ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

50P-099 ヒールレイズにおける前足部接地条件の違いが下腿三頭筋の筋活動に及ぼす影響梶山裕太1),溝口想1),江連智史1),黒川純1)1)船橋整形外科 西船クリニックkey words ヒールレイズ・筋電図・接地条件【目的】 ヒールレイズは下腿三頭筋の筋力強化を目的として臨床的に多く用いられている. ヒールレイズに関する先行研究では, 小趾球荷重に比べ母趾球荷重で腓腹筋内側頭・外側頭の筋活動が高いと報告されているが, 接地条件の違いについて検討した報告は少ない. 本研究の目的はヒールレイズにおける接地条件の違いが下腿三頭筋の筋活動に及ぼす影響を明らかにすることとした.【方法】 対象は健常男性10 例20 足とした. 筋活動の測定は表面筋電計(Myotrace 400) を使用し, 被験筋は腓腹筋内側頭・外側頭・ヒラメ筋とした. 運動課題は両脚立位ヒールレイズ( 母趾球荷重と小趾球荷重) とし, 足関節60°底屈位を保持させた. 前足部接地条件は, 前足部を全て接地させる方法( 全接地群), 自作の踏み台上に部分的に前足部のみを接地させる方法( 部分接地群) の2 群に分類した. 筋電図解析は5 秒間の等尺性収縮中の安定した筋活動が得られた中間3 秒間とした. 最大随意収縮(MVC) はBIODEXを用いて測定し,%MVC を算出した. 各筋活動に対しMann-Whitney のU 検定を用いて2 群間で比較した. 有意水準は5%とし統計ソフトはSPSSver.12.0 を使用した. 尚,本研究は当院の倫理委員会の承認を得て行った.【結果】 腓腹筋筋活動は両群間で有意差を認めなかった. ヒラメ筋筋活動では小趾球荷重において, 全接地群で36.9 ±18.8% , 部分接地群で30.0 ± 28.6%であり, 全接地群は部分接地群よりも有意に高値を示した.【考察】 本研究結果より, ヒラメ筋筋活動のみ小趾球荷重において部分接地群に比べ全接地群で高値を示した. 全接地群では部分接地群と比較し, 小趾球荷重に伴ったより大きな踵骨回外が生じると考えられ, 踵骨回外作用を持つヒラメ筋の筋活動が高まったと考えた.【まとめ】 ヒールレイズにおける接地条件の違いが下腿三頭筋の筋活動に及ぼす影響を検討した. 前足部接地条件の違いにより小趾球荷重のヒールレイズにおいてヒラメ筋筋活動に影響を与えた.P-100 健常若年者を対象とした2 ステップテストと筋力・柔軟性・加速度との関係性について宗像歩1),森諒1),布川才浩1)1)一般社団法人 巨樹の会 新上三川病院 リハビリテーション科 key words 2ステップ・筋力・加速度【目的】 2 ステップテストは, 筋力・柔軟性を含む歩行能力が総合的に評価でき, 日本整形外科学会で基準値が定められるも, 筋力や柔軟性の関係性についての報告は少ない. そこで, 本研究はこれらの関係性を明確にする事を目的とした. さらに,2 ステップ動作時の加速度波形を計測することで3 軸方向の動揺の程度が把握できると考えた. これらより, 本研究では健常若年者を対象に2 ステップテストによる2 ステップ値と筋力・柔軟性に加え3 軸方向の動揺を算出し, 各々の関係性について検討した.【方法】 対象は健常若年者31 名( 年齢26.0 ± 2.2 歳) とした. 測定項目は,2 ステップテスト, 筋力は大殿筋と大腿四頭筋,柔軟性は指床間距離と股関節前面部, 足底筋膜を計測した.また,加速度の計測には,3軸加速度センサーを装着し,X軸( 鉛直方向)Y 軸( 左右方向)Z 軸( 前後方向) の2 ステップ動作時の加速度波形を計測した. 各加速度値から2 乗平均平方根値(RMS 値) を算出した. 統計処理はSPSS を使用し,2 ステップ値と各項目の平均値及びRMS 値をピアソンの積率相関係数を用いて検討した. その際, 有意水準は5%未満とした. なお本研究はヘルシンキ宣言に従い, 説明と同意を得て実施した.【結果】 2 ステップ値と筋力値では大殿筋・大腿四頭筋, 加速度値ではZ 軸のRMS 値と正の相関がみられた.【考察】 今回, 健常若年者では,2 ステップ動作と筋力・前後方向の加速度に関係性が得られた. よって大殿筋, 大腿四頭筋の筋力値及びZ 軸の加速度が高ければ2 ステップ値は増大する相関関係にあった. しかし, 相互に相関関係は得られなかった. よって,Z 軸への加速度は大殿筋・大腿四頭筋が直接関係しておらず, 他の要因があると考えられる. また,2 ステップ値と柔軟性の関係性は得られなかった. このことより, 健常若年者の柔軟性は2 ステップテストで必要となる関節運動遂行の要因とならない事が考えられる. 今後, 高齢者を対象とし, 年齢に応じた筋力・柔軟性・加速度との関係性を検討したい.