サイトマップ
住所・お問い合わせ
東京大学医学部附属病院
口腔顎顔面外科・矯正歯科
〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
TEL 03(3815)5411
内線33714
FAX 03(5800)6832
なお、医療関係のご質問は一切お受けできませんので、あらかじめご了承下さい。
受診希望の方は、予約センター
TEL 03(5800)8630
までお願い致します。

業績

教室の業績

過去の業績

当教室の業績です。

2010年

<著書>
  1. 阿部雅修:口唇に腫瘤のできた患者が来院したら?医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202, 12-13 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  2. 小笠原徹:ビスフォスフォネートを服用している患者が来院したら? 医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202, 191 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  3. 小笠原徹:注意すべき骨系統疾患患者が来院したら? 医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202, 195 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  4. 古賀陽子:嘔吐反射の強い患者が来院したら? 医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202, 191 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  5. 西條英人,高戸毅:インプラント埋入時(一次手術)、骨結合が得られなかった.「こんな事故が起こったらポケットブック トラブルVSリカバリー」 山口秀紀,辻本恭久,坪田有史,横尾聡編集 デンタルダイヤモンド社,東京,72-73,2010.
  6. 西條英人,高戸毅:インプラント二次手術時に付着歯肉が喪失していた.「こんな事故が起こったらポケットブック トラブルVSリカバリー」,74-75, 山口秀紀,辻本恭久,坪田有史,横尾聡編集,デンタルダイヤモンド社,東京, 2010.
  7. 西條英人:インプラントが破折した患者が来院したら? 医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202, 163 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  8. 西條英人:インプラントが上顎洞に迷入してしまったら? 医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202,167 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  9. 西條英人:上顎洞底拳上手術後に頬部に違和感を訴えたら? 医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202,169 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  10. 西條英人:口唇裂・口蓋裂の患者が来院したら? 医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202 高戸毅監修、金原出版株式会社,東京,2010.
  11. 須佐美隆史:将来的に顎変形症の手術が必要になりそうな患者が来院したら? 医師・歯科医師のための口腔診療必携−困ったときのマニュアル・ヒント集202,50 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  12. 須佐美隆史:鰓弓由来症候群の患者が来院したら? 医師・歯科医師のための口腔診療必携−困ったときのマニュアル・ヒント集202,203 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  13. 瀬戸一郎,飯塚建行:プレートの種類と手術による使い分け 骨折と顎変形症,別冊 一般臨床家 口腔外科医のための口腔外科ハンドマニュアル クインテッセンス社 2010 p.203-210.
  14. 煖エ路子:声が鼻に漏れていると言われた患者が来院したら? 医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202, 110 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  15. 煖エ路子:口蓋垂が2つに割れている患者が来院したら? 医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202, 111 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  16. 長濱浩平:歯のせいで肩がこると言われたら? 医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202, 100 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  17. 長濱浩平:口腔・顔面写真撮影のポイントは? 医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202, 245 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  18. 森良之:口腔粘膜に白斑のある患者が来院したら?医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202, 9 高戸毅 監修, 金原出版, 東京, 2010.
  19. 森良之,高戸毅,須佐美隆史:「3.下顎関節突起骨折における保存的治療」,形成外科診療プラクティス 顔面骨骨折の治療の実際,平野明喜/一瀬正治/保坂善昭編集,文光堂 2010,pp286-289.
<原著・症例報告>
原著・症例報告英文
  1. Aoki A, Kawamoto T, Aoki K, Inokuchi T, Kudoh A, Nagahama K, Baba Y,Suzuki S, Ohya K, Moriyama K. A mount of bone lengthening affects blood flow recovery and bone mineralization after distraction osteogenesis in a canine cleft palate model. Cleft Palate Craniofac J. 2010 May; 47:303-13.
  2. Broggini N, Hofstetter W, Hunziker E, Bosshardt DD, Bornstein MM, Seto I, Weibrich G, Buser D: The Influence of PRP on Early Bone Formation in Membrane Protected Defects. A Histological and Histomorphometric Study in theRabbit Calvaria. Clin Implant Dent Relat Res.2010 13: 1-12.
