):654-9.
  16. Hada N, Okayasu M, Ito J, Nakayachi M, Hayashida C, Kaneda T, Uchida N, Muramatsu T, Koike C, Masuhara M, Sato T, Hakeda Y. Receptor activator of NF-κB ligand-dependent expression of caveolin-1 in osteoclast precursors, and high dependency of osteoclastogenesis on exogenous lipoprotein. Bone. (in press)
  17. Hirata M, Kugimiya F, Fukai A, Saito T, Yano F, Ikeda T, Mabuchi A, Sapkota BR, Akune T, Nishida N, Yoshimura N, Nakagawa T, Tokunaga K, Nakamura K, Chung UI, and Kawaguchi H: C/EBP-β and RUNX2 cooperate to degrade cartilage with MMP-13 as the target and HIF-2α as the inducer in chondrocytes. Hum Mol Genet (in press).
  18. Iwata K, Asawa Y, Nishizawa S, Mori Y, Nagata S, Takato T, Hoshi K. The development of a serum-free medium utilizing the interaction between growth factors and biomaterials. Biomaterials. (in press)
  19. Kagaya H, Oba M, Miura Y, Koyama H, Ishii T, Shimada T, Takato T, Kataoka K, Miyata T. Impact of polyplex micelles installed with cyclic RGD peptide as ligand on gene delivery to vascular lesions. Gene Ther. (in press)
  20. Kamimura W, Hattori R, Koyama H, Miyata T, Takato T. A calcium-cross-linked hydrogel based on alginate-modified atelocollagen functions as a scaffold material. J Biomater Sci Polym Ed. (in press)
  21. Kanazawa S, Fujihara Y, Sakamoto T, Asawa Y, Komura M, Nagata S, Takato T, Hoshi K. Tissue responses against tissue-engineered cartilage consisting of chondrocytes encapsulated within non-absorbable hydrogel. J Tissue Eng Regen Med. (in press).
  22. Susami T, Mori Y, Tamura K, Ohkubo K, Nagahama K, Takahashi N, Uchino N, Uwatoko K, Haga N, Takato T. Facial morphology and occlusion in a patient with fibrodysplasia ossifficans progressiva (FOP): Growth follow-up from 8 to 21 years of age. Special Care in Dentistry (in press).
  23. Takahashi-Ichikawa N, Susami T, Nagahama K, Ohkubo K, Okayasu M, Uchino N, Uwatoko K, Saijo H, Mori Y, Takato T. Evaluation of mandibular hypoplasia in patients with hemifacial microsomia: a comparison between panoramic radiography and three-dimensional computed tomography. Cleft Palate Craniofac J. (in press)
  24. Uchiyama T, Yamashita Y, Susami T, Kochi S, Suzuki S, Takagi R, Tachimura T, Nakano Y, Shibui T, Michi K, Nishio J, Hata Y. Primary treatment for cleft lip and /or palate in children in Japan. Cleft Palate-Craniofac J. (in press)
原著和文(症例報告含む)
  1. 小村豪, 高城文彦, 盛田恵, 安部貴大, 中平光彦, 横川秀樹, 廣川詠子, 中塚貴志, 菅澤正:準緊急的な拡大切除で局所制御をしえた進行甲状腺未分化癌の2症例 頭頸部癌 37巻1号 2011, 83-87
  2. 長濱浩平, 須佐美隆史, 大久保和美, 高橋直子, 西條英人, 森良之, 高戸毅:矯正歯科手技を用いた顎骨骨折治療, 日本頭蓋顎顔面外科学会雑誌 第27巻 第4号, 2011, 318-326
  3. 松村聡子, 中平光彦, 菅澤正, 小村豪, 高城文彦, 盛田恵, 安部貴大, 嶋村由美子, 横川秀樹, 廣川詠子:目でみる耳鼻咽喉科 下咽頭癌頸部リンパ節転移に起因した頸胸部壊死性筋膜炎の1例 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 83巻4号 2011, 272-274
  4. 斉藤健太郎, 末永英之, 杉山円, 宇波雅人, 大久保和美, 瀬戸一郎, 小笠原徹, 星和人, 森良之, 高戸毅:革新的異分野技術を融合した歯科を主導とする次世代デバイス開発プロジェクト,日本歯科医学会誌 第31巻 (印刷中)
  5. 末永英之, チャンフィーホワン, 杉山円, 宇波雅人, 高橋直子, 長濱浩平, 大久保和美, 瀬戸一郎, 小笠原徹, 森良之, 廖洪恩, 正宗賢, 土肥健純, 高戸毅: 患者と3次元立体画像を重ね合わせる拡張現実感表示技術の歯科・口腔外科領域への応用, 日本歯科医学会誌 第30巻 (印刷中)
<総説・その他>
総説英文
  1. Ogasawara T, Mori Y, Abe M, Suenaga H, Kawase-Koga Y, Saijo H, Takato T. Role of cyclin-dependent kinase (Cdk)6 in osteoblast, osteoclast, and chondrocyte differentiation and its potential as a target of bone regenerative medicine. Oral Sci Int. 2011 May; 8(1):2-6.
