ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

26O-051 間質性肺炎患者に対する呼吸リハビリテーション―胸郭可動域訓練による歩行時呼吸困難の改善―中原亮1),鈴木康平1)1)IMS グループ 東戸塚記念病院 リハビリテーション科key words 間質性肺炎・胸郭可動域訓練・呼吸困難【はじめに】 呼吸リハビリテーションにおける胸郭可動域訓練は,胸郭拡張差や肺活量の向上が期待される.先行文献では健常者やCOPD 患者に対する胸郭可動域訓練により胸郭拡張差や肺活量の向上が報告されているが,間質性肺炎( 以下,IP) 患者に対する報告は少ない.今回,歩行時に呼吸困難が認められたIP 患者に対し,胸郭可動域訓練を実施した結果,胸郭拡張差が向上し訓練継続に伴い歩行時呼吸困難の改善,自宅退院が可能になった為,報告する.【対象】 78 歳男性.入院時より酸素2L 開始.第3 病日より訓練開始.第8 病日より酸素1L へ変更.第13 病日より酸素終了し,第18 病日に自宅退院となる.【評価】 第4 病日に実施.SpO2:安静時97% ( 酸素2L),歩行後91%( 酸素2L) ,修正Borg スケール:安静時2,歩行後4,胸郭拡張差:腋窩部1.0cm,剣状突起部1.5cm,第10 肋骨部2. 5cm, 6 分間歩行:実施困難.46m にて中断.【治療】 第5 病日より上部・下部胸郭に胸郭可動域訓練を実施.【結果】 第17 病日に実施.SpO2:安静時98% ( 大気下),歩行後95% ( 大気下),修正Borg スケール:安静時0,歩行後1,胸郭拡張差:腋窩部1.5cm,剣状突起部2.5cm,第10 肋骨部3.0cm,6 分間歩行:300m.【考察】 千葉らは,胸部mobilization は肋椎関節周囲の筋スパズム低下と肋椎関節,椎間関節への回転および滑りを円滑にすることで胸郭拡張が得られると述べている.また,松本らはIP 患者の6 分間歩行距離には呼吸困難感が強く影響を及ぼすと報告している.今回,対象者に胸郭可動域訓練を実施した結果,胸郭拡張差の向上が認められた.今回の結果よりIP 患者に対する胸郭可動域訓練は,先行文献と同様に胸郭拡張差や肺活量を向上させることが示唆され,本対象者においては,胸郭拡張差や肺活量の増加により呼吸困難感が軽減し歩行距離が延長したと考察した.【倫理的配慮】 対象者に対し,ヘルシンキ宣言に則り書面にて説明を行い,同意を得た.O-052 間質性肺炎を呈した症例に対する理学療法の経験~摂食形態,栄養状態の変化とADL 改善に注目して~長谷川絵里1),榎谷高宏1),齊藤哲也1),大野範夫1),楯野英胤1)1)昭和大学藤が丘リハビリテーション病院key words 間質性肺炎・栄養状態・ADL能力【はじめに】 間質性肺炎(IP) はリハビリテーションにより運動耐容能改善,呼吸困難感軽快,QOL 向上に期待できるとしているが,その有用性に関しての報告は少ない.今回,入院中に間質性肺炎の増悪があり,一時経管栄養となった症例を経験した.摂食形態,栄養状態の変化とともにADL 改善を認め,関係性について考察し報告する.【症例紹介】 80 台女性.BMI16.2.既往は糖尿病,高血圧.現病歴は14 年前にIP と診断され,その後2 回IP 憎悪し他院へ入院.今回IP 増悪の診断で他院へ入院し,1ヶ月後にステロイド内服と酸素療法が必要な状態で当院転院.転院時の栄養状態はAlb2.9g/dl,ADL 能力はFIM94 点で歩行器にて歩行可能であった.酸素は安静時2L/ 分,労作時5L/ 分であり入院中変化はなかった.尚,本症例に対し,発表に際して説明し同意を得た.【経過】 転院2 週後にIP 増悪し,経口摂取できず全身状態の悪化があり経管栄養を開始.栄養状態はAlb1.9g/dl,ADL 能力はFIM50 点でベッド上全介助であった.ベッド上で筋力維持を目的とした理学療法を行った.転院1ヶ月後より経口摂取併用となったが食事摂取量は3 ~ 5 割,Alb2.0g/dl であった.端座位保持練習で心拍数が95/ 分以上となり疲労を訴え拒否が多かった.転院1ヶ月半より食事摂取量が5 ~ 10 割,Alb2.6g/dl となり端座位保持練習で心拍数が90/ 分前後で,疲労の訴えはなくなった.転院2ヶ月後より車椅子乗車にて経口摂取となり転院3ヶ月後に有料老人ホームへ退院した.退院時の栄養状態はAlb3.4g/dl ,ADL 能力はFIM59 点であった.端座位での心拍数は80/ 分台となった.退院前の理学療法は基本動作練習を中心に行った.【考察】 積極的な運動療法を実施しなくても栄養状態,疲労感に合わせた基本動作練習を行うことでADL 能力が向上すると考える.労作時心拍数の低下とともに疲労感が減少したため,低栄養の患者に対し心拍数を基準にして介入することが有用であったと考えられる.