論文出版:コロナ第1波における“うつ”リスクを高める勤務・生活状況が判明

株式会社リンクアンドコミュニケーションと共同研究を行った、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生活様式の変化と健康についての研究が出版されました。AI健康アプリ「カロママ」の利用者を対象としてデータを分析しました。

Sato K, Sakata R, Murayama C, Yamaguchi M, Matsuoka Y, Kondo N. Changes in work and life patterns associated with depressive symptoms during the COVID-19 pandemic: an observational study of health app (CALO mama) users. Occup Environ Med. 2021 Feb 22:oemed-2020-106945. doi: 10.1136/oemed-2020-106945. Epub ahead of print. PMID: 33619124.

またプレス・リリースが発表されました。

京都大学大学院 近藤研究室(社会疫学分野)との共同研究を論文発表
コロナ第1波における“うつ”リスクを高める勤務・生活状況が判明
PR TIMES、2021年2月24日

【京都大学大学院 教授 近藤 尚己先生】 エッセンシャルワーカーには通勤や勤務量の過多で強いストレスか

緊急事態宣言中に仕事時間が増えた方の抑うつリスクが高く、テレワークに移行できた方は抑うつになりにくい、という結果は大変興味深いです。テレワークできない、いわゆるエッセンシャルワーカーと呼ばれる方々などが、通勤が大変だったり勤務量が多いといった理由でストレスフルな状況となっていたのかもしれません。
新型コロナウイルスの蔓延を機会に、働く場を選ばない新しい仕事のスタイルが普及することを期待します。

今回のデータはAI健康アドバイスアプリ「カロママ」利用者のものであり、健康づくりに比較的関心があり、スマホ等を高度に使いこなせる人が多いなどの特徴を持っている可能性があることに留意して解釈すべきでしょう。

メディア掲載:シンポジストとして登壇 健康経営会議2020

2020年12月17日にオンラインで開催された「健康経営会議2020」に近藤がシンポジストとして登壇しました。

その様子が労働新聞社の記事に掲載されました。

1on1実施に効果 在宅勤務の問題解消で 健康経営会議2020 – 労働新聞社(2021.01.19)
https://www.rodo.co.jp/news/100323/

京都大学大学院の近藤尚己教授は、労働時間が増えた人ほどストレスが高まっているとし、「働き方の変化で体を壊した人のデータが不足している」と問題を提起。

講演のお知らせ:健康経営会議2020

近藤尚己が12月17日の「健康経営会議2020:新型コロナ流行下における企業の健康経営の在り方」のパネルディスカッションと講演動画に登壇します。
事前申し込みが必要で、先着700名(無料)となっています。皆様の参加をお待ちしております。

健康経営会議2020
12月17日(木)15:00-17:00、オンライン、先着700名(無料)
事前申し込みはこちら
近藤尚己の講演動画「新型コロナ流行下での健康格差について」

日本公衆衛生学会総会で優秀口演賞受賞・最優秀口演賞

第79回日本公衆衛生学会総会2020で、当教室の日本学術振興会SPDの木野志保さんが優秀口演賞を受賞しました(2020年10月21日)! 口演タイトル:Mental, physical and social health among older Japanese with public assistance

また、共同研究者である国立長寿医療研究センター・JAGES機構の宮國康弘さんが最優秀口演賞を受賞しました。JAGESからは4年連続最優秀口演賞が選ばれています!

木野さん、宮國さん、おめでとうございます!