総説和文
  1. 矢野文子, 北條宏徳, 鄭雄一:細胞シート工学を用いた新規軟骨再生誘導剤による関節軟骨再生法の開発. Clinical Calcium vol21. No.6, 2011, 75-82
<学会発表>
国内学会
  1. 金澤三四朗,西澤悟,高戸毅,星和人:軟骨基質産生の指標となりうるグリア線維性酸性タンパクの耳介軟骨細胞における役割.第10回日本再生医療学会総会 2011年3月2−3日 京王プラザホテル, 東京
  2. 菅哲徳, 池田敏之, 斉藤琢, 矢野文子, 深井厚, 北條宏徳, 小笠原徹, 緒方直史, 中村耕三, 鄭雄一, 川口浩:軟骨分化蛍光モニタリング細胞株ATDC5-C2ERの樹立と新規軟骨分化誘導因子SNX19の同定. 第24回日本軟骨代謝学会 2011年3月4−5日 九州大学医学部百年講堂, 福岡
  3. 深井厚, 河村直洋, 斎藤琢, 大島寧, 池田敏之, 釘宮典考, 矢野文子, 緒方直史, 中村耕三, 鄭雄一, 川口浩:軟骨細胞のAkt1シグナルは軟骨内骨化過程において生理的・病的な軟骨石灰化を促進する. 第16回日本軟骨代謝学会  2011年3月4−5日 九州大学医学部百年講堂, 福岡
  4. 金澤三四朗, 西澤悟, 永田悟, 高戸毅, 星和人:培養耳介軟骨細胞における基質産生の指標となるGFAPの分子生物学的な意義とそれを用いた品質管理法の確立. 第65回日本口腔科学会学術集会 2011年4月21−22日 タワーホール船堀, 東京
  5. 石渡靖夫, 須佐美隆史, 橋本幸治, 古川幸枝, 大久保和美, 長濱浩平, 内野夏子, 高橋直子, 上床喜和子, 高戸毅:片側唇顎口蓋裂症例における歯科矯正治療の有効性の評価.    第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2011年5月25−26日 朱鷺メッセ, 新潟
  6. 内野夏子, 須佐美隆史, 大久保和美, 長濱浩平, 高橋直子, 上床喜和子, 西條英人, 森良之, 高戸毅:上顎前方牽引とマルチブラケット法により歯科矯正治療を行った片側性唇顎口蓋裂症例. 第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2011年5月25−26日 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター, 新潟
  7. 西條英人,杉山円,瀬戸一郎,古賀陽子,大久保和美,長濱浩平,星和人,森良之,須佐美隆史,高戸毅:吸収性メッシュトレーとPCBMを用いた斜顔裂二次形成術の経験. 第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2011年5月25−26日 朱鷺メッセ, 新潟
  8. 真野樹子, 時岡一幸,  根岸亜矢子,  田中藍,  松本美樹,  岡安麻里,  重松久夫,  中塚貴志 , 坂下英明,  須田直人:明海大学病院と埼玉医科大学病院でおこなっている術前顎矯正の概要. 第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2011年5月25−26日 朱鷺メッセ, 新潟
  9. 阿部雅修, 森良之, 西條英人, 安部貴大, 杉山円, 古賀陽子, 高戸毅:口腔前癌病変悪性化におけるエピジェネティクスを指標としたリスクマーカーのゲノム網羅的探索.第35回日本頭頸部癌学会 2011年6月8−10日 ウィンクあいち,名古屋
  10. 小松紀子, 古賀陽子, 齋藤健太郎, 阿部雅修, 安部貴大, 西條英人, 森良之, 高戸毅:顎下部腫脹から発見されたHIV関連バーキットリンパ腫の一例.第35回日本頭頸部癌学会 2011年6月8−10日 ウィンクあいち,名古屋
  11. 田村和美, 須佐美隆史, 森 良之, 松川紗都, 古賀陽子, 高戸 毅.口腔ケアを行った進行性骨化性線維異形成症(FOP)の1症例.第8回日本口腔ケア学会学術大会.2011年6月18−19日,  東京大学 安田講堂・山上会館, 東京.
