サイトマップ
住所・お問い合わせ
東京大学医学部附属病院
口腔顎顔面外科・矯正歯科
〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
TEL 03(3815)5411
内線33714
FAX 03(5800)6832
なお、医療関係のご質問は一切お受けできませんので、あらかじめご了承下さい。
受診希望の方は、予約センター
TEL 03(5800)8630
までお願い致します。

業績

教室の業績

過去の業績

当教室の業績です。

2016年

<著書・分担執筆>
  1. 金澤三四朗, 藤原夕子, 疋田温彦,菅野勇樹, 西條英人, 鄭雄一, 星和人, 煬ヒ毅:人体移植できる皮膚・骨格・関節などを量産する技術 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線, 204-211, 中村真人 監修, 株式会社 シーエムシー・リサーチ, 東京, 2016
  2. 西條英人:がん患者における口腔内変化. がん患者の口腔ケア, 夏目長門・池上由美子編集代表, 2-9, 医学書院, 東京, 2016
  3. 佐々木珠乃: 第3章 すぐ使いたいフレーズが満載 職種別シーンマニュアル
    歯科衛生士, 東大病院発 医療スタッフのための英会話 MP3 CD-ROM付, 204, 210, サイマルアカデミー 監修, ベレ出版, 東京, 2016
  4. 煬ヒ毅, 西條英人:中枢性疾患による口腔機能障害、言語聴覚士のための基礎知識 臨床歯科医学・口腔外科, 194-207, 夏目長門編集, 医学書院, 東京, 2016
  5. 煬ヒ毅, 西條英人, 星和人:口唇裂・口蓋裂.小児疾患診療のための病態生理3−改定第5版−, 小児内科2016vol.48増刊号, 1138-1141, 東京医学社, 東京,2016

<原著・症例報告>

原著英文(症例報告含む)
  1. Hoshi K, Fujihara Y, Saijo H, Asawa Y, Nishizawa S, Kanazawa S, Uto S, Inaki R, Matsuyama M, Sakamoto T, Watanabe M, Sugiyama M, Yonenaga K, Hikita A, Takato T. Implant-type Tissue-engineered Cartilage for Secondary Correction of Cleft Lip-nose Patients: An Exploratory First-in-human Trial. J Clin Trials. (in press)
  2. Fujihara Y, Hikita A, Takato T, Hoshi K. Roles of macrophage migration inhibitory factor in cartilage tissue engineering. J Cell Physiol. (in press)
  3. Kanazawa S, Nishizawa S, Takato T, Hoshi K. Biological roles of glial fibrillary acidic protein as a biomarker in cartilage regenerative medicine. J Cell Physiol. (in press)
  4. Ishibashi M, Hikita A, Fujihara Y, Takato T, Hoshi K. Human auricular chondrocytes with high proliferation rate show high production of cartilage matrix. Regenerative Therapy. (in press)
  5. Yonenaga K, Nishizawa S, Nakagawa T, Fujihara Y, Asawa Y, Hikita A, Takato T, Hoshi K. Optimal conditions of collagenase treatment for isolation of articular chondrocytes from aged human tissues. Regenerative Therapy. (in press)
  6. Kubota K, Moriyama M, Furukawa S, Rafiul HASM, Maruse Y, Jinno T, Tanaka A, Ohta M, Ishiguro N, Yamauchi M, Sakamoto M, Maehara T, Hayashida JN, Kawano S, Kiyoshima T, Nakamura S. CD163(+)CD204(+) tumor-associated macrophages contribute to T cell regulation via interleukin-10 and PD-L1 production in oral squamous cell carcinoma. Sci Rep. (in press)
  7. Kawase-Koga Y, Mori Y, Fujii Y, Kanno Y, Chikazu D, Susami T, Takato T. Complications after intraoral vertical ramus osteotomy: relationship to the shape of the osteotomy line. Int J Oral Maxillofac Surg. 2016 Feb; 45(2): 200-4.
  8. Satake R, Komura M, Komura H, Kodaka T, Terawaki K, Ikebukuro K, Komuro H, Yonekawa H, Hoshi K, Takato T, Nakayama Y. Patch tracheoplasty in body tissue engineering using collagenous connetive tissue membranes (biosheets). J Pediatr Surg. 2016 Feb; 51(2): 244-8.
  9. Zong L, Abe M, Ji J, Zhu WG, Yu D. Tracking the Correlation between CpG Island Methylator Phenotype, and other Molecular Features and Clinicopathological Features in Colorectal Cancers: A Systematic Review and Meta-Analysis. Clin and Transl Gastroenterol. 2016 Mar; 7: e151.
  10. Saijo H, Sugiyama M, Kanno Y, Ohkubo K, Hoshi K, Takato T. A 2-Stage Reconstruction of the Jaw Using Vascularized Bone and Secondary Alveolar Ridge Augmentation With Particulate Cancellous Bone and Marrow. Implant Dent. 2016 Apr; 25(2): 302-6.
  11. Chang SH, Yasui T, Taketomi S, Matsumoto T, Kim-Kaneyama JR, Omiya T, Hosaka Y, Inui H, Omata Y, Yamagami R, Mori D, Yano F, Chung UI, Tanaka S, Saito T. Comparison of mouse and human ankles and establishment of mouse ankle osteoarthritis models by surgically-induced instability. Osteoarthritis Cartilage. 2016 Apr; 24(4):688-97.
  12. Hori N, Abe T, Sato T, Kokabu S, Shimamura Y, Sato T, Yoda T. Data in support of the bone analysis of NOD-SCID mice treated with zoledronic acid and prednisolone. Data Brief. 2016 Apr; 7: 1486-90.