  3. Fujihara H, Chikazu D, Saijo H, Suenaga H, Mori Y, Iino M, Hamada Y, Takato T.Metastasis of hepatocellular carcinoma into the mandible with radiographic findings mimicking a radicular cyst: a case report. J Endod. 2010 Sep;36:1593-6.
  4. Fujihara Y, Takato T, Hoshi K. Immunological response to tissue-engineered cartilage derived from auricular chondrocytes and a PLLA scaffold in transgenic mice. Biomaterials. 2010 Feb;31:1227-34.
  5. Fukai A, Kawamura N, Saito T, Oshima Y, Ikeda T, Kugimiya F, Higashikawa A, Yano F, Ogata N, Nakamura K, Chung UI, Kawaguchi H. Akt1 in murine chondrocytes controls cartilage calcification during endochondral ossification under physiologic and pathologic conditions. Arthritis Rheum. 2010 Mar;62:826-36.
  6. Gutwald R, Haberstroh J, Stricker A, Rüther E, Otto F, Xavier SP, Oshima T, Marukawa E, Seto I, Enomoto S, Hoogendijk CF, Schmelzeisen R, Sauerbier S: Influence of rhBMP-2 on bone formation and osseointegration in different implant systems after sinus-floor elevation. An in vivo study on sheep. J Craniomaxillofac Surg. 2010 Dec;38:571-9.
  7. Hojo H, Yano F, Ohba S, Igawa K, Nakajima K, Komiyama Y, Kan A, Ikeda T, Yonezawa T, Woo JT, Takato T, Nakamura K, Kawaguchi H, Chung UI. Identification of oxytetracycline as a chondrogenic compound using a cell-based screening system. J Bone Miner Metab. 2010 Nov;28:627-33.
  8. Inokuchi T, Kawamoto T, Aoki K, Aoki A, Nagahama K, Baba Y, Suzuki S, Shibayama M, Mano Y, Ohya K, Moriyama K. The effects of hyperbaric oxygen on tooth movement into the regenerated area after distraction osteogenesis. Cleft Palate Craniofac J. 2010 Jul; 47:382-92.
  9. Iwata K, Asawa Y, Fujihara Y, Tanaka Y, Nishizawa S, Nakagawa T, Nagata S, Takato T, Hoshi K. The effects of rapid- or intermediate-acting insulin on the proliferation and differentiation of cultured chondrocytes. Curr Aging Sci. 2010 Feb;3:26-33.
  10. Kawase-Koga Y, Low R, Otaegi G, Pollock A, Deng H, Eisenhaber F, Maurer-Stroh S, Sun T. RNAase-III enzyme Dicer maintains signaling pathways for differentiation and survival in mouse cortical neural stem cells. J Cell Sci. 2010;123:586-94.
  11. Kimura A, Inose H, Yano F, Fujita K, Ikeda T, Sato S, Iwasaki M, Jinno T, Ae K, Fukumoto S, Takeuchi Y, Itoh H, Imamura T, Kawaguchi H, Chung UI, Martin JF, Iseki S, Shinomiya K, Takeda S. Runx1 and Runx2 cooperate during sternal morphogenesis. Development. 2010 Apr;137:1159-67.
  12. Mori Y, Ogasawara T, Motoi T, Shimizu Y, Chikazu D, Tamura K, Fukumoto S, Takato T. :Tumor-induced osteomalacia associated with a maxillofacial tumor producing fibroblast growth factor 23: report of a case and review of the literature. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 109:e57-e63, 2010.
  13. Mori Y, Yano F, Shimohata N, Suzuki S, Chung UI, Takato T: Trehalose inhibits oral dryness by protecting the cell membrane. Int J Oral Maxillofac Surg 39; 916-921,2010.
  14. Nakajima K, Komiyama Y, Hojo H, Ohba S, Yano F, Nishikawa N, Ihara S, Aburatani H, Takato T, Chung UI. Enhancement of bone formation ex vivo and in vivo by a helioxanthin-derivative. Biochem Biophys Res Commun. 2010 May 14;395: 2010 Apr 9. Erratum in: Biochem Biophys Res Commun. 2010 Jul 2;397:631. Ihara, Sigeo [added].