  12. 矢野文子, 北條宏徳, 大庭伸介, 池田敏之, 斎藤琢, 高戸毅, 川口浩, 鄭雄一:新規低分子化合物チエノインダゾール誘導体はRunx1とSox trioを介して関節軟骨再生を誘導する. 第24回日本動物細胞工学会 2011年7月22−23日 東京大学本郷キャンパス 山上会館,東京
  13. 北條宏徳、矢野文子、大庭伸介、米澤貴之、禹済泰、池田敏之、斎藤琢、高戸毅、川口浩、鄭雄一:Oxytetracyclineの軟骨細胞分化に対する作用解析.第24回日本動物細胞工学会 2011年7月22−23日 東京大学本郷キャンパス 山上会館,東京
  14. 岡安麻里,  林田千代美, 中谷地舞, 佐藤卓也, 伊東順太, 須田直人, 羽毛田慈之:破骨細胞分化は細胞外cholesterolに依存し, low density lipoprotein receptor欠損マウスは破骨細胞の融合障害に起因した骨量増加をみる. 第29回骨代謝学会学術集会 2011年7月28−30日 大阪国際会議場, 大阪
  15. 林田千代美,  佐藤卓也,  岡安麻里,  中谷地舞,  伊東順太,  羽毛田慈之:株化骨細胞MLO-Y4はOPG以外の液性の破骨細胞形成抑制因子を産生する.  第29回骨代謝学会学術集会 2011年7月28−30日 大阪国際会議場, 大阪
  16. 菅野勇樹、西條英人、高戸毅:両側顎関節強直症に対し、人工下顎頭を応用した1例. 上顎洞底挙上術における移植材料としての自家骨と連通多孔体HA混合自家骨の検討(第1報). 第14回日本先進インプラント医療学会学術大会. 2011年9月11日 東京医科歯科大学M&Dタワー,東京
  17. 岡安麻里,  林田千代美, 中谷地舞, 佐藤卓也, 伊東順太, 須田直人, 羽毛田慈之:LDL受容体欠損はAtp6v0d2を介する破骨細胞融合を抑制し骨量を増加する. 第54回歯科基礎医学会学術大会・総会 2011年9月30−10月2日 長良川国際会議場, 岐阜
  18. 大宅彩, 小川卓也, 阿彦希, 佐藤麻緒, 片岡恵一, 井口隆人, 小林起穂, 東堀紀尚, 春山直人, 馬場祥行, 森山啓司:当分野の口蓋裂症例における合併症状に関する検討.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議 2011年10月17−20日 名古屋国際会議場, 愛知
  19. 岡安麻里,  林田千代美, 中谷地舞, 鐘ヶ江晴秀, 須田直人, 羽毛田慈之: Low Density Lipoprotein Receptor欠損マウス(LDLR.第70回日本矯正歯科学会大会 2011年10月17―20日 名古屋国際会議場 愛知-KO)における破骨細胞融合障害と骨量増加. 第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議 2011年10月17−20日 名古屋国際会議場, 愛知
  20. 富永直子, 川元龍夫, 小佐野仁志, 草間幹夫, 井口隆人, 伊藤洋介, 森山啓司:上顎歯槽骨延長部位への歯の移植に高気圧酸素治療が与える影響.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議 2011年10月17−20日 名古屋国際会議場, 愛知
  21. 長濱浩平, 須佐美隆史,  大久保和美,  高橋直子,  岡安麻里, 内野夏子,  上床喜和子, 高戸毅:頭蓋顔面先天異常におけるCTデータを基にしたセファログラムの有用性.  第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議 2011年10月17−20日 名古屋国際会議場, 愛知
  22. 安部貴大, 小林明男, 佐藤毅, 福島洋介, 堀直子, 依田哲也, 高戸毅:口内炎発症における唾液中ストレス因子の検討と概日リズム変動への影響.第56回日本口腔外科学会総会・学術大会 2011年10月21−23日 大阪国際会議場, 大阪
  23. 古賀陽子, 長野峻志, 齋藤健太郎,小宮山雄介, 菅野勇樹, 西條英人, 森良之, 高戸毅:下顎に発生し家族性に認められた小児筋線維腫症の一例. 第56回日本口腔外科学会総会・学術大会 2011年10月21−23日 大阪国際会議場, 大阪
  24. 杉山円, 西條英人, 古賀陽子, 長野峻志, 菅野勇樹, 末永英之, 安部貴大, 星和人, 森良之, 高戸毅:顎裂骨部骨移植における下鼻甲介切除症例の検討.2011年10月21−23日 大阪国際会議場, 大阪
  25. 長野峻志, 安部貴大, 末永英之, 阿部雅修, 小宮山雄介, 菅家康介 , 杉山円, 西條英人, 森良之, 高戸毅:デイサージェリーによる下顎形成術で術後気道狭窄をきたし緊急止血術を行った1例. 第56回日本口腔外科学会総会・学術大会 2011年10月21−23日 大阪国際会議場, 大阪
  26. 大久保和美,須佐美隆史,森良之,西條英人,長濱浩平,岡安麻里,高戸毅:二段階下顎骨延長・上顎骨切り術とオトガイ形成術を行った両側性hemifacial microsomiaの1症例. 第29回 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会  2011年11月24−25日 グランドプリンスホテル高輪, 東京
