サイトマップ
住所・お問い合わせ
東京大学医学部附属病院
口腔顎顔面外科・矯正歯科
〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
TEL 03(3815)5411
内線33714
FAX 03(5800)6832
受診希望の方は、予約センター
TEL 03(5800)8630
までお願い致します。

業績

教室の業績

過去の業績

当教室の業績です。

2017年

<著書・分担執筆>
  1. 西條英人:口腔の先天異常と口唇裂・口蓋裂. 今日の治療指針 2018, 1576-1577, 福井次矢, 高木 誠, 小室一成 総編集, 医学書院, 東京, 2018

<原著・症例報告>

原著英文(症例報告含む)
  1. Fujihara Y, Hikita A, Takato T, Hoshi K. Roles of macrophage migration inhibitory factor in cartilage tissue engineering. J Cell Physiol. 2018 Feb;233(2):1490-1499.
  2. Komura M, Komura H, Komuro H, Ikebukuro K, Hikita A, Hoshi K, Takato T. Tracheal cartilage growth by intratracheal injection of basic fibroblast growth factor. J Pediatr Surg. 2017 Feb;52(2):235-238.
  3. Zong L, Wu A, Wang W, Deng J, Aikou S, Yamashita H, Maeda M, Abe M, Yu D, Jiang Z, Seto Y, Ji J. Feasibility of laparoscopic gastrectomy for elderly gastric cancer patients: meta-analysis of non-randomised controlled studies. Oncotarget. 2017 Mar 29;8(31):51878-51887.
  4. Watanabe S, Ogasawara T, Tamura Y, Saito T, Ikeda T, Suzuki N, Shimosawa T, Shibata S, Chung UI, Nangaku M, Uchida S. Targeting gene expression to specific cells of kidney tubules in vivo, using adenoviral promoter fragments. PLoS One. 2017 Mar 2;12(3):e0168638.
  5. Yamauchi M, Moriyama M, Hayashida JN, Maehara T, Ishiguro N, Kubota K, Furukawa S, Ohta M, Sakamoto M, Tanaka A, Nakamura S. Myeloid dendritic cells stimulated by thymic stromal lymphopoietin promote Th2 immune responses and the pathogenesis of oral lichen planus. PLos One. 2017 Mar;12(3):e0173017.
  6. Abe M, Hoshi K, Shojima M, Ushiku T, Suenaga H, Yonenaga K, Kobayashi K, Zong L, Abe T, Takato T. A large pyogenic granuloma with extensive maxillary bone resorption penetrating the maxillary sinus: a rare case report. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 2017 May;29(3):254-257.
  7. Zujur D, Kanke K, Lichtler AC, Hojo H, Chung UI, Ohba S. Three-dimensional system enabling the maintenance and directed differentiation of pluripotent stem cells under defined conditions. Sci Adv. 2017 May 12;3(5): e1602875.
  8. Kubota K, Moriyama M, Furukawa S, Rafiul HASM, Maruse Y, Jinno T, Tanaka A, Ohta M, Ishiguro N, Yamauchi M, Sakamoto M, Maehara T, Hayashida JN, Kawano S, Kiyoshima T, Seiji Nakamura S. CD163+CD204+ tumor-associated macrophages contribute to T cell regulation via interleukin-10 and PD-L1 production in oral squamous cell carcinoma. Sci Rep. 2017 May;7(1):1775.
  9. Wang J, Suenaga H, Yang L, Kobayashi E, Sakuma I. Video see-through augmented reality for oral and maxillofacial surgery. Int J Med Robotics Comput Assist Surg. 2017 Jun;13(2):e1754
  10. Hikita A, Chung UI, Hoshi K, Takato T. Bone regenerative medicine in oral and maxillofacial region using a three-dimensional printer. Tissue Eng Part A. 2017 Jun;23(11-12):515-521.