  13. Fujihara Y, Nitta N, Misawa M, Hyodo K, Shirasaki Y, Hayashi K, Kosaka R, Homma K, Numano T, Kuribayashi S, Watanabe Y, Sato J, Ohtomo K, Takato T, Hoshi K. T2 and Apparent Diffusion Coefficient of MRI Reflect Maturation of Tissue-Engineered Auricular Cartilage Subcutaneously Transplanted in Rats. Tissue Eng Part C Methods. 2016 May; 22(5): 429-38.
  14. Sato T, Suenaga H, Sugiyama M, Hoshi K, Takato T. Rare case report of huge Inflammatory Pseudotumor of the Mandible. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 2016 May; 28(3): 222–227.
  15. Abe M, Yamashita S, Mori Y, Abe T, Saijo H, Hoshi K, Ushijima T, Takato T. High-risk oral leukoplakia is associated with aberrant promoter methylation of multiple genes. BMC Cancer. 2016 Jun; 16(1): 350
  16. Suenaga H, Taniguchi A, Yonenaga K, Hoshi K, Takato T. Computer-assisted preoperative simulation for positioning of plate fixation in Lefort I osteotomy: A case report. J Formos Med Assoc. 2016 Jun; 115(6): 470-4.
  17. Abe T, Sato T, Kokabu S, Hori N, Shimamura Y, Sato T, Yoda T. Zoledronic acid increases the circulating soluble RANKL level in mice, with a further increase in lymphocyte-derived soluble RANKL in zoledronic acid- and glucocorticoid-treated mice stimulated with bacterial lipopolysaccharide. Cytokine. 2016 Jul; 83: 1-7.
  18. Hoshi K, Fujihara Y, Mori Y, Asawa Y, Kanazawa S, Nishizawa S, Misawa M, Numano T, Inoue H, Sakamoto T, Watanabe M, Komura M, Takato T. Production of three-dimensional tissue-engineered cartilage through mutual fusion of chondrocyte pellets. Int J Oral Maxillofac Surg. 2016 Sep; 45(9): 1177-85.
  19. Kashiwagi M, Hojo H, Kitaura Y, Maeda Y, Aini H, Takato T, Chung UI, Ohba S. Local administration of a hedgehog agonist accelerates fracture healing in a mouse model. Biochem Biophys Res Commun. 2016 Oct; 479(4): 772-778.
  20. Suenaga H, Taniguchi A, Yonenaga K, Hoshi K, Takato T. Computer-assisted preoperative simulation for positioning and fixation of plate in 2-stage procedure combining maxillary advancement by distraction technique and mandibular setback surgery. Int J Surg Case Rep. 2016 Oct; 28: 246-250.
  21. Yonenaga K, Maita H, Yonehara Y, Namaki S, Suenaga H, Takato T. Ossification of the anterior longitudinal ligament found during upper endoscopy for dysphagia. Oral Science International. 2016 Oct; 13(2): 41-43
  22. Kobayashi H, Chang SH, Mori D, Itoh S, Hirata M, Hosaka Y, Taniguchi Y, Okada K, Mori Y, Yano F, Chung UI, Akiyama H, Kawaguchi H, Tanaka S, Saito T. Biphasic regulation of chondrocytes by Rela through induction of anti-apoptotic and catabolic target genes. Nat Commun. 2016 Nov; 7: 13336.
  23. Kanno Y, Nakatsuka T, Saijo H, Fujihara Y, Hikita A, Chung UI, Takato T, Hoshi K. Computed tomographic evaluation of novel custom-made artificial bones, “CT-bone”, applied for maxillofacial reconstruction. Regenerative Therapy. 2016 Dec; 5: 1-8.
  24. Saijo H, Fujihara Y, Kanno Y, Hoshi K, Hikita A, Chung U-I, Takato T. Clinical experience of fullcustom-made artificial bones for the maxillofacial region. Regenerative Therapy. 2016 Dec; 5: 72-8.
  25. Abe M, Hoshi K, Shojima M, Ushiku T, Suenaga H, Yonenaga K, Kobayashi K, Zong L, Abe T, and Takato T. A large pyogenic granuloma with extensive maxillary bone resorption penetrating the maxillary sinus: a rare case report. Journal of Oral Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. (in press).