  27. 菅野勇樹,西條英人,斎藤健太郎,古賀陽子,杉山 円,安部貴大,瀬戸一郎,森 良之,高戸 毅: 片側性唇顎口蓋裂患者に対し,チタンメッシュを併用し,インプラント治療を行った 1 例. 第15回 日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会.2011年12月3−4日 幕張メッセ,千葉
  28. 平松信旭, 古賀陽子, 菅野勇樹, 七條なつ子, 西條英人, 星和人, 高戸毅:男児に発症した基底細胞母斑症候群の1例.  第192回日本口腔外科学会関東地方会 2011年12月10日 日本大学歯学部1号館, 東京 
  29. 七條 なつ子, 菅野 勇樹, 古賀 陽子, 星 和人, 西條 英人, 森 良之, 高戸 毅:グルコース 6 リン酸脱水素酸素欠損症患者に対して下顎智歯抜歯術を施行した 1 例. 第192回日本口腔外科学会関東地方会 2011年12月10日 日本大学歯学部1号館, 東京
国際学会
  1. Nagahama K, Susami T, Takahashi N, Uchino N, Ohkubo K, Saijo H, Mori Y, Takato T :A new cephalometric method using CT data for the evaluation of craniofacial dismorphology. Australian Cleft Lip and Palate Association and Asian Pacific Cleft Lip and Palate/Craniofacial Congress 2011, March 13-16, 2011, Perth, Australia, Burswood Entertainment Complex
  2. Susami T, Mori Y, Saijyo H, Ohkubo K, Suenaga H, Kanno Y, Nagahama K, Takahashi N, Uchino N, Uwatoko K, Takato T. :Long-term outcome of a case with progressive condylar resorption treated by maxilla-mandibular osteotomies and distraction. 21st Meeting of the Japanese Society for Jaw Deformities. June 16-17, 2011, Tokyo, Japan.
  3. Takato, T, Mori, Y, Saijo H, Seto, I, Kanno, Y, Kurabayashi, K, Sugiyama M, Susami, T, Ohkubo K, Okayasu M, Uchino N, Nishizawa S, Fujihara Y, Hoshi K 'Implant-Type Tissue-Engineered Cartilage Applied For The Correction Of The Cleft Lip-Nose Patients', in Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society Asia Pacific Meeting 2011, August 3-5, Singapore, Waterfront Conference Centre.
  4. Mori Y, Susami T, Saijo H, Ohkubo K, Kanno Y, Suenaga H, Seto I, Hoshi K, Takato T.:A 2-stage surgery combining mandibular distraction with a Le Fort I maxillary osteotomy in a patient with hemifacial microsomia. 9th European Craniofacial Congress, September 14-17, 2011, Salzburg, Austria, Salzburg Congress.
  5. Susami T, Mori Y, Ohkubo K, Nagahama K, Saijo H, Takahashi N, Uchino N, Okayasu M, Uwatoko K, Seto I, Takato T. :Outcome of the Surgical-Orthodontic Treatment for Cleft Patients using the Two-Stage Maxillary Distraction -Mandibular Setback Osteotomies. 9th European Craniofacial Congress, September 14-17, 2011, Salzburg, Austria.
  6. Susami T, Ohkubo K, Nagahama K, Takahashi N, Uchino N, Okayasu M, Uwatoko K, Seto I, Saijo H, Mori Y, Takato T. :Maxillary Protraction in Patients with Cleft Lip and Palate: Evaluation after Facial Growth. 9th European Craniofacial Congress, September 14-17, 2011, Salzburg, Austria.
