サイトマップ
住所・お問い合わせ
東京大学医学部附属病院
口腔顎顔面外科・矯正歯科
〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
TEL 03(3815)5411
内線33714
FAX 03(5800)6832
なお、医療関係のご質問は一切お受けできませんので、あらかじめご了承下さい。
受診希望の方は、予約センター
TEL 03(5800)8630
までお願い致します。

業績

教室の業績

過去の業績

当教室の業績です。

2008年

<原著論文・症例報告>
  1. Abe M., Watanabe N., McDonell N., Takato T., Ohira M., Nakagawara A. and Toshikazu Ushijima.:Identification of genes targeted by CpG island methylator phenotype in neuroblastomas, and their possible integrative involvement in poor prognosis. Oncology; 74:50-60, 2008.
  2. Chikazu D., Mori Y., Saijo H., Fujihara H., Ko E.C., Hikiji H., Yonehara Y., Takato T.: A case of tumoural calcinosis in the temporomandibular joint associated with systemic sclerosis. Int J Oral Maxillofac Surg 37(2):190-193, 2008.
  3. Chikazu D., Mori Y., Saijo H., Hasegawa Y., Fujihara H., Suenaga H., Ko EC., Yonehara Y., Takato T.: Intraoral reconstruction of the soft palate following tumor resection using a mucoperiosteal flap supplied by the greater palatine vessels. Asian J Oral Maxillofac Surg 19:203-206, 2008.
  4. Fujihara Y., Koyama H., Ohba M., Tabata Y., Fujihara H., Yonehara Y., Takato T.: Controlled delivery of bFGF to recipient bed enhances the vascularization and viability of an ischemic skin flap. Wound Repair Regen 16(1):125-131, 2008.
  5. Hojo H., Igawa K., Ohba S., Yano F., Nakajima K., Komiyama Y., Ikeda T., Lichtler AC., Woo JT., Yonezawa T., Takato T., Chung UI.:Development of high-throughput screening system for osteogenic drugs using a cell-based sensor. Biochem Biophys Res Commun 14; 376(2):375-9, 2008.
  6. Iino M., Yamada H., Ishikawa H., Mami S., Shomura E., Ide F., Saito I., Mori Y.: Carcinoma ex pleomorphic adenoma of the submandibular gland: Report of a case with an unusual malignant component of clear cell squamous cell carcinoma. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod 106: e30-e34, 2008.
  7. Kawasaki Y., Kugimiya F., Chikuda H., Kamekura S., Ikeda T., Kawamura N., Saito T., Shinoda Y., Higashikawa A., Yano F., Ogasawara T., Ogata N., Hoshi K., Hofmann F., Woodgett JR., Nakamura K., Chung UI., Kawaguchi H.: Phosphorylation of GSK-3beta by cGMP-dependent protein kinase II promotes hypertrophic differentiation of murine chondrocytes. J Clin Invest 118(7):2506-15, 2008.
  8. Ohba, S., Kawaguchi, H., Kugimiya, F., Ogasawara, T., Kawamura, N., Saito, T., Ikeda, T., Fujii, K., Miyajima, T., Kuramochi, A., Miyashita, T., Oda, H., Nakamura, K., Takato, T. and Chung, U.I.: Patched1 haploinsufficiency increases adult bone mass and modulates Gli3 repressor activity. Dev Cell 14, 689-69, 2008
  9. Saijo H., Chikazu D., Mori Y., Hikiji H., Yonehara Y., and Takato T. :Metastasis of prostate cancer to the mandibular condyle. Asian J Oral Maxillofac Surg 20:86-88, 2008.
  10. Saijo H., Chung UI., Igawa K., Mori Y., Chikazu D., IinoM., and Takato T. :Clinical application of artificial bone in the maxillofacial region. J Artif Organs 11:171-176, 2008.
  11. Tamiya H., Ikeda T., Jeong JH., Saito T., Yano F., Jung YK., Ohba S., Kawaguchi H., Chung UI., Choi JY.: Analysis of the Runx2 promoter in osseous and non-osseous cells and identification of HIF2A as a potent transcription activator. Gene 15;416 (1-2):53-60, 2008.