  26. Kanazawa S, Nishizawa S, Takato T, Hoshi K. Biological Roles of Glial Fibrillary Acidic Protein as a Biomarker in Cartilage Regenerative Medicine. J Cell Physiol. (in press)
  27. Horie N, Hikita A, Nishizawa S, Uto S, Takato T, Hoshi K. Impairment of the transition from proliferative stage to prehypertrophic stage in chondrogenic differentiation of human induced pluripotent stem cells harboring the causative mutation of achondroplasia in fibroblast growth factor receptor 3. Regenerative Therapy. (in press)
  28. Watanabe S, Ogasawara T, Tamura Y, Saito T, Ikeda T, Suzuki N, Shimosawa T, Shibata S, Chung UI, Nangaku M, Uchida S.,Targeting gene expression to specific cells of kidney tubules in vivo using adenoviral promoter fragments. PLoS One. (in press)
  29. Wang J, Suenaga H, Yang L, Kobayashi E, Sakuma I. Video See-Through Augmented Reality for Oral and Maxillofacial Surgery. Int J Med Robot. (in press)
  30. Yonenaga K, Majima H, Oyama S, Ishibashi K, Tanno H. Diagnosis and evaluation of 100 dysphagia patients using videoendoscopy at a core hospital of a local city in Japan. Odontology. (in press)
  31. Yonenaga K, Nishizawa S, Nakagawa T, Fujihara Y, Asawa Y, Hikita A, Takato T, Hoshi K. Protocol for collagenase digestion of articular cartilage based on differences in the biological characteristics of articular and auricular cartilage. Regenerative Therapy (in press)
  32. Taniguchi Y, Kawata M, Ho Chang S, Mori D, Okada K, Kobayashi H, Sugita S, Hosaka Y, Inui H, Taketomi S, Yano F, Ikeda T, Akiyama H, Mills AA, Chung UI, Tanaka S, Kawaguchi H, Saito T.Regulation of Chondrocyte Survival in Mouse Articular Cartilage by p63. Arthritis Rheumatol. (in press)
原著和文(症例報告含む)
  1. 上床喜和子, 須佐美隆史, 井口隆人, 大久保和美, 岡安麻里, 内野夏子, 高橋直子, 松林幸枝, 安部雅修, 末永英之, 森良之, 煬ヒ毅:尖端巨大症による下顎前突症に顎矯正手術を行った2例, 日本顎変形症学会雑誌, 26巻, 第1号, 2016, 26-36
  2. 杉山 円, 中塚貴志, 星和人, 西條英人, 藤原夕子, 菅野勇樹, 疋田厚彦, 煬ヒ毅:Cantilever型腸骨移植による唇裂鼻変形修正術に関する検討, 形成外科, 59巻, 12号, 2016, 1299-1307
  3. 林厚志, 中塚敏弘, 西條英人:HA系1ピースインプラントの経過観察中にHA被覆部より歯冠側に骨の増生が確認された症例, 日本先進インプラント医療学会雑誌, 7巻, 1号, 2016, 45-48
  4. 山田啓太, 山脇孝徳, 松井瑞子, 大竹尚之:頭部に発症したPlaque-like osteoma cutis症例報告および文献的考察, 日本形成外科学会会報, 36巻, 8号, 2016, 400-406
  5. 征矢学, 黒田英孝, 小松紀子, 細川瑠美子, 山田芳嗣, 一戸達也:舌縮小術術後に挿管管理を行ったBeckwith-Wiedemann症候群患児の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 44巻, 2号, 2016, 165 -167
<総説・その他>
総説・単行本
  1. Hikita A, Chung UI, Hoshi K, Takato T. Bone Regenerative Medicine in Oral and Maxillofacial Region Using a Three-Dimensional Printer(). Tissue Eng Part A. 2017 Jun;23(11-12):515-521.
  2. Takato T. Tissue Engineering in Bone: The Contention of a Hundred Schools of Thought. Artif Organs. 2016 Apr;40(4):331-3.
  3. Zong L, Abe M, Seto Y, Ji J.  A Randomized Controlled Trial of Laparoscopic Versus Open D2 Distal Gastrectomy for Advanced Gastric Cancer: How Should We Define the Age of Included Patents? J Clin Oncol 2016 Aug; 34(30): 3706.
  4. Zong L, Abe M, Seto Y, Ji J. Challenge of China’s diagnosis of early gastric cancer. Lancet 2016 Nov; 388(10060):2606.
  5. 浅輪 幸世,星 和人:生分解性足場素材を用いた軟骨再生医療,20-23,分子リウマチ治療,株式会社 先端医学社, 東京,2017
  6. 浅輪 幸世,星 和人:顎顔面および耳鼻喉頭領域における軟骨再生医療,499-504,小児外科,東京医学社,東京,2017
  7. 煬ヒ毅, 西條英人, 星和人:小児内科 2016年48巻増刊号 小児疾患診療のための病態生理3 改訂5版 [.境界領域疾患(24.唇裂・口蓋裂),『小児内科』『小児外科』編集委員会共編, 東京医学社, 東京, 2016