京都大学大学院医学研究科社会疫学分野構成員(2020年9月1日~)

2020年9月1日に、近藤尚己は京都大学大学院医学研究科社会健康医学専攻国際保健学講座社会疫学分野の教授に着任しました。当教室の2020年10月23日現在のメンバーは以下の通りです。

  • 教授:近藤尚己
  • 特定助教:長谷田真帆
  • 研究員:Andrew Stickley、佐藤豪竜
  • JAGES研究員:姉崎久敬
  • 日本学術振興会SPD:木野志保
  • 教務補佐員:井上園江
  • 事務補佐員:伊東治美、五島清美
  • 大学院生(特別研究学生として、東京大学大学院医学系研究科保健社会行動学分野(橋本英樹教授)より指導委託受け入れ)
    • 博士課程雨宮愛理、西岡大輔、上野恵子、金森万里子、下田哲広、松岡洋子
    • 修士課程永田英恵、中村有里、西尾麻里沙
  • 客員研究員:石川善樹
  • 研究協力員:小澤いぶき、中川啓介

学会発表:日本公衆衛生学会総会

第79回日本公衆衛生学会総会で発表しました(2020年10月20日~22日)。

  • 一般演題(口演)
    金森万里子「都市/農村の抑うつの格差:市町村・小学校区の地区単位別の検討 JAGES」
    近藤 尚己 「独居・不就労と頻回受診:生活保護受給者管理情報と医療扶助レセプトの連結データ解析」
    長谷田真帆「希望する最期の場所の選びにくさと社会経済的状況の関連:JAGES 横断研究」
  • 一般演題(示説)
    西岡 大輔 「医療機関で用いる患者の生活困窮評価尺度の開発」
  • English Session
    Kino Shiho 「Mental, physical and social health among older Japanese with public assistance」

コメント:コロナ流行下で、子どもの世話が増えた人の生活変化を調査 休園・休校の影響で労働や余暇の時間は減少

配信ニュースの記事に近藤尚己がコメントしました。

コロナ流行下で、子どもの世話が増えた人の生活変化を調査 休園・休校の影響で労働や余暇の時間は減少

PRTIMES、2020/10/13

時事ドットコムニュース、2020/10/13

大幅に増えた人の中には、仕事ができない、あるいは仕事がないことへの不安を抱えている人が一定以上いることがわかったのは重要な発見だと思います。コロナ禍で保育時間を短縮せざるを得ない保育園等の話を聴きます。保育園であずけられないために、職を失ったり、仕事時間を減らすことでストレスを感じているのかもしれません。仕事が減った方の収入減少がどれくらいあったか、などについて、追加で検討してみることも大切だと思います。また、保育園の受け入れ状況も次第に変化していると考えられますので、継続的にこのような評価をして、状況把握していくことで、子育て支援の施策等を検討する材料になると思います。

 

学会発表:医療経済学会で発表しました

医療経済学会の第15回研究大会で発表しました(2020年9月5日)。

  • 一般演題
    西岡大輔「Impact of cutbacks in social security benefits on household
    medical care expenditure among public assistance recipients: Evidence
    from natural experiment involving age-based eligibility threshold in
    Japan.」

3演題がプレゼンテーション・アワードを受賞

2018年6月に三重県津市で行われた日本プライマリケア連合学会学術総会にて、大学院生の雨宮 愛理、西岡大輔、特任研究員の長谷田真帆の3名が「プレゼンテーションアワード」を受賞しました

学会からの発表はこちらです。おめでとう!

O-001 社会的処方の事例と効果に関する系統的レビュー:普及に向けた課題整理
西岡 大輔(東京大学大学院 医学系研究科 健康教育・社会学分野)

O-143 地域のソーシャル・キャピタルと高齢者の要介護度改善の関連:JAGESコホート研究
雨宮 愛理(東京大学大学院 医学系研究科 健康教育・社会学分野)

O-187 高齢者の熊本地震後の居住環境変化と歩行時間減少の関連:JAGESコホート研究
長谷田 真帆(東京大学大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野)

 

大学院生雨宮愛理さんが学会での研究賞受賞

2018年6月に三重県津市で行われた日本プライマリケア連合学会学術総会にて、大学院生の雨宮 愛理さんが「地域ケアネットワーク賞 研究部門」を受賞しました。

 

受賞下演題は以下です。

雨宮愛理、近藤尚己、長谷田真帆、西岡大輔、近藤克則

「地域のソーシャル・キャピタルと高齢者の要介護度改善の関連:JAGESコホート研究」