  12. Tanaka Y., Ogasawara T., Asawa Y., Yamaoka H., Nishizawa S., Mori Y., Takato T., Hoshi K.: Growth factor contents of autologous human sera prepared by different production methods and their biological effects on chondrocytes. Cell Biol Int 32(5):505-14, 2008.
  13. Yasuda Y., Koyama H., Tabata Y., Fujihara Y., Oba M., Uchinuma E., Takato T.: Controlled Delivery of bFGF Remodeled Vascular Network in Muscle Flap and Increased Perfusion Capacity Via Minor Pedicle. J Surg Res; 147(1):132-7, 2008.
  14. Yonehara Y., Mori Y., Chikazu D., Saijo H., Takato T.:Secondary correction of bilateral cleft lip and nasal deformity by simultaneous placement of an Abbe flap, septal cartilage graft, and cantilevered iliac bone graft. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.66(3):581-588, 2008.
  15. Asawa, Y., Ogasawara, T., Takahashi, T., Yamaoka, H., Nishizawa, S., Matsudaira, K., Mori, Y., Takato, T. and Hoshi, K.: Aptitude of Auricular and Nasoseptal Chondrocytes Cultured under a Monolayer or Three-Dimensional Condition for Cartilage Tissue Engineering. Tissue Eng Part A(in press)
  16. Fujihara Y., Asawa Y., Takato T., Hoshi K. Tissue Reactions to Engineered Cartilage Based on Poly-L-Lactic Acid Scaffolds. Tissue Eng Part A (in press)
  17. Hirata M., Kugimiya F., Ohba S., Kawamura N., Ogasawara T., Kawasaki Y., Fukai A., Ikeda T., Nakamura K., Chung UI., and Kawaguchi H: C/EBPβ promotes transition from proliferation to hypertrophic differentiation of chondrocytes through transactivation of p57Kip2. PLoS ONE (in press)
  18. Iino M., Fukuda M., Nagai H., Hamada Y., Yamada H., Nakaoka K., Mori Y., Chikazu D., Saijo H., Seto I., Ohkubo K., Takato T. Evaluation of 15 mandibular reconstructions with Dumbach Titan Mesh-System and particulate cancellous bone and marrow harvested from bilateral posterior ilia. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod (in press)
  19. Liu G., Iwata K., Ogasawara T., Watanabe J., Fukazawa K., Ishihara K., Asawa Y., Fujihara Y., Chung UI., Moro T., Takatori Y., Takato T., Nakamura K., Kawaguchi H., Hoshi K. :Selection of highly osteogenic and chondrogenic cells from bone marrow stromal cells in biocompatible polymer-coated plates. J Biomed Mater Res A (in press)
  20. Dermoid cyst with fistula formation on the dorsum of the tongue  A case report.: Mori Y., Saijo H., Fujihara H., Tanaka Y., Maeda Y., Hayashi N., Chikazu D., Iino M., Takato T. Asian J Oral Maxillofac Surg (in press)
  21. Ogasawara T., Ohba S., Fujihara Y., Takahashi T., Liu G., Chikazu D., Suenaga H., Chung U.I., Yoda T., Mori Y., Susami T., Takato T., and Hoshi K. : Effects of transforming growth factor (TGF)-b1 in combination with fibroblast growth factor (FGF)-2 and insulin-like growth factor (IGF)-I on chondrocytes proliferation culture for the cartilage regenerative medicine. Asian J Oral Maxillofac Surg (in press)
  22. Suenaga H., Furukawa K.S., Takato T., Ushida T., and Tateishi T. Cell condensation and three-dimensional dynamic environment in rotation culture up-regulates osteogenic differentiation of mesenchymal stromal cells. Asian J Oral Maxillofac Surg (in press)
  23. Suenaga H., Saijo H., Chikazu D., Fujihara H., Sugiyama M., Ohkubo K., Seto I., Mori Y., Iino M., Takato T.: A case of necrotizing ulcerative stomatitis in a neutropenic patient with malignant lymphoma. Asian J Oral Maxillofac Surg (in press)
  24. Huang Z., Kawase-Koga Y., Zhang S., Visvader J., Toth M., Christopher A. Walsh and Tao Sun. Transcription factor Lmo4 defines the shape of functional areas in developing cortices and regulates sensorimotor control. Dev Biol (in press)
  25. 新垣敬一,天願俊泉,仲間錠嗣,石川拓,國仲梨香,牧志祥子,比嘉努,前川隆子,須佐美隆史,砂川元: 琉球大学医学部附属病院歯科口腔外科における口蓋形成術後の床管理の有用性について.日口蓋誌 33: 259-272, 2008.
