トップページ > 腎臓病とは > 腎臓病の種類と原因 > 小児科で扱う腎臓病

小児科で扱う腎臓病

ブックマーク: はてなブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

生まれつきの病気(先天性あるいは遺伝性)と後からかかる病気(後天性)とがあります。腎臓内科や泌尿器科の腎臓病のほとんど小児でも見られます。またこれ以外に小児科特有の腎臓病もあります。

先頭へ戻るこのページの先頭へ

【関連記事】

小児の先天性奇形

小児の尿細管の異常

小児の遺伝性または家族性腎疾患

小児の糸球体腎炎

小児のネフローゼ症候群

小児の間質性腎炎

溶血性尿毒症症候群(HUS)