  8. 西條英人:再建歯槽骨に応用したAQBインプラントシステム インプラントYEARBOOK2016, クインテッセンス出版, 東京, 35-42, 2016
  9. 米永一理:特集:知っておきたい臨床医学 一般歯科医療に関連するがん・在宅・緩和医療を中心に ザ・クインテッセンス11月号 Vol.35 60-68, クインテッセンス社, 東京, 2016 
特許
  1. 王君臣, 末永英之, 佐久間一郎,小林英津子,星和人:発明の名称「手術ナビゲーションシステムおよび手術ナビゲーション方法並びにプログラム」(国際出願番号PCT/JP2016/077979)
<新聞・雑誌掲載>
  1. 煬ヒ毅:iPS細胞使い耳の軟骨作製, 2016年1月23日, 共同通信社
  2. 煬ヒ毅:iPSから耳の軟骨 再建手術へ活用に道, 2016年3月5日, 朝日新聞 朝刊
  3. 煬ヒ毅:iPSで耳形の軟骨, 2016年5月1日, 読売新聞 朝刊
  4. 米永一理:看取りの場における歯科医療 開業歯科医師だからできること, アポロニア5月号 Vol.266 48-55, 日本歯科新聞社, 東京, 2016年
  5. 星和人,煬ヒ毅: 北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ
    軟骨再生医療の最前線, 北羽新報, 秋田, 2016年
  6. 星和人,煬ヒ毅: 北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ
    顔の骨の骨折,北羽新報, 秋田, 2016年
  7. 米永一理,煬ヒ毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ
    口腔内フローラと大腸フローラ, 北羽新報, 秋田, 2016年
  8. 米永一理,煬ヒ毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ
    舌炎, 北羽新報, 秋田, 2016年
  9. 米永一理,煬ヒ毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ
    顔面の腫瘤, 北羽新報, 秋田, 2016年
  10. 米永一理,煬ヒ毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ
    見た目に関係する顔面神経麻痺, 北羽新報, 秋田, 2016年
  11. 菅家康介,煬ヒ毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ
    口腔粘膜の着色病変, 北羽新報, 秋田, 2016年
  12. 藤原夕子,煬ヒ毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ
    再生医療の今, 北羽新報, 秋田, 2016年
  13. 藤原夕子,煬ヒ毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ
    歯科領域における再生医療, 北羽新報, 秋田, 2016年
  14. 杉山円,煬ヒ毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ
    口腔内の腫瘤, 北羽新報, 秋田, 2016年
  15. 阿部雅修,煬ヒ毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ
    口唇の腫瘤, 北羽新報, 秋田, 2016年
  16. 阿部雅修,煬ヒ毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ
    口腔粘膜の白斑病変〜口腔扁平苔癬, 北羽新報, 秋田, 2016年
  17. 米永一理:ざっくり学べる有病者歯科診療のコツ 1糖尿病はこうイメージすれば理解しやすい!モリタメールマガジン, モリタ, 東京, 2016年
  18. 米永一理:ざっくり学べる有病者歯科診療のコツ 2高血圧はこうイメージすれば理解しやすい! モリタメールマガジン, モリタ, 東京, 2016年
  19. 米永一理:ざっくり学べる有病者歯科診療のコツ 3NBM (Narrative-Based Medicine) vs EBM(Evidence-Based Medicine) こうイメージすれば理解しやすい! モリタメールマガジン, モリタ, 東京, 2016年
  20. 米永一理:ざっくり学べる有病者歯科診療のコツ 4血液サラサラ系のお薬、こうイメージすれば理解しやすい! モリタメールマガジン, モリタ, 東京, 2016年
  21. 米永一理:ざっくり学べる有病者歯科診療のコツ 5口腔領域の大切さ、脳科学的にイメージすれば理解しやすい! モリタメールマガジン, モリタ, 東京, 2016年
  22. 米永一理:ざっくり学べる有病者歯科診療のコツ 6炎症はこうイメージすれば理解しやすい! モリタメールマガジン, モリタ, 東京, 2016年
<TV出演>
  1. 煬ヒ毅: iPS細胞由来の軟骨細胞を使った耳介再生医療の研究,2016年1月22日,NHK , NHKニュース7
  2. 煬ヒ毅: 耳介軟骨が体内にあるネズミ、iPS細胞関係の研究等,2016年3月20日,Korean Broadcasting System(KBS),チャン・ヨンシルショー特別生放送「人工知能、人類の未来を変えるだろうか?」
  3. 煬ヒ毅:iPS細胞による耳介軟骨の形成について,2016年4月15日,JS Multi Vision,AljazeeraTV
<学会発表>
国内学会
  1. 小松紀子, 阿部雅修, 安部貴大:口腔癌細胞株を用いた軸索ガイダンス因子Roundabout homolog (ROBO)1の発現解析. 第34回日本口腔腫瘍学会総会学術大会 2016年1月21日−22日 横浜市開港記念会館, 神奈川
  2. 茂木立香,米永一理 ,矢野文子,内山貴夫,谷口明紗子 ,菅野勇樹 ,西條英人 :全身疾患を有する患者の嚥下障害と心身症に対し半夏厚朴湯が著効した1例. 第25回日本有病者歯科医療学会 第25回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2016年3月4−6日 タワーホール船堀, 東京
  3. Zujur CD, 菅家康介, Chung UI, 大庭伸介: Differentiation of pluripotent stem cells in three dimensional cultures under defined conditions. 第15回日本再生医療学会総会 2016年3月17日 大阪国際会議場, 大阪
  4. 安部貴大,小松紀子,三井健一,阿部雅修,西條英人,星和人,浜窪隆雄,煬ヒ毅:口腔扁平上皮癌におけるSlit/Roboシグナル作用機構の解析. 第70回 日本口腔科学会 2016年4月16日 福岡国際会議場, 福岡
  5. 末永英之,谷口明紗子,米永一理,西條英人,星和人,高戸毅:コンピュータビジョンによる手術ナビゲーション装置の三次元的な位置合わせ手法の検証. 第70回 日本口腔科学会 2016年4月16日 福岡国際会議場, 福岡
  6. 星和人:唇裂鼻変形の修正術に仕様したインプラント型再生軟骨の中期成績. 第70回NPO法人日本口腔科学会学術集会 2016年4月17日 福岡国際会議場, 福岡