  7. Susami T, Saito I, Asahito T, Uchiyama T, Kawakami S, Nishio J, Tanne K. :The Progress of Inter-centre Collaborative Studies for Cleft Care in Japan (Japancleft). 9th European Craniofacial Congress, September 14-17, 2011, Salzburg, Austria.
  8. Takato T, Mori Y, Saijo H, Kanno Y, Kurabayashi K, Sugiyama M, Susami T, Ohkubo K, Okayasu M, Uchino N, Nishizawa S, Fujihara Y, Hoshi K. :Implant-type tissue-engineered cartilage applied for the nasal correction of the cleft lip and palate patients. 9th European Craniofacial Congress, September 14-17, 2011, Salzburg, Austria, Salzburg Congress.
  9. Hirata M, Kugimiya F, Fukai A, Saito T, Mabuchi A, Sapkota BR, Akune T, Yano F, Ikeda T, Nishida N, Yoshimura N, Nakagawa T, Nakamura K, Tokunaga K, Chung UI, and Kawaguchi H.:C/EBP-β and RUNX2 in chondrocytes control cartilage degradation. 2011 Gordon Research Conference: Cartilage Biology & Pathology. March 6-11, 2011, Ventura, CA, USA
  10. Hirata M, Kugimiya F, Fukai A, Saito T, Mabuchi A, Sapkota BJ, Akune T, Yano F, Ikeda T, Nishida N, Yoshimura N, Nakagawa T, Nakamura K, Tokunaga K, Chung UI, Kawaguchi H:C/EBP-β and RUNX2 cooperatively control cartilage degradation with MMP-13 as the target and HIF-α as the inducer in chondrocytes. 2011 annual meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, September 16-20, 2011, San Diego, California, USA, San Diego Convention Center
  11. Ogasawara T, Ohba S, Yano F, Kawaguchi H, Abe T, Takato T, Hoshi K. :Nanog promotes osteogenic differentiation of mesenchymal cells by modulating bone morphogenetic protein (BMP) signaling. 2011 annual meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, September 16-20, 2011, San Diego, California, USA, San Diego Convention Center
  12. Okayasu M, Hayashida C, Nakayachi M, Sato T, Ito J, Suda N, Hakeda Y. :Osteoclastogenesis is Highly Dependent on Exogenous Cholesterol, and Deficiency of Low Density Lipoprotein Receptor in Mice Causes Impaired Osteoclastic Cell Fusion and Increase in Bone Mass. 2011 annual meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, September 16-20, 2011, San Diego, California, USA, San Diego Convention Center
<シンポジウム・講演>
  1. Susami T, Nagahama K, Ohkubo K, Takahashi N, Uchino N, Uwatoko K, Takato T.:Orthodontic strategy for patients with cleft lip and palate (symposium). 7th Asian Paciffic Cleft Lip and Palate Craniofacial Congress. March 13-16, 2011, Perth, Australia.
  2. Saito I, Asahito T, Ono K, Susami T. :The progress of inter-center collaborative studies in Japan (symposium). 7th Asian Paciffic Cleft Lip and Palate Craniofacial Congress. March 13-16, 2011, Perth, Australia.
  3. Takato T: Orthognathic surgery of hemifacial microsomia. Second Seoul symposium on hemifacial microsomia KSPRS Precongress Symposium. November 10,2011,Seoul,Korea.
  4. Takato T: Implant-type tissue-engineered cartilage applied for the correction of the cleft lip-nose patients. 69th Annual Conference of the Korean Society of Plastic and Reconstructive Surgeons. November 11-13,2011,Seoul,Korea
  5. 古賀陽子:造血幹細胞移植患者の口腔有害事象に対する予防処置 −移植治療前の処置としての抜歯の適応基準を中心に−. 第8回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2011年6月18−19日 東京大学 安田講堂・山上会館, 東京
  6. 高戸毅:骨軟骨再生医療の現状と展望.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議 日本学術会議歯学委員会シンポジウム 2011年10月18日 名古屋国際会議場,名古屋
  7. 西條英人:口蓋形成術の基本術式. ミニレクチャー16 第56回日本口腔外科学会総会・学術大会 2011年10月21‐23日 大阪国際会議場 大阪
<受賞>
  1. 第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議 優秀発表賞.岡安麻里,  林田千代美, 中谷地舞, 鐘ヶ江晴秀, 須田直人, 羽毛田慈之: Low Density Lipoprotein Receptor欠損マウス(LDLR-KO)における破骨細胞融合障害と骨量増加. 第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議 2011年10月17−20日 名古屋国際会議場, 愛知