  26. 小林正治,齊藤力,井上農夫男,大畑昇,川村仁,後藤滋巳,後藤昌昭,白土雄司,須佐美隆史,丹根一夫,橋本賢二,森山啓司,天笠光雄,氷室利彦,外木守雄: 本邦における顎変形症治療の実態調査.日顎変形誌 14: 237-250, 2008.
  27. 近津大地,森良之,引地尚子,西條英人,高戸毅.下顎枝垂直骨切り術により顎関節症状が改善した2症例.日本形成外科学会雑誌 第28巻7号:461〜465 2008.
  28. 長谷川義道,西條英人,米原啓之,中塚貴志,高戸毅.クリアーソフトティッシュ画像を用いた片側口唇口蓋裂患者における鼻軟骨形態の評価.日本形成外科学会雑誌 第28巻4号:231〜239 2008.
  29. 藤原久子, 森 良之, 大橋克己, 近津大地, 藤原夕子, 西條英人, 米原啓之, 高戸 毅:過去15年間の頭頚部扁平上皮癌患者の臨床的検討. 日本口腔診断学会雑誌 21(1):7-12, 2008.
  30. 和田満美子, 阿部雅子, 松負子, 森良之, 須佐美隆史, 高戸毅:小舌症と小下顎症を伴う1症例の構音の検討 : 下顎歯列弓拡大後の変化について 音声言語医学49(1),14-22,2008.
<総説論文>
  1. Hikiji H., Takato T., Shimizu T., Ishii S.: The roles of prostanoids, leukotrienes, and platelet-activating factor in bone metabolism and disease. Progress Lipid Res 47:107-126, 2008.
  2. Igawa K., Chung UI., Tei Y.: Development of high-performance scaffolds. Nippon Rinsho.;66(5):820-3. Japanese. 2008
  3. Igawa K.,Chung UI.,Tei Y.:Custom-made artificial bones fabricated by an inkjet printing technology.Clin Calcium.;18(12):1737-43. Japanese. 2008
  4. 飯野光喜,森 良之,近津大地,西條英人,大久保和美,高戸 毅:In Vivo tissue engineeringによる骨再建の実際.Clinical Calcium, 18:1757-1766, 2008.
<学会発表>
  1. 森良之,鄭雄一,高戸毅:トレハロースを主成分とした新規口腔粘膜組織保護液の開発.先端医療開発研究シンポジウム.2008年1月22日
  2. 浅輪 幸世,小笠原 徹,岡田 美希,渡邊 真,高戸 毅,星 和人:継代培養に伴う軟骨細胞における表面マーカーの発現変化の機序解明と軟骨細胞の品質管理への応用.第7回日本再生医療学会総会,2008年3月13-14日
  3. 田中 庸子,藤原 夕子,山岡 尚世,浅輪 幸世,西澤 悟,小笠原 徹,高戸 毅,星 和人:インプラント型再生軟骨の足場素材として用いる生分解性ポリマー多孔体の検討.第7回日本再生医療学会総会,2008年3月13-14日
  4. 藤原 夕子,飯野 光喜,高戸 毅,星 和人:再生軟骨移植におけるdonor-host相互反応の細胞学的追跡.第7回日本再生医療学会総会,2008年3月13-14日
  5. 菅野勇樹,西條英人,森 良之,末永英之,山田陽子,前田祐二郎,近津大地,飯野光喜,高戸 毅:下顎骨半側切除後のプレート再建に三次元立体モデルによりシミュレーションを施行した1例.第62回NPO法人日本口腔科学会学術集会,2008年4月17-18日
  6. 前田祐二郎,西條英人,末永英之,菅野勇樹,藤原久子,山田陽子,近津大地,森 良之,飯野光喜,高戸 毅:肉芽腫性口唇炎を主徴としたMelkersson-Rosenthal症候群の1例.第62回NPO法人日本口腔科学会学術集会,2008年4月17-18日
  7. 矢野文子,鄭 雄一,小笠原徹,近津大地,森 良之,高戸 毅:新規軟骨誘導化合物チエノインダゾール誘導体はRunx1とSox 5,6 and 9 (Sox trio)を介して軟骨分化を促進し、肥大化を抑制する.第62回NPO法人日本口腔科学会学術集会,2008年4月17-18日
  8. 青木朝里,川元龍夫,井口隆人,工藤淳夫,長濱浩平,馬場祥行,鈴木聖一,森山啓司:ビーグル犬歯槽骨延長モデルにおける組織修復様相の観察―延長量が歯髄血流回復および骨新生に及ぼす影響―.第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会,2008年5月28−29日
  9. 朝日藤寿一,佐藤嘉晃,幸地省子,倉田和之,鐘ヶ江晴秀,真野樹子,須佐美隆史,坂本輝雄,倉林仁美,石渡靖夫,岩田敏男,平野吉子,鈴木陽,齊藤功: 口唇裂口蓋裂症例の歯科矯正治療に関する多施設共同研究−歯科矯正治療後の実態調査結果について−.第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会,2008年5月28-29日