  7. 川上大, 米永一理, 谷口明紗子, 阿部雅修, 末永英之, 西條英人, 星和人, 煬ヒ毅:上顎歯肉潰瘍を原発とする節外性NK/T-Cellリンパ腫鼻型の1例. 第201回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2016年5月21日 高崎ビューホテル, 群馬
  8. 内野夏子, 須佐美隆史, 大久保和美, 井口隆人, 岡安麻里, 上床喜和子, 高橋直子, 松林幸枝, 高橋路子, 平野友紀子, 杉山円, 菅野勇樹, 西條英人, 星和人, 煬ヒ毅:口蓋裂を伴うTreacher Collins 症候群―上下顎移動術に先立ちSARMEを施行した2例. 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2016年5月26−27日 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター, 大阪
  9. 西條英人, 井口隆人, 末永英之, 谷口明紗子, 杉山円, 菅野勇樹, 岡安麻里, 内野夏子, 大久保和美, 星和人, 須佐美隆史, 煬ヒ毅:口腔前庭形成術後の保護床としてのリップバンパー.第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2016年5月26−27日 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター, 大阪
  10. 燒リ律男, 飯田征二, 今井智子, 小林眞司, 坂井丘芳, 須佐美隆史, 須田直人, 宮脇剛司, 中村典史, 内山健志, 吉増秀實, 西尾順太郎, 川上重彦, 後藤昌昭, 鈴木茂彦:本学会学術調査委員会による2014年(第2回)口唇裂・口蓋裂チーム医療体制実態調査.第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2016年5月26−27日 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター, 大阪
  11. 西條英人、井口隆人、末永英之、谷口明紗子、杉山円、菅野勇樹、大久保和美、星和人、須佐美隆史、高戸毅.口腔前庭形成術後の保護床としてのリップバンパー.第40回日本口蓋裂学会学術集会 2016年5月26−27日 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター, 大阪
  12. 小松紀子, 安部貴大, 三井健一, 阿部雅修, 西條英人, 星和人, 煬ヒ毅, 浜窪隆雄:口腔癌細胞株を用いた軸索ガイダンス因子Roundabout homolog (ROBO)1の発現解析. 第40回日本頭頸部癌学会総会 2016年6月9日−10日 ソニックシティ, 埼玉
  13. 菅野勇樹, 星和人, 西條英人, 井口隆人, 桃原均, 大久保和美, 安部貴大, 天願俊泉, 須佐美隆史, 煬ヒ毅:小顎症を伴う顎関節強直症の再発例に対し骨延長器による空隙作成後に人工下顎頭置換術を行った1例. 第26回日本顎変形症学会学術集会 2016年6月24日 学術総合センター(一橋講堂), 東京
  14. 末永英之, 谷口明紗子, 西條英人, 星和人, 須佐美隆史, 煬ヒ毅:Le Fort I型骨切り術における術前シミュレーションを基にした上顎骨位置決め法の精度. 第26回日本顎変形症学会学術集会 2016年6月24日 学術総合センター(一橋講堂), 東京
  15. 矢野文子, 斎藤琢, 大庭伸介, 田中栄, 鄭雄一:Runx1による軟骨分化制御機構. 第2回骨免疫学会 2016年7月6日-8日 ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート, 沖縄
  16. 内山貴夫, 西條英人, 杉山円, 菅野勇樹, 菅家康介, 煬ヒ毅:サイナスリフト後の上顎臼歯部広範囲欠損症例に対しメッシュプレートを用いて骨増生術を施行した1例. 第19回日本先進インプラント医療学会学術大会・総会 2016年9月4日 一ツ橋記念講堂, 東京
  17. 太田和秀,中塚敏弘,西條英人:TN-capを使ったHA系1ピースインプラントでの前歯部上部構造の作成法. 第19回日本先進インプラント医療学会学術大会・総会 2016年9月4日 一ツ橋記念講堂, 東京
  18. 宮本喜高,中塚敏弘,西條英人:根尖病巣による骨欠損の大きな部位に、抜歯後早期にAQBインプラント®(アドバンス)を植立した症例. 第19回日本先進インプラント医療学会学術大会・総会 2016年9月4日 一ツ橋記念講堂, 東京
  19. 市瀬計彦,中塚敏弘,西條英人:HA系1ピースインプラント植立後6年経過して脱落した1例. 第19回日本先進インプラント医療学会学術大会・総会 2016年9月4日 一ツ橋記念講堂, 東京
  20. 丸山慶四郎,中塚敏弘,西條英人:片側遊離端欠損症例に対して、HA系1ピースインプラントで咬合機能の回復を獲得した1例. 第19回日本先進インプラント医療学会学術大会・総会 2016年9月4日 一ツ橋記念講堂, 東京
  21. 北田宗敬,中塚敏弘,西條英人,林厚志:ミニインプラントを併用したMTMによる大臼歯部インプラント埋入計画に苦慮した1例. 第19回日本先進インプラント医療学会学術大会・総会 2016年9月4日 一ツ橋記念講堂, 東京
  22. 林厚志,中塚敏弘,西條英人:上顎中切歯に発症したインプラント周囲炎に対し光殺菌治療を行った1症例. 第19回日本先進インプラント医療学会学術大会・総会 2016年9月4日 一ツ橋記念講堂, 東京
  23. 米永一理,横山良仁,柴原裕紀子,中村保宏,目時隆博,上野紀子,丹野弘晃,冨浦一行:G-CSF産生卵管腫瘍の術後再燃に対し化学療法併用放射線治療が有効であった1例. 第54回日本癌治療学会学術集会 2016年10月20日 パシフィコ横浜, 神奈川
  24. 内野夏子, 須佐美隆史, 井口隆人, 岡安麻里, 大久保和美, 上床喜和子, 高橋直子, 松林幸枝, 煬ヒ毅:頭蓋顔面先天異常患者における平均顎顔面形態3Dモデル作成法の開発. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016年11月7−9日 アスティとくしま, 徳島県
  25. 須佐美隆史, 府川俊彦, 宮崎晴代, 坂本輝雄, 森下格, 佐藤嘉晃, 金野吉晃, 倉田和之, 渡邉佳一郎, 朝日藤寿一, 齋藤功:症候群性頭蓋骨縫合早期癒合症患者に対するチーム医療の実態調査−矯正歯科医による多施設共同研究−. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016年11月7−9日 アスティとくしま, 徳島県
  26. 山脇孝徳, 井上正範, 井上 肇, 館山俊晶, 加藤一実:企業委託による多血小板血漿作成と、顔面および頸部のrejuvenationへの応用について. 第8回PRP療法研究会 2016年11月13日 ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター, 大阪
  27. 阿部雅修, 森良之, 安部貴大, 西條英人, 星和人, 煬ヒ毅:口腔白板症の悪性化リスクと密接に相関する新規サイレンシング遺伝子の同定. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25−27日 幕張メッセ, 千葉
