トップページ > 腎臓病とは > 腎臓病の種類と原因 > 糖尿病性腎症

糖尿病性腎症

ブックマーク: はてなブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病性腎症の原因

糖尿病はご存知の方も多いと思います。糖尿病の患者さんで食事療法などがうまくいかず、血糖の高い状態が10年以上も続くと、全身の動脈硬化が進行し始めます。腎臓に病気が及ぶと蛋白尿が出始め、ネフロ−ゼ症候群を呈する場合もあれば、慢性腎不全に至る患者さんも出てきます。慢性腎不全の項で説明したように最近では透析を始める患者の第一位で、5人に2人は糖尿病性腎症の患者であることから、大きな問題となっています。

原因ははっきりしています。糖尿病であっても血糖さえきっちりコントロールすれば、腎症は予防できます。

一方、蛋白尿(検尿の試験紙で確認できる)が出始めた患者さんに腎生検を行うと、かなり病変が進んでいることがほとんどで、進行をある程度遅らせることは出来ても、もとに戻すことは困難です。できるだけ早く発見する事が重要ですが、その指標の1つに微量アルブミン尿があります。微量アルブミン尿とは、検尿テープでは尿蛋白は陰性の時期に、テープより感度の高い特殊な方法で調べ、アルブミンという蛋白が正常よりたくさん出ている場合を言います。

微量アルブミン尿の時期には血糖を厳密に管理することによって、腎症が治る可能性があることから、糖尿病の患者さんにとっては大変重要な時期です。この時期を通り過ぎて腎機能も低下すると、いくら血糖を管理しても腎症は進行すると言われています。もちろん、血糖のコントロールが甘いとさらに急速に進行します。

先頭へ戻るこのページの先頭へ

【関連記事】

検尿の重要性

糖尿病性腎症の治療

糖尿病性腎症の薬物療法

血液透析療法

CAPDとは