  10. 菅野勇樹,西條英人,近津大地,森 良之,飯野光喜,高戸 毅:片側口唇口蓋裂患者の硬口蓋骨欠損部におけるCTを用いた骨再生の検討.第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会,2008年5月28-29日
  11. 杉山円,須佐美隆史,森良之,大久保和美,近津大地,西條英人,高橋路子,平野友紀子,松崎雅子,仲宗根愛子,藤原久子,大木明子,引地尚子,飯野光喜,高戸毅:口唇口蓋裂症例における上顎骨骨延長の術後評価.第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2008年5月28-29日
  12. 仲真良彦,新垣敬一,天願俊泉,牧志祥子,比嘉努,仲間錠嗣,前川隆子,須佐美隆史,砂川元: 口唇口蓋裂患者における口蓋形成術後の口蓋床の役割について.第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会,2008年5月28-29日
  13. 西尾順太郎,川上重彦,内山健志,須佐美隆史,峪道代,中村典史,鈴木茂彦,高木律男,高野信夫: わが国における唇裂・口蓋裂チーム医療の現況.第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会,2008年5月28-29日
  14. 林 伸子,西條英人,菅野勇樹,末永英之,近津大地,森 良之,飯野光喜,高戸 毅:舌背部に瘻管形成を認めたEpidermoid Cystの1例,第185回日本口腔外科学会関東地方会,2008年6月14日
  15. 小林正治,齊藤力,井上農夫男,大畑昇,川村仁,後藤滋巳,後藤昌昭,白土雄司,須佐美隆史,丹根一夫,橋本賢二,森山啓司,天笠光雄,氷室利彦,外木守雄: 顎変形症治療に関する実態調査.第18回日本顎変形症学会,2008年6月17-18日
  16. 福岡裕樹,長濱浩平,北村良平,富永直子,川元龍夫,森山啓司:著しい下顎非対称に対し下顎枝逆L字型骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用し顔貌の改善を図った口唇口蓋裂の1例.第18回日本顎変形症学会総会,2008年6月17‐18日
  17. 森良之, 須佐美隆史, 西條英人, 大久保和美, 近津大地, 松負子, 仲宗根愛子, 飯野光喜, 高戸毅:Hemifacial microsomiaに対する下顎骨延長術における工夫:第18回日本顎変形症学会総会,2008年6月17-18日
  18. 波田野典子,引地尚子,仲宗根愛子,荻原祐二,依田哲也,須佐美隆史,高戸毅:両側下顎頭変形および開咬を呈した全身性エリテマトーデス(SLE)の1例.第21回日本顎関節学会総会・学術大会,2008年7月26-27日
  19. 須佐美隆史,松崎雅子,大久保和美,長濱浩平,森良之,高戸毅;口唇口蓋裂患者における歯科矯正治療に関するアンケート調査−動的矯正治療を終了した患者を対象に−.第67回日本矯正歯科学会大会,2008年9月16-18日
  20. 大木明子,松崎雅子,大橋克巳,門田千晶,初野有人,高戸毅:大学新入学時の口腔健康状態に対する意識および歯科保健行動に関する調査.第57回日本口腔衛生学会,2008年10月4日
  21. 門田千晶,大木明子,松崎雅子,初野有人,大橋克巳,高戸毅:大学保健センター歯科を受診した学生の歯科疾患の実態に関する調査.第57回日本口腔衛生学会,2008年10月4日
  22. 田村和美,山口浩和,大橋克巳,大木明子,高戸毅:看護師の口腔ケアにおけるアセスメントに関する調査.第57回日本口腔衛生学会,2008年10月4日
  23. 須佐美隆史,江口智明,加納麻由子,山岡尚世,森良之,高戸毅,平林慎一:上下顎骨切り術後に早期プレート抜去・ゴム牽引を行ったApert 症候群の1例.第26回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会.2008年10月16-17日
  24. 飯野光喜:顎裂部腸骨移植術の要点.第53回日本口腔外科学会総会ミニレクチャー, 2008年10月20-21日
  25. 末永英之,近津大地,西條英人,小笠原徹,森 良之,飯野光喜,高戸 毅:ヒト骨髄細胞塊移植により形成された新生骨および人工材料の力学的評価:第53回日本口腔外科学会総会,2008年10月20-21日
  26. 近津大地,引地尚子,藤原久子,末永英之,杉山 円,菅野勇樹,西條英人,小笠原徹,森 良之,飯野光喜,高戸 毅:新規合成コラーゲンゲルドレッシング材による創傷治癒効果に関する研究第53回日本口腔外科学会総会,2008年10月20-21日
  27. 引地尚子,近津大地,西條英人,小笠原徹,森 良之,飯野光喜,須佐美隆史,高戸 毅:新規コラーゲンゲルとbFGF併用による骨形成促進作用に関する検討.第53回日本口腔外科学会総会;2008年10月20-21日