  28. 米永一理,星和人,内山貴夫,谷口明紗子,末永英之,阿部雅修,西條英人,坂下英明,煬ヒ毅:強直性脊椎炎患者の顎関節強直症に対し体位作成を工夫した人工骨頭置換術法. 第61回日本口腔外科学会総会 2016年11月25-27日 幕張メッセ, 千葉
  29. 小松紀子, 渡邉絵理, 里見貴史, 近津大地, 煬ヒ毅, 福田仁一:関節リウマチ患者に生じたメトトレキサート誘発上顎歯肉悪性リンパ腫の1例. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25−27日 幕張メッセ, 千葉
  30. 星和人, 西條英人, 藤原夕子, 稲木涼子, 杉山円, 菅野勇樹, 末永英之, 米永一理, 小笠原徹, 煬ヒ毅:唇裂鼻2 次修正に用いる再生軟骨 臨床研究と医師主導・企業治験の経験とその特徴. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25−27日 幕張メッセ, 千葉
国際学会
  1. Abe M., Yamashita S., Mori Y., Abe T, Saijo H, Hoshi K, Ushijima T. and Takato T. Presence of aberrant promoter methylation in oral leukoplakia with high-risk of malignant transformation. The Tenth AACR-JCA Joint Conference: Breakthrough in basic and translational cancer research, February 16-20, 2016, Maui,USA, HI
  2. Yano F, Saito T, Ohba S, Tanaka S, Chung U: Runx1 contributes to articular cartilage maintenance through enhancement of cartilage matrix production and suppression of hypertrophic differentiation. The second Herbert Fleisch Workshop, February 28-March 1, 2016, Belgium, Novotel Brugge Centrum Brugge
  3. Zujur DC, Kanke K, Chung UI, Ohba S: Generation of hiPSC-derived osteoblasts by using small molecule inducers under fully defined, xeno-free conditions. CiRA-ISSCR International Symposium, March 22-24 2016, Kyoto, Japan, Kyoto University
  4. Abe M, Yamashita S, Mori Y, Abe T, Saijo H, Hoshi K, Ushijima T, Takato T. High-risk oral leukoplakia is associated with promoter methylation of multiple genes. The 35th Sapporo International Cancer Symposium: Cancer epigenome: From discovery to translation, June 24, 2016, Sapporo, Japan
  5. Zujur DC, Kanke K, Chung UI, Ohba S: Differentiation of human iPSC osteoblasts by using small molecule inducers under fully defined, xenofree conditions. ISSCR2016, June 22-25 2016, San Francisco, USA, Moscone West
  6. Zujur DC, Kanke K, Chung UI, Ohba S: Differentiation of human iPSC into osteoblasts by using small molecule inducers under fully defined, xenofree conditions第34回日本骨代謝学会学術集会 第3回アジア太平洋骨代謝学会議, July 20-23 2016, Osaka, Japan, 大阪国際会議場
  7. Fujihara Y, Hikita A, Takato T, Hoshi K. :Roles of macrophages in transplantation of tissue engineered cartilage in mice. International Congress of Immunology 2016, August 21-26, 2016, Melbourne, Australia, Melbourne Convention and Exhibition Centre
  8. Zujur DC, Kanke K, Chung UI, Ohba S: Differentiation of hiPSCs into Osteoblasts by Using Small Molecule Inducers Under Fully Defined Xeno-free Conditions. ASBMR2016, September 16-19 2016, Atlanta, USA, Georgia World Congress Center
  9. Zujur DC, Kanke K, Chung UI, Ohba S: Three Dimensional Differentiation of Mouse Pluripotent Stem Cells into Osteogenic Cells under Defined Conditions. ASBMR2016, September 16-19 2016, Atlanta, USA, Georgia World Congress Center
  10. Ogasawara T, Imamura J, Fujii Y: CyclinD1 regulates the balance between the osteogenic and chondrogenic differentiation of mesenchymal cells that constitutively express Nanog. ASBMR 2016 Annual Meeting, September 16 - 19, 2016, Atlanta, Georgia, USA, Georgia World Congress Center
  11. Kanazawa S, Hikita A, Takato T, Hoshi K:Analysis of Signals Involved in Stem Cell Property of MSC by Hematopoietic-Mesenchymal Interaction,13th ICRS World Congress, September 24-27, 2016, Sorrento, Italy, Hilton Sorrento convention center
