ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

10P-019 がん患者の運動療法が精神心理に及ぼす効果~システマティックレビューによる検討~藤田裕子1),藤井有沙2),中山 恭秀3)1)文京学院大学 保健医療技術学部 理学療法学科2)東京慈恵会医科大学附属第三病院3)東京慈恵会医科大学附属病院key words がん・運動療法・精神心理【はじめに】 がんのリハビリテーションガイドラインではがん患者に運動療法が効果的であると示されている.しかし運動療法ががん患者の精神・心理に及ぼす効果は乳がん患者以外では十分に検証されていない.そこで運動療法ががん患者の精神・心理に及ぼす効果を過去の文献より明らかにすることとした.【方法】 データーベースにはPubMed、医中誌を使用し、1がん(cancer)、2 運動療法(Phythical theraphy orExcecisetherapy ),3 精神or 心理(sprit or mentalty) を検索ワードとした.原著論文の中からメタアナリシス・RCT のみを抽出し、過去5 年間の文献とし内容から判断した.また乳がん患者は除外した.本研究は文献研究であるため倫理面への配慮は特にない.【結果】 国内における文献は(1and2and3) は0件、国外は3 件、国内における(1and2)は10 件(1and3) は12 件であった.(1and2)はヨーガ、早期離床、歩行練習や筋力強化など、(1and3) は看護ケアや心理療法についての内容であり、理学療法に関わる検討は見当たらなかった.【考察】 ガイドラインで用いられた文献以降、運動療法が乳がん患者を除くがん患者の精神・心理への効果について検討が不十分である.がん患者は告知後に適応障害、鬱病、せん妄になる症例が多く、看護や精神・心理の領域では検討が散見している.理学療法介入場面でも、精神・心理的な問題が阻害因子となることがあり、それらを評価する必要性が示されている中、乳がんを除くがん患者を対象とした報告は学会報告や症例検討に留まっている.石井らは低強度の運動療法であっても実施することで身体・精神症状が改善することを示しており、身体機能だけでなく心理面も考慮した運動負荷設定の必要がある.近年、精神障害患者に対する運動療法が精神・心理面に効果的であることが示されていることからも運動療法と精神心理面は相互に関係し合っていると考え、今後の検討は必須である.P-020 重度のサルコペニアは急性期病院退院時のADLに影響を与える保木本崇弘1),樋口謙次2),中山恭秀1)1)東京慈恵会医科大学附属病院 リハビリテーション科2)東京慈恵会医科大学附属柏病院 リハビリテーション科key words 急性期・サルコペニア・ADL【目的】 急性期病院入院時にサルコペニアを有する患者はその重症度が異なる可能性がある。しかしサルコペニアの重症度とADLに関する報告は少ない。本研究の目的は、サルコペニアの重症度がADLに影響を与えるか検討することである。【方法】 対象は急性期病院に入院した65 歳以上の患者であり、内科系疾患に分類できた47 名( 平均年齢77.9 ± 7.1歳、男性26 名、女性21 名) とした。ペースメーカー挿入者、理学療法開始時のBarthel Index( 以下BI) が90 点以上の者は除外した。調査項目は理学療法開始時の年齢、性別、BMI、骨格筋指数(Skeletal Muscle Index 以下SMI)、栄養評価(MNA-SF)、血液・生化学検査(Alb、TP、Hb)、入院前の活動( m RS)、ADL(BI) とした。アウトカムは、退院時のADL(BI) とした。骨格筋量の評価には、InbodyS10(Inbody 社製) を用いた。AWGS のSMI カットオフ値よりサルコペニアを判定し、正常群(n=11) とサルコペニアに分類した。更に男女別の中央値から、軽度サルコペニア群( 以下軽度群)(n=18)、重度サルコペニア群( 以下重度群)(n=18) に分類した。統計解析は3 群の比較にKruskal-Wallis 検定、Fisher の直接確立検定を用いた。多重比較にBonferoni を用いた。有意確率はいずれも0.05未満を有意とした。本研究は倫理委員会の承認を得て行った。【結果】 3 群の比較では、BMI、MNA-SF、Alb、退院時のBI に有意差を認めた。多重比較の結果、BMI は、いずれの群間においても差を認めた。MNA-SF は正常群及び軽度群と重度群の間に有意差を認めた。Alb は、軽度群と、重度群の間に差を認めた。退院時のBI は、正常群及び軽度群と重度群の間に差を認めた。【結語】 正常群に比べ、軽度群は栄養状態が低下しており、重度群はさらに栄養状態が低かった。重度群は退院時のADLが低くなる可能性があり、軽度群は正常群と同様のAD Lを獲得できる可能性がある。