  28. 藤原久子,近津大地,西條英人,森 良之,飯野光喜,高戸 毅:歯根襄胞様像を呈する下顎骨転移を来たした肝細胞癌の1例:第53回日本口腔外科学会総会,2008年10月20-21日
  29. 星 和人,藤原 夕子,中村 耕三,川口 浩:再生軟骨組織移植における移植細胞と母床由来細胞との相互作用.日本整形外科学会基礎学術集会,2008年10月23日, 国立京都国際会館 京都.
  30. 緒方直史,矢野文子,篠田裕介,鄭雄一,中村耕三,川口浩:β−カテニンは副甲状腺ホルモン(PTH)受容体の細胞内ドメインに直接結合してそのシグナルを制御する 第23回日本整形外科学会基礎学術集会 2008年10月23日
  31. 小笠原 徹, 川口 浩, 高戸 毅, 星 和人:間葉系細胞の分化多能性維持機構におけるNanogの役割. 第26回 日本骨代謝学会学術集会,2008年10月29−31日
  32. 緒方直史,矢野文子,鄭雄一,中村耕三,川口浩:GαqシグナルはPKCδを介してPTHの骨同化作用を抑制する.第26回 日本骨代謝学会学術集会,2008年10月29−31日
  33. 木村文子,猪瀬弘之,岩崎牧子,矢野文子,池田敏之,川口浩,鄭雄一,四宮謙一,竹田秀:Runx1はRunx2と協調的に軟骨分化を調節する‐Runx1 コンディショナルノックアウトマウスを用いた検討‐.第26回 日本骨代謝学会学術集会,2008年10月29−31日
  34. 斎藤琢,池田敏之,東川晶郎,菅哲徳,平田真,深井厚,矢野文子,中村耕三,鄭雄一,川口浩:Hypoxia-inducible factor 2α (HIF2α ) は軟骨内骨化を統合的に制御する転写因子である.第26回 日本骨代謝学会学術集会,2008年10月29−31日
  35. 平田 真, 釘宮 典孝, 大庭 伸介, 河村 直洋, 小笠原 徹, 川崎 洋介, 池田 敏之, 中村 耕三, 鄭 雄一, 川口 浩: C/EBPβ/p57Kip2シグナルは軟骨細胞の細胞周期を制御して増殖から肥大分化への移行を促進する. 第26回 日本骨代謝学会学術集会,2008年10月29−31日
  36. 矢野文子,池田敏之,斎藤琢,緒方直史,木村文子,竹田秀,中村耕三,高戸毅,川口浩,鄭雄一:新規低分子化合物チエノインダゾール誘導体はRunx1 とSox trioを介して永久軟骨再生を誘導する.第26回 日本骨代謝学会学術集会,2008年10月29−31日
  37. 末永英之,古川克子,岸良健太郎,近津大地,西條英人,小笠原徹,森良之,飯野光喜,牛田多加志,高戸毅:細胞塊移植により形成された新生骨および人工材料の力学的特性:日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008,2008年11月17-18日
  38. 齋藤健太郎,西條英人,森 良之,近津大地,菅野勇樹,杉山 円,藤原久子,飯野光喜,高戸 毅:右側下顎骨に生じた顎骨中心性歯原性粘液腫の1例,第186回日本口腔外科学会関東地方会;2008年11月22日
  39. 田口敬太,西條英人,森 良之,末永英之,林 伸子,近津大地,引地尚子,飯野光喜,高戸 毅:顔面多発骨折術後の二次変形に対して、頬骨形成術を施行した2例.第186回日本口腔外科学会関東地方会,2008年11月22日
  40. 菅野勇樹,西條英人,藤原久子,斎藤健太郎,田中庸子,杉山円,前田祐二郎,飯野光喜,高戸 毅:上顎洞底挙上術時に洞粘膜の穿孔を合併した1例.第12回日本顎顔面インプラント学会総会・学術集会,2008年12月6.-7日
  41. Igawa K., Tomizuka K., Choi S., Yamamoto K., Takato T., Sasaki N., Chung U.I.:Development of Mini-Tetrapod Bone Fillers.86th General Session & Exhibition of the IADR, June 28-July 1, 2008, Toronto, Canada
  42. Huang H., Chikazu D., Voznesensky O.S., Drissi H.and Carol C. Pilbeam;PTH Induces COX-2 in MC3T3-E1 Osteoblasts via cAMP-PKA and Calcium-Calcineurin Pathways: 30th ASBMR Annual Meeting; September 12-16, 2008.
  43. Hirata M., Kugimiya F., Ohba S., Kawamura N., Ogasawara T., Kawasaki Y., Ikeda T., Nakamura K., Chung UI., and Kawaguchi H.: C/EBPβ/p57Kip2 signaling maintains transition from proliferation to hypertrophic differentiation of chondrocytes during skeletal growth. 30th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research. 2008. 9.12-16 (Montreal, Quebec, Canada)