  12. Yano F, Saito T, Ohba S, Tanaka S, Chung U: Runx1 contributes to articular cartilage maintenance through enhancement of cartilage matrix production and suppression of hypertrophic differentiation. Cold Spring Harbor Asia conference on Bone & Cartilage: From Development to Human Diseases, October 24-28, Suzhou, China, The Suzhou Dushu Lake Conference Center
  13. Hoshi K.:Tissue-engineered cartilage using biodegradable polymers1. 10th World Cleft Lip & Palate Congress, October 24-28, 2016, Chennnai, India, Hotel Hyatt Regency
  14. Yonenaga K, Hoshi K, Hikita A, Nishizawa S, Fujihara F, Asawa Y, Kanazawa S, Takato T.  Utility of floating cells in human chondrocyte culture. Frontiers2016 Symposium EPFL / U Tokyo, December 6-7 2016, Lausanne, Swiss, EPFL
  15. Masamune K, Suenaga H, Kobayashi E, Iseki H, Muragaki Y: Open platform of medical robots/devices with Smart Cyber Operating Theater (SCOT): Design concept and prototype robot developments, The 16th International Conference on Biomedical Engineering (ICBME), December 7, 2016, Singapore, National University of Singapore
<シンポジウム・講演>
  1. 煬ヒ毅:再生医療の新たな展開とインプラント医療における再生医療施行の注意について.平成27年度第20回群馬県歯科医学会 総会・学術大会 2016年1月17日 群馬県歯科医歯会館, 東京
  2. 煬ヒ毅:軟骨と粘膜上皮の複合再建を実現する再生気管軟骨(再生医療等製品)の開発と難病治療への応用.彩都産学官連携フォーラム2016 2016年1月20日 千里ライフサイエンスセンター 山村雄一記念ライフホール, 大阪
  3. 煬ヒ毅:インプラント治療における再生医療の現状と問題点.千葉県保険医協会 歯周病・インプラントシンポジウム 2016年1月23日 千葉県保険医協会会議室, 千葉
  4. 米永一理:在宅歯科医療の考え方 口腔医科学会第2回総合専門医研究講座 2016年1月31日 東京大学, 東京
  5. 米永一理:歯科における西洋医学的漢方薬の使い方口腔医科学会第2回総合専門医研究講座 2016年1月31日 東京大学, 東京
  6. 煬ヒ毅:再生医療が拓く新しい医療.公益社団法人日本口腔インプラント学会第35回関東・甲信越支部学術大会(特別講演) 2016年2月14日 京王プラザホテル, 東京
  7. 煬ヒ毅:再生医療が拓く新しい医療.硬組織疾患基盤研究センター開設記念シンポジウム 2016年2月20日 長崎大学病院, 長崎
  8. 星和人:骨・軟骨における3次元複合臓器構造体の研究開発. 第66回医用高分子研究会 2016年3月14日 首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス, 東京
  9. 星和人:臨床研究、医師主導治験、企業治験をどう使うか−インプラント型再生軟骨の開発経験から. 第15回日本再生医療学会総会 ランチョンセミナー 2016年3月19日 大阪国際会議場, 大阪
  10. 安部貴大:口腔腫瘍が疑われたらー診断と治療の最新情報ー. 歯科領域における疼痛セミナー ミニレクチャー 歯科口腔外科疾患の診断と治療. 2016年4月3日 東京大学 山上会館, 東京
  11. 北原由加里:東大病院における歯科衛生士の役割. 歯科領域における疼痛セミナー ミニレクチャー 歯科口腔外科疾患の診断と治療. 2016年4月3日 東京大学 山上会館, 東京
  12. 末永英之:コンピュータシミュレーションによる顎矯正手術. 歯科領域における疼痛セミナー ミニレクチャー 歯科口腔外科疾患の診断と治療. 2016年4月3日 東京大学 山上会館, 東京
  13. 杉山 円:小児疾患に対するチーム医療. 歯科領域における疼痛セミナー ミニレクチャー 歯科口腔外科疾患の診断と治療. 2016年4月3日 東京大学 山上会館, 東京
  14. 藤原夕子:再生医療の臨床展開. 歯科領域における疼痛セミナー ミニレクチャー 歯科口腔外科疾患の診断と治療.  2016年4月3日 東京大学 山上会館, 東京
  15. 米永一理:外傷の診断と治療. 歯科領域における疼痛セミナー ミニレクチャー 歯科口腔外科疾患の診断と治療. 2016年4月3日 東京大学 山上会館, 東京
  16. 星和人:ティッシュ・エンジニアリング型再生軟骨の治験戦略. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会 シンポジウム3 再生新法施行後の形成外科再生医療(再生医療) 2016年4月13日 福岡国際会議場, 福岡
  17. 星和人:ティッシュ・エンジニアリング型再生軟骨の研究開発と臨床導入. 第53回日本小児外科学会学術集会 パネルディスカッション 小児における移植医療の更なる発展と再生医療の展開 2016年5月24日 ヒルトン福岡シーホーク, 福岡
  18. 岡安麻里, 須佐美隆史, 西條英人, 井口隆人, 大久保和美, 煬ヒ毅:両側性唇顎口蓋裂患者に対する咬合治療 両側性唇顎口蓋裂患者の不正咬合の特徴と顔面成長を考えた対処法. 第40回日本口蓋裂学会総会 2016年5月26−27日 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター, 大阪
  19. 煬ヒ毅:立体造形技術が拓く新たな軟骨・骨再生医療.臨床研究情報センター研修会 2016年6月14日 神戸臨床研究情報センター, 兵庫
  20. 森良之, 須佐美隆史, 煬ヒ毅:われわれが経験した顎矯正手術後の経過不良症例およびその対策(シンポジウム). 第26回日本顎変形症学会学術集会 2016年6月24日 学術総合センター(一橋講堂), 東京
  21. 矢野文子, 斎藤琢, 大庭伸介, 鄭雄一:Runx1による軟骨分化制御機構. 第34回日本骨代謝学会学術集会 2016年7月20-23日 大阪国際会議場, 大阪
  22. 煬ヒ毅:期待される細胞治療の展開とそれに伴う細胞加工業とのかかわり〜特定再生医療等委員会の審査側の立場として〜.第7回細胞治療研究会 2016年8月27日 富士ソフト秋葉原ビル アキバプラザ7階, 東京
