お知らせ:メインシンポジウム「新たな疫学の展開を求めて」に登壇

1月末に開かれる日本疫学会学術総会でメインシンポジウムに登壇します。ぜひご参加ください。

第31回日本疫学会学術総会
会期:2021年1月27日(水)~1月29日(金) ※オンライン配信によるWeb開催

メインシンポジウム「新たな疫学の展開を求めて」

1月28日(木)9:40-11:40
S-03 社会疫学のあゆみから考える疫学の未来
近藤 尚己
(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻国際保健学講座社会疫学分野)

学会の参加登録の〆切は1月20日(水)です。

Webinarビデオ公開:新型コロナウイルス感染症の高齢者への影響について

新型コロナウイルス感染症の高齢者への影響についてのWebinarの録画ビデオがYouTube上で公開されました

新型コロナウィルスの流行によるアジア太平洋地域の高齢者の生活への影響とその対策を議論するためのウェビナーでした。高齢者の社会的つながりを維持することの重要性を、国内の疫学調査結果をもとに説明しました。

OLDER PERSONS, COMMUNITIES AND COVID-19

Moderator:

Dr. John Beard
Professor, University of New South Wales and Former
Director of WHO Ageing and Life Course

Featured Discussants:

Dr. Naoki Kondo
Presentation on ‘Importance of social connection for health and wellbeing of older people – lessons from JAGES’
Dr. Kitti Larpsombatsiri
Director of Bureau of Elderly Health Department, MOPH, Thailand
Mr. Arun Maira
Chairman of the Board of Trustees, HelpAge International, and former
Member, Planning Commission of India
Dr. Hiromasu Okayasu
Coordinator, Healthy Ageing, WHO Western Pacific Regional Office
Dr. Quynh Ngoc Nguyen
Program Officer on Social Protection and Inclusive Growth, UNFPA Viet Nam
Dr. Mary Ann Tsao
Chairwoman, Tsao Foundation Singapore

<開催団体(共催)>
HelpAge International (国際NGO)
国連アジア太平洋経済委員会(UN ESCAP)
国連人口基金(UNFPA)
日本老年学的評価研究(JAGES)
アジア欧州会合(ASEM)
日時:2020年6月4日15:00 – 16:30 (インドシナ時間)日本時間17:00 – 18:30
言語:英語

 

 

講演:「共生社会実現のための戦略的な街づくりに向けたデータサイエンス活用術」

2020年2月7日、島根県松江市で行われたスポーツ庁主催の生涯スポーツ・体力つくり全国会議2020で「共生社会実現のための戦略的な街づくりに向けたデータサイエンス活用術」について講演をしました。

研究報告:「健康格差と無料低額診療の効果~京都保健会の事業利用者を対象としたコホート研究」

2020年3月20日、『無料低額診療事業のすべて』出版記念フォーラムにて、
本教室大学院生の西岡大輔さんが「健康格差と無料低額診療の効果~京都保健会の事業利用者を対象としたコホート研究」について発表します。
以下、開催概要です。ぜひご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■『無料低額診療事業のすべて』出版記念フォーラム
「生活困窮者の 医療保障を考える」

日時:2020年3月20日 (金・祝) 13:10~16:30 (開場12:45)
会場:大阪産業創造館4階イベントホール
( 地下鉄堺筋本町駅から徒歩5分)
参加費:800円(生活困窮者は半額/当日支払い)
(参加者には医療安全関連の本を贈呈予定)

【基調講演】「貧困・生活困窮問題の歴史と現代における課題」
炭谷茂・恩賜財団済生会理事長(元厚生省社会・援護局長、元環境事務次官)
【研究報告】
「健康格差と無料低額診療の効果~京都保健会の事業利用者を対象としたコホー
ト研究」: 西岡大輔(医師、東京大学大学院)
【現場から】
ホー厶レス支援:笠井亜美(NPO法人Homedoor専門相談員)
外国人支援:觜本郁 (神戸外国人救援ネット、移住者と連帯する全国ネットワー
ク)
無料低額老健:倉町 建(元老健施設ライフポート茨木支援相談員))
【研究会による「提言」の解説】
阿川千尋(日本女子大学学術研究員)
【意見交換、討論、行動計画 】
※閉会後、別会場で交流会を予定