  44. Kugimiya F., Hirata M., Ohba S., Kawamura N., Ogasawara T., Kawasaki Y., Ikeda T., Nakamura K., Chung UI., and Kawaguchi H.: C/EBP-beta promotes hypertrophic differentiation of chondrocytes through transactivation of p57Kip2 during endochondral ossification. 2008 World Congress on Osteoarthritis (ORSI). 2008. 9.18-21 .Rome, Italy.
  45. Hirata M., Kugimiya F., Ohba S., Kawamura N., Ogasawara T., Kawasaki Y., Ikeda T., Nakamura K., Chung UI. and Kawaguchi H.: C/EBPβ/p57Kip2 signaling maintains transition from proliferation to hypertrophic differentiation of chondrocytes during skeletal growth. The 13th Congress of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology (APLAR). 2008. 9.23-27 (Yokohama, Japan)
  46. Yano F., Chung UI., Ikeda Y., Kawasaki Y., Kawaguchi H., Tawfeek H., Mahon M.J., Segre G.V., Ogata N.:β-catenin Directly Binds to a Specific Intracellular Domain of PTH/PTHrP Receptor and Regulates the Signaling in Chondrocytes during Endochondral Ossification.30th annual meeting of the American Society for Bone and Mineral Research. Montreal, Quebec, Canada, 2008. 9.12-16
  47. Yano F., Ikeda T., Saito T., Ogata N., Kozo Nakamura, Takato T., Kawaguchi H., Chung UI..:A novel small thienoindazole-derivative compound promotes chondrogenic differentiation without inducing hypertrophy through production of Runx1. 2008 OARSI (The Osteoarthritis Research Society International) World Congress on Osteoarthritis, Roma, Italy, 2008. 9 18-21
  48. Ogata N, Yano F, Chung UI, NWettschureck N., Offermanns S., Segre G.V., Nakamura K., Kawaguchi K.: Inhibitory role of Gαq / PKCαsignal in the bone anabolic action of PTH. 30th annual meeting of the American Society for Bone and Mineral Research. Montreal, Quebec, Canada, 2008. 9.12-16
  49. Hojo H., Igawa K., Ohba S., Yano F., Nakajima N., Komiyama K., Ikeda T., Lichtler AC., Woo JT., Yonezawa Y, Takato T., Chung UI. :Development of high-throughput screening system for osteogenic drugs using cell-based sensor. 30th annual meeting of the American Society for Bone and Mineral Research. Montreal, Quebec, Canada, 2008. 9.12-16.
