トップページ > 腎臓病とは > 腎臓病の構造と働き > ネフロンとは

ネフロンとは

ブックマーク: はてなブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

腎臓の主な働きは尿を作ることですが、これを行っているのがネフロンと呼ばれる管状の構造で、1個の腎臓に約100万個あります。

ネフロンの始まりは、腎皮質にある糸球体(腎小体とも呼ぶ)で、ボウマンのうという袋の中に毛細血管が詰まっています。顕微鏡で見ると、丁度毛糸の糸玉(球)のように見えることから糸球体という名前が付けられました。糸球体では毛細血管からボウマンのうに水分がにじみ出し(糸球体ろ過と言います)、この水分が尿細管と呼ばれる細い管を流れます。尿細管は、糸球体のある皮質から一度髄質の深いところまで流れ、再び元の糸球体に戻って来るループ構造になっています。この構造が腎臓の働きに不可欠です。

ちなみに糸球体でにじみ出る水分の量は1分間に120ミリリットル(腎臓に流れ込む血液の約1/8)で、1日に換算すると、なんと170リットルにも及びます。一方、1日の尿量は普通1〜2リットルですから、糸球体でこし出された水分の大部分は尿細管を流れている間に、再び血管に戻る(再吸収と呼ぶ)ことになります。

糸球体ろ過は、血球や蛋白質などの大きな分子以外は無選択に行われるため、体に必要なアミノ酸やブドウ糖などもろ過されます。しかし、尿細管にはこのような大事な物質を失わないような再吸収の機能が完備されているわけです。

一方、糖尿病のように血液のブドウ糖濃度が非常に高いと、ブドウ糖の糸球体ろ過量も増加し、尿細管での再吸収能力を上回り、尿に糖が混じることになります。これが糖尿病です。しかし血糖値が正常でも、尿細管のブドウ糖再吸収能力に異常が有れば尿に糖が混じることになりますが、これは本当の糖尿病ではなく、腎性糖尿と呼ばれ、病気ではありません。ですから、尿に糖が出たからといって本当の糖尿病とは限らないわけで、血糖値を調べる必要があります。

先頭へ戻るこのページの先頭へ

【関連記事】

腎臓と尿路の構造

腎臓の働き:体液の調節

腎臓の働き:老廃物の排泄

腎臓のその他の働き