ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

16P-031 健常人に対するストレッチポール上背臥位の即時的な肺機能の変化について芝沼大輝1),牛山広和1),國谷伸一1),渡邊昌宏2)1)医療法人社団 聖嶺会 立川記念病院2)つくば国際大学 医療保健学部 理学療法学科key words 即時効果・肺機能・ストレッチポール【はじめに、目的】 肺機能が低下することで胸郭可動性の低下が生じると言われている。近年、ストレッチポール(SP)を用いた研究によりリラクゼーションや脊柱伸展可動域、胸郭可動性の改善が図れ、肺機能の改善にも効果があると報告されている。しかし、SP を用いた長期的介入や動的な運動を行い肺機能の改善が認められた研究はあるが、静的介入が即時効果として肺機能の改善が図れるか報告している研究は少ない。そこで、本研究ではSP を用いて静的介入が即時効果として肺機能に影響を及ぼすかを明らかとする事にした。【方法】 対象は健常成人17 名(男性11 名、女性6 名、年齢26.2 ± 4.8 歳)とした。対象者は、立位でスパイロメーターを用いて肺活量(VC)、対標準肺活量(%VC)、努力性肺活量(FVC)、1 秒量(FEV1)、1 秒率(FEV1%)を測定した。次にSP 上に脊柱を合わせた背臥位で4 分間安静にし、その後立位にてスパイロメーターを用いて介入前同様に測定した。介入前と介入後での変化を得られたデータを基に比較した。統計解析には対応のあるT 検定を実施し、有意水準は5%とした。尚、本研究はヘルシンキ宣言に基づいて実施した。【結果】 介入前後での測定されたデータに有意差は認められなかった。(VC p=0.851、%VC p=0.83、FVC p=0.65、FEV1p=0.71、FEV1% p=0.66)【結論】 本研究ではSP を用いた肺機能への静的介入による即時効果は認められなかった。先行研究では、長期的な介入によりリラクゼーションや脊柱伸展可動域拡大が生じることで胸郭可動性の改善が得られ、肺機能の変化が生じると報告されている。また、対象者にSP 使用経験がない場合、リラクゼーションが得られないとの報告もされている。今回、短時間の介入では脊柱伸展可動域や胸郭可動性改善困難、本研究での対象者ではSP の使用経験がなくリラクゼーションが得られず肺機能への即時効果が得られなかったと考える。P-032 呼吸パターンの違いはPCI および自覚的疲労度に影響するか尾形燿介1),高尾敏文2),中野渉2)1)医療法人 協友会 船橋総合病院2)つくば国際大学 医療保健学部 理学療法学科key words 口すぼめ呼吸・PCI・自覚的疲労度【目的】 歩行中の呼吸パターンを指示した際、PCI および自覚的疲労度がその影響を受けるか否かを検証すること。【方法】 対象は健常成人男性10 名、年齢の中央値[ 最小値- 最大値] は21.5[20-21] 歳であった。呼吸リズムは、(1) 歩行に合わせて口すぼめ呼吸を吸気2 歩、呼気4 歩で行う「2:4」のパターン、(2) 同じく「2:2」のパターン、(3) 同じく「4:2」のパターン、(4) 呼吸についての指示なしの計4 パターンとし、施行順は無作為とした。PCI 測定には、自由速度歩行で20m の直線路を3 分間往復する方法を用いた。また、歩行終了後の自覚的疲労度(Borg Scale) を聴取した。統計学的検討にはFriedman 検定およびWilcoxon の符号付順位検定を用い、有意水準は5%未満とした。対象者には口頭および書面にて十分な説明を行い、研究参加への同意を得た。【結果】 各呼吸パターンにおけるPCI は、(1)0.36[0.18-0.56]beats/m、(2)0.36[0.18-0.65]beats/m、(3)0.48[0.17-0.83]beats/m、(4)0.25[0.2-0.3]beats/m であり、有意差は認めなかった(p=0.618)。各呼吸パターンにおけるBorg Scaleは、(1)10.5[8.0-12.0]、(2)10.0[7.0-12.0]、(3)11.0[9.0-14.0]、(4)8.0[6.0-11.0] であり、有意差を認めた(p < 0.05)。また、(4) は(1)(2)(3) のすべてに対して有意に低値であった(p <0.05)。【考察】 呼吸パターンを指示してもPCI に違いが見られなかった理由としては、今回課題とした呼吸パターンの違い( 負荷)では健常者の身体に与える影響が小さくPCI の変化には至らなかったと考える。一方で自覚的疲労度は、呼吸パターンを指示しない時と比べ指示した場合に大きくなるという結果となり、対象者が普段とは異なる呼吸パターンを意識したことにより心理的な負担を感じたものと考える。【まとめ】 呼吸パターンを指示することが必ずしもエネルギー効率の良い運動につながるとは限らず、場合によっては自覚的疲労度のみが高まる場合もあり得ることを示す結果となった。