トップページ > 腎臓病とは > 腎臓病の種類と原因 > 痛風腎

痛風腎

ブックマーク: はてなブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

尿酸結晶が腎臓に沈着すると痛風腎となります。

尿酸はプリン体(核酸の成分)と言う物質が代謝されてできる老廃物です。体内のプリン体からの産生が多い、プリン体を多く含む食品(魚、肉類、ひもの、など)の取りすぎ、あるいは尿中の排泄が低下する、あるいはこれらが重なって、血中濃度が上昇します(高尿酸血症)。しかし血液に溶けることのできる尿酸の量は非常に少なく、濃度が上がると結晶として、特に関節(足の親指の付け根が多い)に沈着し、我慢できないくらい痛むのが痛風発作で、遺伝的な要因が大きいとされています。

痛風腎を発症すると、慢性間質性腎炎を呈し慢性腎不全の原因となります。糸球体には病変が少ないため尿蛋白はあまり出ません。また、尿酸結石が尿路につまると血尿や痛みを呈します。

先頭へ戻るこのページの先頭へ

【関連記事】

間質性腎炎

慢性腎不全

腎臓結石とは