トップページ > 腎臓病とは > 腎臓病の種類と原因 > ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群

ブックマーク: はてなブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

ネフローゼ症候群とは

ネフロ−ゼ症候群は正確には病名ではありません。

尿蛋白が1日3.5g以上を呈し、血液の中で最も多いアルブミンと言う蛋白質が減少し、3.0g/dl以下(正常は4.0g/dl以上)に低下した場合をネフロ−ゼ症候群と呼んでいます。アルブミンが減少するとむくみ(浮腫)、と言う共通の症状が見られるためネフロ−ゼ症候群と言う呼び方をするわけです。

ネフローゼ症候群の原因としては先に述べた慢性糸球体腎炎(微小変化型ネフロ−ゼ症候群や膜性腎炎など)が最も多いのですが、糖尿病性腎症、膠原病などもネフロ−ゼ症候群を呈します。このように原因は様々ですから、当然治療法も原因によって異なります。いずれにせよ、糸球体基底膜(蛋白質を漏らさないための膜)の網の目があらくなり、蛋白質が尿に漏れることによって起こります。

尿蛋白の程度とむくみ(浮腫)の程度は必ずしも一致するものではありません。むくみ(浮腫)を早く見つけるには、約10秒くらいきつく押さえて、へこみが持続するか調べます。むくみ(浮腫)の程度がきつくなると、全身浮腫となり(5kg以上体重が増加する)、腹水や胸水、さらには肺浮腫まで呈することがあります。こうなると一時的にも透析で体の余分な水分(むくみ)を取り除くことも必要となります。

先頭へ戻るこのページの先頭へ

【関連記事】

ネフローゼ症候群の治療

難治性ネフローゼ症候群の治療

小児のネフローゼ症候群