ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

7O-013 市中肺炎患者の%VC は再入院の予測因子として有用である-Propensity score を用いた検討-酒井康成1,2),大平雅美3),横川吉晴3),山本周平1),吉村康夫1)1)信州大学医学部附属病院 リハビリテーション部2)信州大学大学院医学系研究科3)信州大学医学部保健学科 理学療法学専攻key words 市中肺炎・再入院・Propensity score【目的】 我々は,第52 回日本理学療法学術大会にて市中肺炎(CAP) 患者の% VC が再入院の予測因子であることを明らかとした.しかしサンプルサイズが小さく独立変数の投入因子が少なかった事から背景因子を十分に考慮することができなかった.そこで本研究はPropensity score(PS)を用い背景因子を調節した上で患者の% VC が再入院の予測因子であるかを明らかとすることを目的とした.【方法】 対象はCAP 患者122 名.検討項目は年齢,性別,BMI,喫煙歴,FIM,整形疾患・呼吸器疾患・心疾患・糖尿病の既往の有無,血圧,脈拍,体温,肺炎重症度(CURB65-score),%肺活量(%VC),再入院までの日数とした.フォローアップ期間は1年間とした.統計学的解析は,再入院の予測因子であった%VC を正常群と低下群の2 群に分類し,Kaplan-meier 法を用いた検討を行った(Log-rank test).次に,再入院を従属変数,検討項目を独立変数としたロジスティック回帰分析による検討を行った.この際,%VC 以外の背景因子をPropensity scoreに換算し,独立変数として共変量の調整を行った.なお,有意水準は5% とした.【結果】 再入院患者数は56 人であった.再入院の発生率に関して,% VC 低下群は正常群と比較し再入院までの日数が短い傾向が示された(Log-rank test p < 0.001).ロジスティック回帰分析の結果は% VC(OR)1.14(95% 信頼区間1.08-1.21,p < 0.001) であった.【結論】 % VC は肺コンプライアンスや呼吸筋力を反映し,咳嗽力と関係がある.そのため喀痰や細菌の排除に重要な要素であることから,% VC が再入院の影響因子であることが考えられた.CAP 患者において% VC が再入院予測のために有用な指標であり,% VC を改善させることが再入院率の低下に重要であることが示唆された.【倫理的配慮・説明と同意】 本研究は昭和伊南総合病院研究倫理審査委員の承認( 承認No4014-4) を得た.患者に対して研究の趣旨,結果の取り扱いについて説明し同意を得た.O-014 運動後心拍減衰応答を用いた透析関連低血圧の管理に関する検討臼井直人1),小林拓郎1),小田舞香1),須藤祐司2),上畑昭美2),土屋貴彦2),稲津昭仁2),久留秀樹2),泉朋子3),石川卓志4)1)嬉泉病院 リハビリテーション科2)嬉泉病院 内科3)嬉泉クリニック4)五反田リハビリテーション病院key words 透析関連低血圧・心拍数減衰応答・運動療法【目的】 透析関連低血圧(intradialytic hypotension:IDH) は30%程度の透析患者が抱える頻度の高い合併症であり,透析治療を妨げるだけでなくQOL や生命予後の不良因子であることから管理すべき重要課題である。IDH は自律神経障害に伴う心血管系代償機転低下が一因であり, 自律神経機能を反映する運動後心拍数減衰応答(heartraterecovery:HRR) はIDH の管理上有用な指標と考えられる。本研究の目的はHRR とIDH の関連と管理目標値を明らかにすることである。【方法】 対象は2014 ~ 2016 年に運動負荷試験を実施した透析患者137名( 男93 名 女44 名,平均年齢69.9±10.3 歳,内糖尿病75 例,peak Mets4.3 ± 1.2) である。IDH は透析中に収縮期血圧30mmHg 以上の急な低下があり, 且つ昇圧剤の使用を必要とした場合, または除水速度の調整が必要な低血圧を生じた場合と定義し,IDH 群, 非IDH群とした。HRR は運動負荷試験の負荷終了時と終了1 分後の心拍数の差と定義して群間比較を行った。また, 血清アルブミン, 足関節上腕血圧比, 脈波伝搬速度, 左室駆出率, 除水率を共変量としたロジスティック回帰分析を実施し,ROC 解析からcut off 値を算出した。本研究は当院倫理委員会承認の下に実施した。【結果】 IDH は51 例に認め,HRR は平均値9.1 ± 6.5 拍であった。HRR の群間比較ではIDH 群6.3 ± 5.5 拍,非IDH 群10.7 ± 6.5 拍とIDH 群で有意に低値を示し(p=0.0001), 共変量で調整後もHRR は有意な因子であった(p=0.002, オッズ比0.89)。ROC 曲線の曲線下面積は0.72(p=0.0001),cut off 値は8.5 拍( 感度60.5% , 特異度78.4% ) であった。【考察】 先行研究にて糖尿病患者のHRR の平均は19 拍程度と示されている。本結果より, 透析患者では糖尿病患者と比較してもHRR が低下しており,IDH の独立した要因であることが示唆された。HRR は運動療法で改善する事が多数報告されていることから, 透析中の血圧管理に運動療法が有効である可能性があり,HRR8.5 拍以上に管理すべきと考えられた。