  11. Yonenaga K, Nishizawa S, Nakagawa T, Fujihara Y, Asawa Y, Hikita A, Takato T, Hoshi K. Protocol for collagenase digestion of articular cartilage based on differences in the biological characteristics of articular and auricular cartilage. Regenerative Therapy. 2017 Jun;6:9-14.
  12. Horie N, Hikita A, Nishizawa S, Uto S, Takato T, Hoshi K. Impairment of the transition from proliferative stage to prehypertrophic stage in chondrogenic differentiation of human induced pluripotent stem cells harboring the causative mutation of achondroplasia in fibroblast growth factor receptor 3. Regenerative Therapy. 2017 Jun;6:15-20.
  13. Ishibashi M, Hikita A, Fujihara Y, Takato T, Hoshi K. Human auricular chondrocytes with high proliferation rate show high production of cartilage matrix. Regenerative Therapy. 2017 Jun;6:21-28.
  14. Hoshi K, Fujihara Y, Saijo H, Asawa Y, Nishizawa S, Kanazawa S, Uto S, Inaki R, Matsuyama M, Sakamoto T, Watanabe M, Sugiyama M, Yonenaga K, Hikita A, Takato T. Implant-type tissue-engineered cartilage for secondary correction of cleft lip-nose patients: an exploratory first-in-human trial. J Clin Trials. 2017;7(3):1000315.
  15. Abe M, Abe T, Mogi R, Kamimoto H, Hatano N, Taniguchi A, Saijo H, Hoshi K, Takato T. Cervical necrotizing fasciitis of odontogenic origin in a healthy young patient without pre-systemic disorders. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 2017 July;29(4):341-344.
  16. Inagaki Y, Abe M, Inaki R, Zong L, Suenaga H, Abe T, Hoshi K. A case of systemic infection caused by streptococcus pyogenes oral infection in an edentulous patient. Diseases. 2017 Aug;5(3):E17.
  17. Zhou Y, Hu W, Chen P, Abe M, Shi L, Song S, Tan S, Li Y, Zong L. Ki67 is a biological marker of malignant risk of gastrointestinal stromal Ttmors: a systemic review and meta-analysis. Medicine, 2017 Aug;96(34):e7911.
  18. Inaki R, Abe M, Zong L, Abe T, Shinozaki-Ushiku A, Ushiku T, Hoshi K. Secretory carcinoma - impact of translocation and gene fusions on salivary gland tumor. Chin J Cancer Res. 2017 Oct;29(5):379-384.
  19. Komatsu N, Mitsui K, Kusano-Arai O, Iwanari H, Hoshi K, Takato T, Abe T, Hamakubo T. Enhancement of anti-robo1 immunotoxin cytotoxicity to head and neck squamous cell carcinoma via photochemical internalization. Arch Can Res. 2017 Oct;5(4): 157
  20. Kanazawa S, Nishizawa S, Takato T, Hoshi K. Biological roles of glial fibrillary acidic protein as a biomarker in cartilage regenerative medicine. J Cell Physiol. 2017 Nov;232(11):3182-3193.
  21. Harata M, Watanabe M, Nagata S, Ko EC, Ohba S, Takato T, Hikita A, Hoshi K Improving chondrocyte harvests with poly (2-hydroxyethyl methacrylate) coated materials in the preparation for cartilage tissue engineering. Regenerative Therapy. 2017 Dec;7:61-71.
  22. Hoshi K, Fujihara Y, Saijo H, Kurabayashi K, Suenaga H, Asawa Y, Nishizawa S, Kanazawa S, Uto S, Inaki R, Matsuyama M, Sakamoto T, Watanabe M, Sugiyama M, Yonenaga K, Hikita A, Takato T. Three-dimensional changes of noses after transplantation of implant-type tissue-engineered cartilage for secondary correction of cleft lip-nose patients. Regenerative Therapy. 2017 Dec;7:72-79.