  15. Nakashima Y, Haga N, Kito H, Kamizono J, Tozawa K, Katagiri T, Susami T, Fukushi J, Iwamoto Y. Deformity of the great toe in fibrodysplasia ossificans progressiva. J Orthop Sci. 15: 804-9, 2010.
  16. Saijo H, Mori Y, Fujihara H, Kanno Y, Chikazu D, Ohkubo K, Hikiji H, Iino M, Yonehara Y, Takato T:Evaluation and analysis of bone formation at palate of cleft lip and palate patients after palatoplasty based on computed tomographic scanning and three dimensional data.:Scand J Plast Reconstr Surg Hand SURG2010 Feb;44:21-25.
  17. Saijo H, Kanno Y, Mori Y, Chikazu D, Iino M, Takato T.; A bone harvesting method involving a surgical template prepared using a three-dimensional model.Asian. J. Oral.Maxillofac. Surg 2010; 22: 20-22.
  18. Saito T, Fukai A, Mabuchi A, Ikeda T, Yano F, Ohba S, Nishida N, Akune T, Yoshimura N, Nakagawa T, Nakamura K, Tokunaga K, Chung UI, Kawaguchi H. Transcriptional regulation of endochondral ossification by HIF-2alpha during skeletal growth and osteoarthritis development. Nat Med. 2010 Jun;16:678-86. Epub 2010 May 23.PMID: 20495570.
  19. Tanaka Y,Yamaoka H, Nishizawa S, Nagata S, Ogasawara T, Asawa Y, Fujihara Y, Takato T, Hoshi K. The optimization of porous polymeric scaffolds for chondrocyte/atelocollagen based tissue-engineered cartilage. Biomaterials. 2010Jun;31:4506-16.
  20. Yamaoka H, Tanaka Y, Nishizawa S, Asawa Y, Takato T, Hoshi K. The application of atelocollagen gel in combination with porous scaffolds for cartilage tissue engineering and its suitable conditions. J Biomed Mater Res A. 2010Apr;93:123-32.
  21. Yonenaga K, Nishizawa S, Akizawa M, Asawa Y, Fujihara Y, Takato T, Hoshi K.Utility of NucleoCounter for the chondrocyte count in the collagenase digest of human native cartilage. Cytotechnology. 2010 Dec;62:539-45.
  22. Yonenaga K, Nishizawa S, Fujihara Y, Asawa Y, Sanshiro K, Nagata S, Takato T, Hoshi K. The optimal conditions of chondrocyte isolation and its seeding in the preparation for cartilage tissue engineering. Tissue Eng Part C Methods. 2010 Dec;16(6):1461-9.
  23. Thoren H, Seto I, Iizuka T: Patterns of frontobasal and frontal sinus fractures in children and their relationship to the developmental stage of the facial skeleton. Arch Otolaryngol Head and Neck Surg 13 (in press).
  24. Uchiyama T, Yamashita Y, Susami T, Kochi S, Suzuki S, Takagi R, Tachimura T, Nakano Y, Shibui T, Michi K, Nishio J, Hata Y: Primary treatment for cleft lip and /or palate in children in Japan. Cleft Palate-Craniofac J (in press).
原著和文
  1. 小笠原徹, 大庭伸介:細胞周期制御を利用した骨粗鬆症治療法開発のための基礎的研究 Osteoporosis Japan Vol.18, No.4, 2010, 675-677.
  2. 須佐美隆史,長濱浩平,大久保和美,高橋直子,松崎雅子,森良之,高戸毅:口唇口蓋裂患者における歯科矯正治療に関するアンケート調査−動的矯正治療を終了した患者を対象に.日口蓋誌 35: 41-55, 2010.
  3. 末永英之,チャンフィーホワン,杉山円,宇波雅人,高橋直子,長濱浩平,大久保和美,瀬戸一郎,小笠原徹,森良之,廖 洪恩,正宗賢,土肥健純,高戸毅. 患者と3次元立体画像を重ね合わせる拡張現実感表示技術の歯科・口腔外科領域への応用 日本歯科医学会誌 第30巻 (in press).