  50. Saito T., Ikeda T., Kan A., Hirata H., Fukai A., Yano F, Nakamura K., Chung UI., Kawaguchi H.:Hypoxia-inducible factor 2A (HIF2A) controls sequential steps in the late stage of endochondral ossification. 2008 OARSI (The Osteoarthritis Research Society International) World Congress on Osteoarthritis, Roma, Italy, 2008. 9 18-21.
  51. Oki M.,Yoshioka F., Tanaka, Y.,Takato T.:A New Method of Facial Prosthesis Using CT Data and 3D-Rapid Prototyping. 8th ISMR Maxillofacial Conference, Bangkok, 24th September 2008.
  52. Chikazu D., Taguchi T., Koyama H., Hikiji H.., Fujihara H., Suenaga H., Saijo H., Mori Y., Iino M.,and Takato T. :Improvement in Wound Healing by a Novel Synthetic Collagen-gel Dressing in Diabetic Mice. 8th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery 2008; November 3-7, 2008, Bangkok, Thailand.
  53. Iino M., Mori Y., Chikazu D., Saijyo H., Takato T., Fukuda M., Nagai H., Hamada Y., Yamada H.: Mandibular reconstruction with Dumbach-Titan-Mesh system and particulate bone and marrow harvested from bilateral posterior iliac crest. 8th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery 2008; November 3-7, 2008, Bangkok, Thailand.
  54. Fujihara H., Mori Y., Chikazu D., Kanno Y., Suenaga H., Ohkubo K., Saijo H., Iino M., Takato T.: Mandibular metastasis from hepatocellular carcinoma mimicking radicular cyst. 8th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery 2008; November 3-7, 2008, Bangkok, Thailand.
  55. Mori Y., Ogasawara T., Chikazu D., Saijo H., Okubo K., Iino M., Takato T.: Tumor induced osteomalacia (TIO) cured by surgery. 8th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery 2008; November 3-7, 2008 Bangkok, Thailand.
<シンポジウム・講演>
  1. 高戸 毅:顔の形を変える医術.平成19年度第4回にこにこボランティア講演会.2008年2月4日
  2. 飯野光喜:チタンメッシュを用いた顎骨再建とインプラント.第30回教育研究会(2008年口腔4学会合同研修会),東京,2008年 2月,2008年8月,岡山.
  3. 森良之:骨移植および歯槽骨延長による歯槽骨造成法. 第29回日本口腔外科学会 教育研修会(東京) 2008年2月16−17日.
  4. 上野洋史:テトラボーンと多血小板血漿の併用:第29回臨床応用を目指した3次元臓器造形研究会.2008年5月10日
  5. 高戸 毅:口腔顎顔面領域における再生医療の展開(昭和大学医局セミナー)2008年5月16日
  6. 須佐美隆史:口唇裂・口蓋裂患者の治療成績の評価:口腔機能はどのように向上しているか? − 咬合治療と口腔機能 −.第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会.2008年5月28-29日
  7. 須佐美隆史:日本人片側性口唇口蓋裂患者における5-Year-Old Indexを用いた咬合評価(日本口蓋裂学会優秀論文賞受賞講演).第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会.2008年5月28-29日
  8. 大久保 和美,須佐美 隆史:顎口腔機能と顎変形症の治療計画  OSASとTMJを中心に- 顔面非対称を呈する顎変形症と顎関節. 第18回顎変形症学会 イブニングシンポジウム,2008年6月17-18日
  9. 高戸 毅:人は見かけ何割か?2008年6月20日,秋田.