◆開催趣旨
格差と貧困が広がり、生活の苦しい人々が増えています。すべての人に医療を受
ける機会を保障し、 生活再建を助けることは、ますます重要な課題になってい
ます。
近畿無料低額診療事業研究会は、 3年余りの研究の積み重ねをもとに、『無料
低額診療のすべて 役割・実践・実務』(クリエイツかもがわ、税別2,600円)
を出版しました。
出版を記念し、生活困窮者の医療保障とソーシャルワーク実践のあり方、さらに
制度・政策の 改革方向について意見交換するため、下記の通り、フォーラムを
開催します。医療従事者、支援者、研究者、困窮当事者など、幅広い方々のご
参加を期待しています。

◆主催:近畿無料低額診療事業研究会(代表=吉永純・花園大学教授)
◆後援:日本医療ソーシャルワーク学会、大阪医療ソーシャルワーカー協会、兵
庫県医療ソーシャルワーカー協会、京都医療ソーシャルワーカー協会、大阪精神
保健福祉士協会(その他、福祉関係の諸団体に後援依頼中)

◆参加申し込み先
事務局:公益社団法人京都保健会
FAX: 075-882-5802
E-mail: kinki.mutei.kenkyu0320@gmail.com

氏名・ふりがな・所属等・居住都道府県・電話連絡先を書いて、E-mailでお申し
込みください。準備の都合上、できるだけ事前申し込みをお願いします。
問い合わせ:TEL 075-813-5901  京都保健会事務局
TEL 090-9044-5604  原昌平(ジャーナリスト)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【書誌情報】
無料低額診療事業すべて 役割・実践・実務」 吉永純編著 クリエイツかもがわ出版社
http://www.creates-k.co.jp/books/book.php?searchbk=1571307414

開催報告:「社会疫学研究の最近の動向:健康格差是正に向けた社会実験など」

2019年10月30日、一橋大学社会科学高等研究院(HIAS)で第41回定例研究会が開催され、「社会疫学研究の最近の動向:健康格差是正に向けた社会実験など」のタイトルで研究内容を報告し、報告内容について活発な議論を行いました。

講演:「思わず栄養がええようになるまちのつくり方 ~環境デザイン×行動科学のススメ~」

2018年10月27日、北海道医学会の市民公開シンポジウムで「思わず栄養がええようになるまちのつくり方 ~環境デザイン×行動科学のススメ~」について講演をしました。

お知らせ:NHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」

日本老年学的評価研究(JAGES)のデータを人工知能で分析した結果が紹介されます。

2018年10月13日(土)午後9時~9時55分(55分間)
総合テレビ NHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」
第3回 健康寿命
https://www.nhk.or.jp/special/askai/index.html

一般社団法人 日本老年学的評価研究機構 設立記念シンポジウムを開催

2018年7月8日(日)に東京大学鉄門記念講堂で一般社団法人 日本老年学的評価研究機構(JAGES) 設立記念シンポジウムを開催し、司会を務めました。

民産官学が連携して地域共生社会づくりをどのように進めて行くかについて多面的な立場から議論しました。当日は約150名の方にご来場いただきました。誠にありがとうございました。

シンポジスト
JAGES 機構 代表理事 近藤克則
厚生労働省社会・援護局地域福祉課 課長補佐 吉田貴典氏
経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 課長補佐 岡崎慎一郎氏
株式会社ドリームインキュベータ 執行役員 三宅孝之氏
NHK 2020東京オリンピック・パラリンピック実施本部 副部長 神原一光氏

指定発言者
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)国際事業部 国際連携研究課 調査役 鈴木友理子氏

健康格差に関する行動指針を発表しました

2018年6月16日、三重県津市で開催されました日本プライマリ・ケア連合学会学術総会にて、

シンポジウム:三重宣言2018「健康格差に対する見解と行動指針」声明文の作成手順・構成と健康格差の現状

報告しました

同学会の健康の社会的決定要因検討委員会の副委員長として同指針の策定にかかわりました。

指針の全文はこちらから読めます。

特別セミナー「社会疫学とは何か」開催11月24日東京

特別セミナー「社会疫学とは何か」開催
11月24日 
東京医科歯科大学M&Dタワー鈴木章夫講堂
 
社会疫学<上・下>巻(大修館)発刊を記念してセミナーを開催します。
 
原著執筆監修者のイチロー・カワチハーバード大学教授および日本の社会疫学研究・健康格差研究の第一人者である近藤克則千葉大学教授をお招きして社会疫学の到達点と展望について語っていただきます。
チラシはこちら
 
また、監訳者一同(高尾・藤原・近藤尚己)による、各章の読みどころの解説もあります。
 
ふるってご参加ください。