ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

40P-079 当院内科病棟患者に対して、バランス練習を取り入れたことによりSPPB 得点上昇に有効であった症例出井正紀1)1)医療法人 熊谷総合病院key words SPPB・バランス・内科病棟【目的】 先行文献において, 下肢筋力は4 m歩行、椅子からの立ち上がりテストと有意な相関があると述べられているが、バランス練習に関する報告は少ない。今回、当院内科病棟患者に対しバランス練習を取り入れたことで、ShortPhysical Performance Battery(以下SPPB)得点上昇に有効であった症例を経験したため報告する。【説明と同意】 本人に本報告内容を説明し、書面にて同意を得た。【症例紹介】 80 歳代男性、身長158.0 cm、体重53.2 kg、BMI 21.3。入院前ADL:要介護1、屋内つたい歩きレベル。診断名:尿路感染症。既往歴:前立腺肥大症、2型糖尿病(治療自己中断)。検査値:白血球数12820 μ /l、CRP19.6mg/dl。【理学療法初回評価】 運動機能はMMT 両上下肢ともに4 レベル、関節可動域は両側膝伸展制限- 5 度、感覚障害は両側足底表在感覚鈍麻、SPPB4 点(バランステスト2 点、歩行テスト1 点、椅子立ち上がりテスト1 点)、基本動作は、立位・移乗見守りレベル。MMSE17/30 点。BI20 点(加点項目:食事、移乗)であった。【経過】 入院後1 日目より解熱、3 日目より理学療法開始、4 日目にSPPB 実施。6 日目炎症反応ピークアウト。通常理学療法に加え、バランス練習として前後開脚状態での屈伸運動を左右10 回ずつ実施。入院1・2 週間後と再度SPPBを実施したところ、どちらも合計6 点と上昇。また、BI も55 点(加点項目:食事、移乗、トイレ、移動、更衣、排尿・便)と上昇した。【考察】 本症例では、通常理学療法に加えバランス練習を取り入れたことでSPPB 得点上昇に有効であった。バランス練習を取り入れたことで、側方方向への安定性が向上したと同時に股・足関節周囲の筋出力向上が得られたと考えられる。内科病棟患者における理学療法では、ADL 低下予防、在院日数の減少、生命予後の改善といった多くの目的が掲げられている。その中で安全性・利便性・正確性のあるSPPB を継続して評価していくことは有用であると考えられる。P-080 排痰管理にカフアシストを導入し在宅復帰に至った、筋萎縮性側索硬化症患者の一例宮下幸平1),井所拓哉1)1)公立藤岡総合病院key words カフアシスト・筋萎縮性側索硬化症・在宅復帰【はじめに】 カフアシストは高い陽圧をかけた後、瞬間的に陰圧をかけることで、呼気流量を発生させ咳を代用し排痰補助する機械である.今回、吸引での痰除去困難な筋萎縮性側索硬化症(以下:ALS)患者に対してカフアシストを導入した.これにより吸引での痰除去が可能となり、自宅退院に至ったため以下に報告する.【症例紹介】 66 歳男性. 肺炎にて入院.2 年前にALS と診断.ALSFRS-R:14/48 点.要介護2.肺炎により入退院繰り返すも、ADL 介助下で在宅生活を送っていた.在宅での呼吸管理として、非侵襲的陽圧換気(以下:NPPV)を使用していた.自己排痰は困難、在宅用吸引機を使用していた.本人、妻より挿管、気管切開希望なし.発表に際し、本人、家族に同意を得た.【経過】 入院4 病日、痰での気道閉塞.吸引での痰除去困難、気管支鏡を第14 病日まで継続.理学療法は第6 病日より開始.初回時、意識清明.NPPV を酸素3L/ 分で使用、SpO2:96%、呼吸不規則であり、努力性であった.四肢筋力はMMT にて3 ~ 4、末梢優位に低下あり.呼吸苦により離床拒否、床上中心に介入.第38 病日にカフアシスト2回/ 日で導入、家族指導開始.介入時に呼吸介助と併用し行った.同調と家族実施時のリークが問題となった.同調に対し、マスクを胸に当てタイミングを学習、リークに対しては、家族間でのフィッティングを行った.第48病日より夜間吸引回数は減少.第50 病日、見守りで妻が実施開始.第86 病日、自宅退院となった.退院時、NPPV酸素3L/ 分で使用.起居起立軽介助、端座位自立、歩行は介助にて5m、呼吸苦自制内で可能となった.【考察】 本症例の在宅復帰困難の要因として、在宅吸引器での痰除去困難が挙げられた.カフアシスト導入後、吸引での痰除去が可能となり、呼吸苦減少し離床意欲向上、在宅復帰が達成された.排痰管理にカフアシストは有用であるが、在宅での適切な使用に向けて在宅介助者への指導が重要である.