  23. Kanke K, Abe T, Abe M, Mori Y, Hoshi K, Takato T. In-hospital surgical treatment for haemorrhage after aesthetic mandibular osteotomy performed as an office-based day surgery: A case report. Ann Med Surg. 2017 Dec 13;24:15-18.
  24. Wang G, Guo S, Xiao H, Zong L, Aaakawa T, Abe M, Hu W, Ji J. Remarkably different results between two studies from North America on genomic mutations and sensitivity to DNA demethylating agents for myelodysplastic syndromes. Chin J Cancer Res. 2017 Dec;29(6):587-588.
原著和文(症例報告含む)
  1. 山脇 孝徳, 松井 瑞子, 大竹 尚之:自家組織による鼻尖形成術と鼻尖延長の留意点について, 日本美容外科学会会報, 第39巻2号, 2017年, 69-79.
<総説・その他>
総説・単行本
  1. 戸 毅, 藤原 夕子, 疋田 温彦, 星 和人. 【再生医療-臨床応用の最前線-】 再生医療における産官学の連携 インプラント型再生軟骨の開発を例に. Progress in Medicine. 2017;37:543-46.
  2. 戸 毅,藤原夕子, 星 和人:再生技術を用いた近未来の再建および細胞治療「顎顔面補綴」2017;40:17-21.
特許
  1. Wang J, Suenaga H, Sakuma I, Kobayashi E, Hoshi K: Surgical navigation system, surgical navigation method, and program. (Patent Publication No. WO/2017/057175, International Application No. PCT/JP2016/077979)
  2. 王君臣, 末永英之, 佐久間一郎, 小林英津子, 星 和人: 手術ナビゲーションシステムおよび手術ナビゲーション方法並びにプログラム. (特許公開番号2017-064307, 特許出願番号2015-196791)
<新聞・雑誌掲載>
  1. 藤原夕子,煬ヒ 毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ 日本の歯科が目指す道, 秋田, 2017年.
  2. 藤原夕子,煬ヒ 毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ 口の健康は長寿の秘訣, 秋田, 2017年.
  3. 菅家康介,煬ヒ 毅:北羽新報 歯の『いま』は能代山本のみなさんへ リンパ管腫, 秋田, 2017年.
<学会発表>
国内学会
  1. 小松紀子,安部貴大,三井健一,阿部雅修,西條英人,星 和人,煬ヒ 毅,浜窪隆雄:口腔癌細胞株を用いた軸索ガイダンス因子ROBO1の発現解析.第35回日本口腔腫瘍学会総会学術大会, 2017年1月26日−27日, 福岡国際会議場, 福岡.
  2. 渡邉絵理,小松紀子,鈴木善子,吉村理恵,煬ヒ 毅,福田仁一:ゴーシェ病2型の稀な1例.日本有病者歯科医療学会総会・学術集会, 2017年3月3日−5日, 金沢歌劇座, 石川.
  3. 小笠原 徹 :CyclinD1はNanogが有する間葉系細胞骨軟骨分化能促進効果のバランスを制御する.第16回日本再生医療学会総会,2017年3月7日−9日,仙台国際センター,宮城.
  4. 石橋牧子,疋田温彦,藤原夕子,煬ヒ 毅,星 和人:ヒト軟骨細胞における増殖速度と軟骨気質産生能の関連についての検討.第16回日本再生医療学会総会,2017年3月7日−9日,仙台国際センター,宮城.
  5. 山脇孝徳,藤原夕子,疋田温彦,煬ヒ 毅,星 和人:ヒト培養軟骨細胞の再分化過程における形態的変化とホスト由来細胞との関連に対する電子顕微鏡を用いた検討.第16回日本再生医療学会総会,2017年3月7日−9日,仙台国際センター,宮城.
  6. 西條英人,林 敏枝,平沢波瑠子,阿部雅修,柳谷謙一:スリーヘッド歯ブラシ(SuperBrush(R))を応用した口腔ケアの取り組み(第1報).第14回日本口腔ケア学会総会,2017年4月23日,沖縄.