<総説・その他>
  1. Hojo H, Ohba S, Yano F, Chung UI. Coordination of chondrogenesis and osteogenesis by hypertrophic chondrocytes in endochondral bone development. J Bone Miner Metab. 2010 Sep;28:489-502. Epub 2010 Jul 6. Review.PMID: 20607327.
  2. 片桐岳信,神薗淳司,中島康晴,鬼頭浩史,須佐美隆史,芳賀信彦: BMPシグナルと進行性骨化性線維異形成症.Clinical Calcium 20 (10): 62-69, 2010.
  3. 須佐美隆史,朝日藤寿一,齋藤功: Goslon Yardstick日本セミナー.日口蓋誌 35: 76-79, 2010.
  4. 森良之,高戸毅:下顎再建における骨延長術の応用.口腔腫瘍 22:145-148, 2010.
<学会発表>
国内学会
  1. 小笠原徹, 星和人, 高戸毅:間葉系細胞においてNanogはBMPシグナルのModulatorとして機能する. 第9回日本再生医療学会総会 2010年3月18-19日 広島国際会議場 広島.
  2. 古賀陽子,Sun Tao, 近津大地,小笠原徹,西條英人,阿部雅修,末永英之,森 良之,高戸 毅 : マウス大脳皮質の発生過程におけるmicroRNAの生物学的機能解析. 第9回日本再生医療学会総会 2010年3月18-19日 広島国際会議場 広島.
  3. 川風m介,釘宮典孝,筑田博隆,池田敏之,斎藤琢,矢野文子,中村耕三,鄭雄一,川口浩 :cGMP-dependent kinase II(cGKII)はGSK3βをリン酸化・不活化することによって軟骨細胞の肥大分化を制御する.第23回 日本軟骨代謝学会 2010年4月2-3日 鹿児島県医師会館 鹿児島.
  4. 平田真, 釘宮典孝, 深井厚, 大庭伸介, 河村直洋, 小笠原徹, 川崎洋介, 斉藤琢, 矢野文子, 池田敏之, 中村耕三, 鄭雄一, 川口浩:C/EBPβ / p57シグナルは軟骨細胞における増殖から肥大分化への移行を制御する. 第23回日本軟骨代謝学会 2010年4月2-3日 鹿児島県医師会館 鹿児島.
  5. 竹山雅規,渡邊直子,朝日藤寿一,森田修一,毛利環,小野和宏,高木律男,齋藤力,幸地省子,須佐美隆史,齋藤功: 新潟大学における片側性唇顎口蓋裂患者のGoslon Yardstickを用いた咬合評価と矯正治療内容との関連性.第34回日本口蓋裂学会総会・学術集会2010年5月27-28日 北とぴあ 東京.
  6. 西條英人,菅野勇樹,斉藤健太郎,宇波雅人,大久保和美,高橋路子,平野友紀子,長濱浩平,近津大地,森良之,須佐美隆史,高戸毅:粘膜下口蓋裂の診断基準に関する検討−第1報:骨欠損に関して−.第34回日本口蓋裂学会総会2010年5月27-28日 北とぴあ 東京.
  7. 内野夏子,須佐美隆史,大久保和美,長濱浩平,高橋直子,上床喜和子,荻原祐二,松崎雅子,杉山円,大木明子,西條英人,近津大地,森良之,高戸毅:口唇裂・口蓋裂患者に用いる接着ブリッジ. 第34回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2010年5月27-28日 北とぴあ 東京.
  8. 杉山円,西條英人 ,近津大地,前田祐二郎,菅野勇樹,斎藤健太郎,長濱浩平,大久保和美,高橋路子,平野友紀子,森良之,須佐美隆史,高戸毅 :上顎体に伴う広い裂幅の口蓋裂に対する口蓋形成術−2例の経験−. 第34回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2010年5月27-28日 北とぴあ 東京.
