本文へジャンプ
教育目標・方針


1.臨床感性に優れ

2.高い臨床技術を持ち

3.地域社会の医療に貢献できる実践的理学療法士の育成





卒業後には社会人となることから,「自律できる社会人」の養成は,教育の基本であり,以下の3点を教育の特色としています.

1.教育方法

@実践的・実績をもつ「問題解決型」教育方法
A臨床経験豊富な教員配置
2.教育環境
@実践的教育を可能とする、設備機器
A快適性を配慮した学習環境
B学生生活を支援するシステム
3.卒業後の支援
「(当大学を)卒業して良かった」と思える、卒後支援
  Copyright(c) 2008 Kyushu University of Nursing and Social Welfare,
Department of Rehabilitation All Rights Reserved.