トップページ > 腎臓病とは > 腎臓病の種類と原因 > IgA腎症の病像

IgA腎症の病像

ブックマーク: はてなブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

IgA腎症とは

日本人で最も多い慢性糸球体腎炎で(30%以上を占める)、腎生検では糸球体のメサンギウム細胞の増殖が見られ、メサンギウム領域に免疫グロブリン(抗体として作用する;IgA、G、M、D、Eなどの種類がある)の一種であるIgAが沈着する病気です。

なんらかの抗原が体に入り(特にのどや腸)、これに対する抗体としてIgAが産生され、この免疫複合体がメサンギウム領域に沈着すると考えられていますが、原因となる抗原は完全にはわかっておらず、残念ながら現時点では原因不明と言わざるを得ません。最近では扁桃を中心とした慢性感染との関連が注目されています。

IgA腎症の症状は様々で、多くの場合再発性、持続性血尿や慢性腎炎症候群を呈します。健診や他の病気で検査したときに検尿で蛋白尿や血尿を指摘されたり、あるいは感染に伴って肉眼的血尿が出現して発見されることが多いですが、他の症状で発見されることもあります。

昔はIgA腎症は予後の良い慢性糸球体腎炎と考えられていましたが、腎生検が普及するにつれ、必ずしも予後は良いとは言えず、20年後には30〜40%が腎不全になることも判ってきました。また、病状は時期によって変化ることに注意がいります。腎生検を行った時点では活動性は低いと考えられても、数年後には非常に活動性の強い病変に変わることもあり、油断の出来ない病気です。定期的な検尿や血液検査はもちろん、腎生検を繰り返し行い、活動性を監視する必要があります。

紫斑病性腎炎や肝硬変でも二次性IgA腎症が認められます。しかし、これらは原発性のIgA腎症とは区別して考えられています。

先頭へ戻るこのページの先頭へ

【関連記事】

糸球体腎炎の症状

慢性糸球体腎炎の薬物療法

扁摘パルス療法