  9. 長濱浩平,須佐美隆史,朝日藤寿一,幸地省子,坂本輝雄,倉田和之,石渡靖夫,高戸毅,齋藤功:片側性口唇口蓋裂患者における矯正歯科治療に関するアンケート調査−動的治療後の多施設共同研究−. 第34回 日本口蓋裂学会総会 2010年5月27-28日 北とぴあ 東京.
  10. 煖エ(市川)直子,須佐美隆史,長濱浩平,大久保和美,上床喜和子,森良之,高戸毅 :Hemifacial microsomiaの下顎骨形成不全の検討―パノラマX線写真と3D-CT画像の比較. 第20回日本顎変形症学会 2010年6月15-16日 札幌プリンスホテル国際館パミール 北海道.
  11. 大木明子,山越典雅,門田千晶,煬ヒ毅:広範囲にわたる顎顔面部腫瘍切除再建後のエピテーゼの1例.第27回日本顎顔面補綴学会 岡山大学 岡山 2010年6月18日.
  12. 斎藤忠仁, 小笠原徹, 森良之, 近津大地, 阿部雅修, 末永英之, 白土博司, 高戸毅, 米原啓之:間葉系細胞においてNanogはBMPシグナルを増強する.(学会賞優秀発表賞受賞) 第64回日本口腔科学会学術集会 2010年6月24-25日 札幌プリンスホテル国際館パミール 北海道.
  13. 平野友紀子,煖エ路子,煬ヒ毅:構音訓練が長期化した4症例について.第11回 日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会 2010年6月26-27日 大宮ソニックシティー 埼玉.
  14. 菅家康介,森 良之,末永英之,阿部雅修,杉山 円,宇波雅人,古賀陽子,瀬戸一郎,西條英人,高戸 毅:小児に生じた慢性下顎骨骨髄炎の1例,第44 回NPO 法人日本口腔科学会関東地方部会 平成22年9月4日 明海大学浦安キャンパス 千葉.
  15. 須佐美隆史,森良之,田村和美,大久保和美,長濱浩平,高橋直子,内野夏子,上床喜和子,高戸毅,芳賀信彦: 進行性骨化性線維異形成症(FOP)の1症例: 8歳から21歳までの経過.第69回日本矯正歯科学会大会.2010年9月27-29日 パシフィコ横浜 神奈川.
  16. 平田真,釘宮典孝,深井厚,斎藤琢,菅哲徳,東川晶郎,矢野文子,池田敏之,中村耕三,鄭雄一,川口浩:C/EBPβはRunx2と強調してMMP13を転写誘導し、骨格成長や変形性関節症を制御する.第25回 日本整形外科基礎学術集会 2010年10月14-15日 国立京都国際会館 京都.
  17. 古賀陽子,阿部雅修,菅野勇樹,斉藤健太郎,西條英人,近津大地,飯野光喜,森良之,高戸毅:下顎枝後方切開を用いた下顎骨関節突起基部骨折の治療経験. 第55回日本口腔外科学会総会・学術大会 2010年10月16-18日 幕張メッセ 千葉.
  18. 須佐美隆史,森良之,大久保和美,長濱浩平,西條英人,高戸毅:口唇口蓋裂患者における二段階上顎骨延長・下顎後方移動術を用いた 外科的矯正治療の治療結果.第28回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会.2010年10月28-29日 京都大学吉田キャンパス 百周年時計台記念館 京都.
国際学会
  1. Fukai A, Kawamura N, Saito T, Oshima Y, Ikeda T, Yano F, Ogata N, Nakamura K, Chung UI, Kawaguchi H. Akt in chondrocytes controls cartilage calcification during skeletal growth and asteophyte formation in osteoarthritis. 56 th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society (ORS) 2010. 3.6-9 New Orleans, Louisiana, USA.
  2. Oki M, Yamakoshi N, Suenaga H, Takato T:The Fabrication of Ocular Prostheses Using Rapid Manufacturing Method.9th Meeting of International Congress on Maxillofacial Rehabilitation 2010. 5.19 Sestri Levante, Italy.
  3. Kawase-Koga Y, Otaegi G, Pollock A, Chikazu D, Takato T, Tao Sun Functional analysis of microRNAs in mouse cortical neural stem cells International Society for Stem Cell Research 2010. 6.16-19 San Francisco, CA, USA.
