ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

6O-011 歩行速度の遅い脳卒中片麻痺者に対する歩数計測方法の開発山田隆一郎1),清水忍2),市野沢由太1),有阪直哉2),守田憲崇2),鶴田陽和2),松永篤彦1,2)1)北里大学大学院 医療系研究科2)北里大学 医療衛生学部key words 脳卒中片麻痺・歩数・3軸加速度計【背景】 身体活動量は死亡率などの生命予後との関連が示されており、その把握は疾病管理上重要である。従来、身体活動量の指標には歩数が用いられているが、歩行速度の遅い脳卒中片麻痺者(片麻痺者)では既存の身体活動量計による歩数の計測は困難である。本研究の目的は、3軸加速度計から得た加速度波形を高速フーリエ変換して歩数を算出することで、歩行速度が遅い片麻痺者の歩数を正確に測ることが可能か否かについて明らかにすることとした。【方法】 対象は平地歩行可能な片麻痺者69 名とし、快適歩行速度によってA 群(20m/min 未満)、B 群(20-30m/min 未満)、C 群(30-40m/min 未満)、D 群(40-50m/min 未満)、E 群(50m/min 以上)の5 群に分けた。対象者の非麻痺側下腿後面に3 軸加速度計を装着して1 分間以上の連続歩行を行った。この際、測定者が追従して実際の歩数を目視にて計測した。歩行中に得られた各軸(左右, 鉛直, 前後)の加速度波形から合成波形を求めた後、各波形をそれぞれ高速フーリエ変換してピーク周波数を求め、歩数を算出した。統計学的解析には、実際の歩数に対する誤差率を用い、歩行速度(A,B,C,D,E 群)と歩数の算出に用いた波形(左右, 鉛直, 前後, 合成)の2 つを要因とした分散分析を行った。本研究は所属施設の研究倫理委員会の承認を得て行った。【結果】 分散分析の結果、各要因とも有意な主効果を認め、二要因間の交互作用も認められた。多重比較の結果、左右、鉛直、前後の各軸の波形から歩数を算出した場合、A 群の誤差率は全て100% 以上と他群より有意に高値を示した。一方、合成波形から歩数を算出した場合、A 群の誤差率は7.0 ± 0.8% でありB,C,D 群の誤差率と差を認めなかった。【まとめ】 3 軸加速度計から得た合成波形を高速フーリエ変換して歩数を算出することによって、快適歩行速度が20m/min 未満の低速度の歩行であっても片麻痺者の歩数を比較的正確に測定することが可能であった。O-012 歩行速度が自立判定カットオフを満たさず歩行自立に至った脳卒中患者の車いす移乗時操作管理能力黒川諒1),月成亮輔1,2),長井亮祐1),宮前篤1),菊池俊明1),伊藤修一1)1)市川市リハビリテーション病院 リハビリテーション部 理学療法科2)東洋大学大学院 文学研究科 哲学専攻key words 脳卒中・予後予測・歩行速度【目的】 脳卒中患者の歩行自立に関して、自立判定因子として歩行速度が関連しているという報告が多くされている一方、脳卒中患者の中には安定性を重視し、3 動作での歩行などの歩行様式を獲得し、歩行速度が不十分であっても自立している症例は少なくない。また、長井ら(2015) は、身体機能に関わらず、入院後1ヶ月時の車椅子からの移乗時操作管理能力( 以下,B/F 操作管理) の有無は、歩行自立の予測因子としての的中率が高いと報告している。そこで、本研究の目的は、退院時歩行速度が歩行自立のカットオフ(0.80m/ 秒)(Bowdenら,2008) に満たない症例の、入院後1ヶ月時のB/F 操作管理の状況と歩行自立との関係を調査することである。【方法】 対象は当院入院の初発脳卒中患者で、退院時の歩行速度が自立判定カットオフに満たなかった14 名とした。病棟歩行自立判定は、多職種からなるチームで検討し、最終的に主治医が行った。入院後1ヶ月時のB/F 操作管理は先行研究に準じて、移乗する際に声かけおよび介助なしで、患者自らが車椅子のブレーキとフットレスト操作を行うことが定着しているか否かを担当PT が判断した。歩行速度は、退院時に10m 歩行テストを担当PT が測定した。【説明と同意】 すべての被験者には、研究の趣旨を十分に説明し、同意を得た。なお、本研究は当院の倫理審査委員会の承認を得て実施した。【結果】 対象患者14 名のうち、入院後1ヶ月時のB/F 操作管理が行えていた者は5 名であり、うち4 名は歩行自立に至った。一方、B/F 操作管理が行えなかった者は9 名であり、うち8 名は歩行自立に至らなかった。【考察】 歩行速度が不十分であっても、B/F 操作管理など安全管理を行える能力を有していることで、歩行速度に関わらず歩行自立を予測することができると考えられる。脳卒中患者の自立判定には身体機能に対する視点のみでなく、日常的な安全管理能力なども考慮したうえで判断する必要があると考えられる。