  10. 高戸 毅:再建下顎におけるインプラント治療.2008年8月8-9日
  11. 高戸 毅:再生医療の現状と将来について.(第一三共株式会社)2008年9月25日
  12. 森良之:骨移植および歯槽骨延長による歯槽骨造成法. 第30回日本口腔外科学会 教育研修会(岡山)2008年8月9−10日
  13. 飯野光喜:チタンメッシュトレーとPCBMによる顎骨再建における3Dモデルを用いた術前simulation surgeryの有用性,第53回日本口腔外科学会総会シンポジウム3,2008年10月20-21日
  14. 西條英人:シンポジウム3 顎骨再建 −形態から機能まで−『人工骨やリコンストラクションプレートを用いた再建』 第53回日本口腔外科学会総会 2008年10月21日
  15. 高戸毅:複合型3次元組織再生プロジェクトと再生医療普及のためのインフラ構築.秋田大学産学連携推進機構 第4回医工連携セミナー.2008年11月21日
  16. 高戸 毅:再生医療の顎顔面領域へのトランスレーショナルリサーチ. 口腔医科学会(第11回学術大会) 2008年10月18日
  17. 高戸毅:軟骨の再生. 日本歯科医学会総会,2008年11月15日
  18. 西條英人.『口腔外科と歯科領域における再生医療』東京形成歯科研究会主催日本口腔インプラント学会認定講習会 2008年11月23日
  19. 高戸 毅:骨・軟骨再生医療における臨床応用.再生医科学研究所学術講演会.2008年12月26日
  20. 高戸 毅:先端的外科系インプラント・3次元複合再生組織による再生医療の新展開.先端的外科系インプラントとしての3次元複合再生組織製品の早期普及を目指した開発プロジェクト.2008年12月27日
  21. 患者と3次元立体画像を重ね合わせる拡張現実感表示技術の歯科・口腔外科領域への応用:末永英之、杉山円、田口敬太、近津大地、森良之、飯野光喜、高毅;日本歯科医学会 第25回歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い;2009年1月10日
  22. Kawase-Koga Y., Otaegi G., and Sun T, Functional analysis of microRNAs in the developing cerebral cortex; BCMB Allied Program Retreat, Pennsylvania, September 4-5, 2008
  23. Igawa K., Saaki T. and Chung; UI.: Development mini-tetrapod bone fillers: International Symposium on Molecular and System Life Sciences; Dec10-11, 2008. Kobe, Japan
<受賞>
  1. 須佐美隆史,鳥山宏之,和田満美子,大久保和美,松崎雅子,仲宗根愛子,荻原祐二,森良之,米原啓之,高戸毅:日本口蓋裂学会優秀論文賞 受賞論文:日本人片側性口唇口蓋裂患者における5-Year-Old Indexを用いた咬合評価.日口蓋誌32(1),34-42,2007.
  2. Yano F., Chung, UI., Ikeda T., Kawasaki Y., Kawaguchi H., Tawfeek H., Mahon M.J., Segre G.V., Ogata N.: 2008 ASBMR President’s Award. β-catenin Directly Binds to a Specific Intracellular Domain of PTH/PTHrP Receptor and Regulates the Signaling in Chondrocytes during Endochondral Ossification. 30th annual meeting of ASBMR (the American Society for Bone and Mineral Research). Montreal, Quebec, Canada, 2008. 9.12-16
  3. Yano F., Ikeda T., Saito T., Ogata N., Nakamura K., Takato T., Kawaguchi K. and Chung UI.: 2008 OARSI Young Investigator Award. A novel small thienoindazole-derivative compound promotes chondrogenic differentiation without inducing hypertrophy through production of Runx1. 2008 OARSI (The Osteoarthritis Research Society International) World Congress on Osteoarthritis, Roma, Italy, 2008. 9 18-21
  4. 矢野文子,池田敏之,斎藤琢,緒方直史,木村文子,竹田秀,中村耕三,高戸毅,川口浩,鄭雄一: 第26回 日本骨代謝学会 優秀演題賞(基礎系)新規低分子化合物チエノインダゾール誘導体はRunx1 とSox trioを介して永久軟骨再生を誘導する. 第26回日本骨代謝学会 大阪国際会議場、大阪 2008. 10 29-31
  5. 矢野文子,池田敏之,斎藤琢,緒方直史,木村文子,竹田秀,中村耕三,高戸毅,川口浩,鄭雄一:IBMS-ANZBMS Meeting Travel Award 2009