  4. Takato T, Kanno Y, Saijo H, Igawa K, Seto I, Mori Y, Ohkubo K, Sasaki N, Suzuki S, Chung UI. Maxillofacial reconstruction using custom-made artificialbones fabricated by inkjet printing technology. Bernd-Spiessl-Symposium 2010, 2010. 6.17-19 University of Basel-Kollegienhaus ,Switzerland.
  5. Kanno Y, Takato T, Saijo H, Igawa K, Seto I, Mori Y, Ohkubo K, Sasaki N, Suzuki S, Chung UI. A novel method for designing and fabricating custom-made artificial bones. Bernd-Spiessl-Symposium 2010, 2010. 6.17-19 University of Basel-Kollegienhaus ,Switzerland.
  6. Fukai A, Saito T, Mabuchi A, Ikeda T, Yano F, Ohba S, Nishida N, Akune T, Yoshimura N, Nakagawa T, Nakamura K, Tokunaga K, Chung UI, Kawaguchi H. HIF2A/NF-kapa B signal in chondrocytes controls extensive steps of osteoarthritis development in mice and humans. 2010 World Cogress on Osteoarthritis (OARSI) 2010. 9.23-26 Brussels, Belgium.
  7. Hirata M, Kugimiya F, Fukai A, Saito T, Yano F, Ikeda T, Nakamura K, Chung UI, Kawaguchi H. Molecular network on the C/EBP-bete axis including Runx2, MMP13, and HIF2A controls osteoarthritis development. 2010 World Cogress on Osteoarthritis (OARSI) 2010. 9.23-26 Brussels, Belgium.
<シンポジウム・講演>
  1. Yano F:A Novel Thienoindazole-Derivative Small Compound Induces Chondrogenic Differentiation without Promoting Hypertrophy through Runx1. 7th Meeting of Bone Biology Forum 2010. 8. 20-21 Fuji Institute of Education and Training.
  2. 西條英人:ビスフォスフォネート服用患者の歯科治療におけるインフォームドコンセント.第1回 東京都支部病診連携・学術教育講演会 2010年2月11日歯科医師会館 東京.
  3. 西條英人,他:シンポジウム8「歯科領域の再生医療」 顎骨の再生医療.第9回日本再生医療学会総会 2010年3月18日 広島国際会議場 広島.
  4. 平田真,釘宮典孝,深井厚,斎藤琢,菅哲徳,東川晶郎,矢野文子,池田敏之,中村耕三,鄭雄一,川口浩:C/EBPβはRunx2と強調してMMP13を転写誘導し、骨格成長や変形性関節症を制御する.第23回 日本軟骨代謝学会 シンポジウム「軟骨変性研究のカッティングエッジ」2010年4月2-3日 鹿児島県医師会館 鹿児島.
  5. 長濱浩平: 当科における口唇口蓋裂患者に対する上顎骨延長法とその術後評価. 第20回 日本顎変形症学会総会 2010年6月15-16日 札幌プリンスホテル国際館パミール 北海道.
  6. 西條英人:ビスフォスフォネート服用患者の歯科治療におけるインフォームドコンセント.台東区歯科医師会講演会 2010年11月17日 東京都台東区歯科医師会館 東京.
  7. 高戸 毅:Dental Innovation and the Future of Oral Science.口腔医学国際シンポジウムGrand Design for Future Dentistry 2010年12月4日 アクロス福岡 4階 国際会議場 福岡.
<受賞(財団からの研究助成等を含む)>
  1. 小阪亮,上村渉,服部理恵子,山根隆志,小山博之:近赤外光を用いた新生血管網評価委基準の開発 筑波医工連携フォーラム2010,2010年1月13日.
  2. 小阪亮,上村渉,服部理恵子,山根隆志,小山博之:近赤外光を用いた新生血管網の非侵襲計測評価 産総研・産技連LS-BT合同研究発表会 2010年2月4日.
  3. 矢野文子 財団法人 中富健康科学振興財団 第22回 研究助成  「細胞シート工学を用いた新規軟骨再生誘導剤による永久軟骨再生法の開発.