  7. 末永英之,谷口明紗子,西條英人,星 和人,煬ヒ 毅:上顎骨延長術における術前シミュレーションを基にした上顎骨位置決め法の精度.第71回日本口腔科学会学術集会,2017年4月27日, ひめぎんホール,愛媛.
  8. 安部貴大,藤原夕子,川上 大,小関珠理亜,阿部雅修,末永英之,西條英人,小笠原徹,星 和人,煬ヒ 毅:当院の骨吸収阻害薬使用における医科歯科連携の現状と課題,第71回日本口腔科学会学術集会,2017年4月26日−28日,ひめぎんホール,愛媛.
  9. 石橋牧子,疋田温彦,松山真理子,藤原夕子,煬ヒ 毅,星 和人:ヒト軟骨細胞における増殖速度と軟骨気質産生能との関連性.第71回日本口腔科学会学術集会,2017年4月26-28日, ひめぎんホール,愛媛.
  10. 岡安麻里,須佐美隆史,西條英人,大久保和美,井口隆人,内野夏子,高橋直子,上床喜和子,松林幸枝,杉山 円,星 和人,煬ヒ 毅:乳歯列期における顎裂部骨移植後の上顎前歯部の矯正歯科治療.第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会,2017年5月18−19日,ホテルオークラ東京,東京.
  11. 平野友紀子,須佐美隆史,高橋路子,西條英人,大久保和美,井口隆人,岡安麻里,内野夏子,煬ヒ 毅:鼻咽腔構音と鼻咽腔閉鎖機能の関連について.第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会,2017年5月18−19日,ホテルオークラ東京,東京.
  12. 西條英人,杉山 円,末永英之,谷口明紗子,大久保和美,井口隆人,岡安麻里,内野夏子,星 和人,須佐美隆史,煬ヒ 毅:Van der Woude症候群の下唇瘻孔に対する逆T型切除術.第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会,2017年5月19日,ホテルオークラ東京,東京.
  13. 谷口明紗子,西條英人,内山貴夫,米永一理,星 和人,煬ヒ 毅:顎骨骨折に対し口腔前庭形成術を併用しインプラント治療を行った1例.第34回日本顎顔面補綴学会総会・学術大会,2017年6月2−3日,全電通労働会館,東京.
  14. 内山貴夫,西條英人,谷口明紗子,米永一理,星 和人,煬ヒ 毅:サイナスリフト後の上顎臼歯部骨欠損症例に対してメッシュプレートおよび腸骨海綿骨小片にて骨増生術を施行しインプラント治療を行った1例.第34回日本顎顔面補綴学会,2017年6月1‐3日,全電通労働会館,東京.
  15. 上床喜和子,須佐美隆史,市ノ川義美,兼古晃輔,大久保和美,井口隆人,岡安麻里,内野夏子,高橋直子,松林幸枝,煬ヒ 毅:矯正歯科治療・顎矯正手術を行ったOpitz症候群の1例.第27回日本顎変形症学会総会・学術大会,2017年6月15−16日,東京ビッグサイトTFTホール,東京.
  16. 柏木美樹,安部貴大,藤原夕子,小笠原徹,西條英人,星 和人,煬ヒ 毅:成人スティル病患者に生じた顎関節症状に対する1治療経験.第30回日本顎関節学会総会,2017年7月29−30日,ワークピア横浜,神奈川.
  17. 丸山慶四郎,中塚敏弘,西條英人:HA系1ピースインプラントを応用した包括的治療の1症例.第20回日本先進インプラント医療学会総会・学術大会,2017年9月3日,東京.
  18. 宮本喜高,中塚敏弘,西條英人:インプラント長期症例の高齢者に対しフレイルの評価を行った1例.第20回日本先進インプラント医療学会総会・学術大会,2017年9月3日,東京.