  23. 煬ヒ毅:教育講演 iPS細胞応用の最前線.(社)日本先進インプラント医療学会 第19回総会・学術大会 2016年9月3日,一橋大学一橋講堂・大講堂, 東京
  24. 星和人:足場素材を用いた軟骨再生医療の新展開. 第25回日本形成外科学会基礎学術集会 パネルディスカッション1 骨・軟骨治療の基礎から応用に向けて 指定講演 2016年9月15日 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター, 大阪
  25. 末永英之: トピックスレクチャー 「インプラント手術支援を目指した拡張現実手術ナビゲーションシステム」. 第19回日本先進インプラント医療学会学術大会・総会 2016年9月4日 一ツ橋記念講堂, 東京
  26. 矢野文子, 斎藤琢, 大庭伸介, 鄭雄一:Runx1による軟骨分化制御機構. 第31回日本整形外科学会基礎学術集会 2016年10月13-14日 福岡国際会議場, 福岡
  27. 煬ヒ毅:iPS細胞応用の臨床最前線.(公社)日本口腔インプラント学会認定講習会 2016年10月16日(日) テレコムセンター20階 第一会議室, 東京
  28. 星和人:顔面変形と再生医療. 東京形成歯科研究会 2016年度  第4回再生医療 血液臨床応用「国際特別講演会」基調講演 2016年10月30日 東京大学医学系研究教育棟 鉄門記念講堂, 東京
  29. 須佐美隆史, 府川俊彦, 宮崎晴代, 坂本輝雄, 森下格, 佐藤嘉晃, 大久保和美, 煬ヒ毅:症候群性頭蓋骨縫合早期癒合症患者に対するチーム医療の実態調査−矯正歯科医による多施設共同研究−(パネルディスカッション). 第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 2016年11月10-11日 御茶ノ水ソラシティ・カンファレンスセンター, 東京
  30. 西條英人:歯槽骨再建のための腸骨採取法〜これからはじめる前・後腸骨採取〜(ビデオレクチャー). 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25 幕張メッセ, 千葉
  31. 星和人:唇裂鼻2次修正に用いる再生軟骨 臨床研究と医師主導治験・企業治験の経験とその特徴. 公募Workshop 4 『再生医療の臨床研究』,2016年11月25日 幕張メッセ, 千葉
  32. 米永一理:口腔緩和医療と看取りにおける歯科の関わり方. 第61回日本口腔外科学会総会 2016年11月25日 ミニレクチャー 幕張メッセ, 千葉
  33. 煬ヒ毅:創傷治癒において期待される細胞療法の新たな展開.第46回日本創傷治癒学会 2016年12月10日 東京大学 安田講堂, 東京
  34. 金澤三四朗: 3Dプリンターを用いた生体組織造形技術の開発. CMCリサーチセミナー 2016年12月15日 ちよだプラットフォームスクエア, 東京
  35. 米永一理:文部科学省未来医療研究人材養成拠点形成事業:最先端の在宅医療を考える 実践シリーズ 第5回 在宅医療における口腔・摂食・嚥下ケア 口腔緩和医療と終末期の『食べる』を考える. 東京大学医学部在宅医療学拠点主催 2016年12月17日 東京大学, 東京
  36. 米永一理:在宅歯科医療と口腔緩和医療. 口腔医科学会第3回総合専門医研究講座 2016年12月23日 東京大学, 東京
  37. 米永一理:嚥下内視鏡を用いた『食べる』の検査方法. 口腔医科学会第3回総合専門医研究講座 2016年12月23日 東京大学, 東京
  38. 米永一理:歯科における西洋医学的漢方薬の使い方. 口腔医科学会第3回総合専門医研究講座 2016年12月23日 東京大学, 東京
  39. Kanazawa S: Development of Surgical Implant Using 3D Printer and Clinical Application,2016 Shanghai International 3D Printing & Intelligent Manufacturing Forum, July 8, 2016 , Shanghai, China, CECIS
  40. Kanazawa S: 3D Printer and Clinical Application,1st Northeast Aisa medical 3D print conference, August 13, 2016, Changchun, China, The second Hospital of Jilin University
  41. Takato T, Hikita A: The novel methods of creating three-dimensional tissues and organs. 2016 International Symposium on Innovative 3D Printing, October 14, 2016, Taipei, Taiwan
  42. Takato T, Hikita A, Fujihara Y: The novel methods of creating three-dimensional tissues and organs. EPFL-UTOKYO Symposium, December 5-6,2016, Swiss
  43. Susami T:Evaluation of the long-term outcomes: An important role of orthodontists in the team care for craniofacial anomalies. Asian Pacific Craniofacial Association , December 1-3, 2016, Nara, Japan, Nara Centennial Hall
<受賞>
  1. 阿部雅修:口腔白板症の悪性化リスクと密接に相関する新規サイレンシング遺伝子の同定. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会ゴールドリボン賞(優秀ポスター発表賞, 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25−27日 幕張メッセ, 千葉
  2. Fumiko Yano: IBMS/ASBMR Award 2016, Runx1 contributes to articular cartilage maintenance through enhancement of cartilage matrix production and suppression of hypertrophic differentiation The second Herbert Fleisch Workshop, 2016.2.28-3.1 Novotel Brugge Centrum Brugge, Belgium
  3. Kazuto Hoshi: CLEFT2016 ICPF David S Precious Award, Three-dimensional tissue-engineered cartilage using Biodegradable polymers. 10th World Cleft Lip & Palate Congress of ICPF, 2016.10.24-28 Hyatt Regency, Chennai, India