  19. 多喜川紗耶,杉山 円,菅家康介,五十嵐正樹,内山貴夫,末永英之,西條英人,星 和人:口腔ならびに咽頭,鼻腔を占拠し, 口腔外にも及んだ巨大な上顎体の1例.第51回NPO法人日本口腔科学会関東地方部会学術集会,2017年9月30日,慶應義塾大学医学部信濃町キャンパス北里講堂, 東京.
  20. 山脇孝徳,齊藤隆文,加藤一実,大竹 尚之:鼻翼幅縮小術にpyriform ligamentの処理は有効か? ライノプラスティーフォーラム2017,2017年10月1日,聖路加国際大学臨床学術センター, 東京.
  21. 松林幸枝,須佐美隆史,大久保和美,井口隆人,岡安麻里,内野夏子,高橋直子,上床喜和子,阿部雅修,安部貴大,森 良之,煬ヒ 毅:顎関節強直症による小下顎症の1例.第76回日本矯正歯科学会大会,2017年10月18−20日,ロイトン札幌, 札幌市教育文化会館, 北海道.
  22. 安部貴大:ミニレクチャー13 最新 口腔がんはこう治す−頸部郭清の工夫−.第62回日本口腔外科学会総会,2017年10月20日,国立京都国際会館,京都.
  23. 菅家康介, 杉山 円,五十嵐正樹,川上 大,西條英人,星 和人,煬ヒ 毅:頬部膨隆を呈した乳児期の歯原性粘液線維腫の一例.第62回公益社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会,2017年10月20日,国立京都国際会館,京都.
  24. 安部貴大,藤原夕子,川上 大,小関珠理亜,阿部雅修,末永英之,西條英人,小笠原徹,星 和人,煬ヒ 毅:当院の骨吸収抑制薬使用における医科歯科連携の現状と課題.第62回日本口腔外科学会総会,2017年10月20日,国立京都国際会館,京都.
  25. 久保田恵吾,森山雅文,古川祥子,Haque ASM Rafiul, 川野真太郎,星 和人,西條英人,清島 保,中村誠司,煬ヒ 毅:OSCC おける CD163+CD204+TAM の IL-10 およびPD-L1 を介した宿主免疫抑制機構. 第62回日本口腔外科学会総会・学術大会,2017年10月20日― 22日,京都国際会館, 京都.
  26. 吉村理恵,小松紀子,鈴木善子,里見貴史,瀬戸ケ一,福田仁一: 某総合病院歯科口腔外科における周術期口腔機能管理の現状分析.第11回歯科衛生士研究会, 2017年10月21日,国立京都国際会館,京都.
  27. 菅家康介,西條英人,杉山 円,星 和人:全前脳胞症を伴う正中上唇裂における当科の周術期管理.第29回一般社団法人日本小児口腔外科学会総会・学術大会,2017年11月18日,アートホテル新潟駅前, 新潟.
  28. 池健太郎,安部貴大,阿部雅修,石橋牧子,五十嵐正樹,宮本祥之,澤田昌孝,西條英人,星 和人:下顎骨骨折治療中にマイコプラズマ皮疹を合併した1例.第204回日本口腔外科学会関東支部学術集会,2017年12月16日,東京医科大学病院,東京.
  29. 五十嵐正樹,宮本祥行,米永一理,阿部雅修,小笠原徹,末永英之,西條英人,星 和人: 上顎骨内に原因腫瘍が認められた腫瘍性骨軟化症の1例. 第204回(公社)日本口腔外科学会関東支部学術集会,2017年12月16日,東京医科大学病院臨床講堂,東京.
国際学会
  1. Inokuchi T, Susami T, Saijyoh H, Ohkubo K, Okayasu M, Uchino N, Uwatoko K, Matsubayashi Y, Takahashi N, Takato T. :Relation between the palatal morphology and the maxillary growth in patients with unilateral cleft lip and palate. 13th International Congress on Cleft Lip/Palate and Related Craniofacial Anomalies, Feb 8 - 11, 2017, Chennai, India, Mahabalipuram.
  2. Kashiwagi M, Hojo H, Kitaura Y, Maeda Y, Aini H, Takato T, Chung UI, Ohba S.: Hedgehog agonist promotes callus formation in a mouse fracture model. 95th International Association of Dental Research General Session & Exhibition, March 22‐25, 2017, San Francisco, CA, Moscone West Convention Center.
  3. Hoshi K.:Tissue-engineered cartilage for the secondary repair of cleft lip-nose deformity. (Invitation) 58th Congress of KAOMS (Korean Association of Oral & Maxillofacial Surgeons), April 21-22, 2017, Buyeo, South Korea, Lotte Resort Buyeo.
  4. Fujihara Y, Hikita A, Hoshi K.:Roles of macrophage migration inhibitory factor in cartilage tissue engineering.13th World Congress on Inflammation, July 8-12, 2017, London,UK,Hilton London Metropole.
  5. Kaneoka A, Ogino A, Inokuchi H, Ueha R, Shichiri T, Sato T, Goto T, Okada M, Takami M, Sawada M, Kitahara Y, Nito T, Haga N.:Diet outcomes following interdisciplinary dysphagia management.The 10th Asia Pacific conference on Speech, Language, Hearing, Sep 17-19, Narita, Japan, International University of Health and Welfare.
<シンポジウム・講演>
  1. 西條英人:口唇口蓋裂児に対する、胎児診断の現状と出生後のマネージメント. 宮崎口唇口蓋裂研究会,2017年1月13日,宮崎県宮崎市.
  2. 星 和人:生体内で自律的に成熟する臓器再生デバイス(生分解性中空糸モジュールを使用した変形性関節症治療用再生デバイス−膝軟骨対応)「NeoJoint」.Regenarative Medicine Crossroad in Tokyo #3, 2017年2月1日,日本橋ライフサイエンスビル6F, 東京都中央区.
  3. 星 和人:足場素材を用いた再生関節軟骨の研究開発.(シンポジウム32:実用化を目指す関節軟骨再生医療)第16回日本再生医療学会総会,2017年3月7‐9日(9日)仙台国際センター 宮城県仙台市.
  4. 西條英人:初回口唇形成術に関する最近の動向. 第21回口唇口蓋裂勉強会(第71回日本口腔科学会学術集会),2017年4月27日,愛媛県松山市.
  5. 須佐美隆史,大久保和美,井口隆人,岡安麻里,煬ヒ 毅:口唇裂・口蓋裂患者に対するチーム医療において矯正歯科医が果たすべき役割.第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会,2017年5月18−19日,ホテルオークラ東京,東京都.
  6. 西條英人:私が思う超高齢社会へのインプラントロジストの立ち位置(特別講演).OZの会,2017年6月25日,東京.
  7. 西條英人:当施設における歯槽骨再生療法の現状.羽地歯科口腔外科講演,2017年6月30日,沖縄県宮古市.
  8. 末永英之:シンポジウム(最先端technologyの口腔外科への応用)「コンピュータビジョンと拡張現実を用いたコンピュータ支援手術」.第62回日本口腔外科学会総会・学術大会,2017年10月20日,国立京都国際会館,京都府京都市.
  9. 西條英人:顎顔面領域における再生医療の現状と将来展望.心身科学会講演会,2017年11月24日,愛知県日進市.
<受賞>
  1. Kashiwagi M: Hedgehog agonist promotes callus formation in a mouse fracture model. MTG- Young Investigator Award, International Association of Dental Research, March 23, 2017.
  2. 久保田恵吾:OSCC における CD163+CD204+TAM の IL-10 およびPD-L1 を介した宿主免疫抑制機構. 第62回日本口腔外科学会総会・学術大会 優秀口演発表賞,2017年10月20―22日 京都国際会館, 京都.