ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

25O-049 肺葉切除予定患者に対する術前外来リハビリテーション導入の取り組み松崎文香1,2),齊藤哲也2,3),大橋慎一2),鈴木浩介2),青木いづみ1),城井義隆4),門倉光隆2)1)昭和大学横浜市北部病院 リハビリテーション室2)昭和大学横浜市北部病院 呼吸器センター3)昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 リハビリテーションセンター4)昭和大学横浜市北部病院 リハビリテーション科key words 肺切除術・術前リハ・患者指導【はじめに】 当院では2017 年2 月より呼吸器外科の予定手術患者に対して,術前の外来リハビリテーション(以下,リハ)の導入を開始した.外来リハでは身体機能や運動耐容能の評価,パンフレットを用いた呼吸指導や周術期リハのオリエンテーションを実施し,術後円滑に離床を進めることや合併症の予測・予防に努めることを目的としている.今回,この取り組みについて,肺葉切除術前から混合性換気障害があり労作時に酸素飽和度の低下を認めた症例を通して報告する.なお,症例には本学倫理規定に準じ,発表について説明の上,同意を得た.【症例】 76 歳男性.右下葉肺癌疑いにて手術目的に当院紹介受診.既往歴は糖尿病,関節リウマチ,高血圧である.呼吸機能は肺活量2.88L,% 肺活量69.1% ,1 秒量1.35L,%1 秒量41.8%,1 秒率53.1%,残気量 3.53L,% 残気量169.7%,残気率 55.07% を示し,CATスコアは14点だった.【経過】 外来リハでの術前評価で,mMRC 2,6 分間歩行距離440m,低活動量を認めた.6 分間歩行試験で酸素飽和度は87% まで低下した.入院までの期間は主にIncentive spirometry(以下,IS)による呼吸指導や運動指導を行った.血糖コントロール目的に手術6 日前に入院し,同日より術前リハを開始した.入院時の呼吸機能は,1 秒量1.47L %1 秒量45.7% 1 秒率 56.3% を示した.手術は胸腔鏡補助下で右下葉切除術を施行された.離床・排痰練習を中心とした術後リハを手術翌日より1 日2 回行い,術後9 日目に退院となった.【考察】 本症例は外来リハでの術前評価から,症例に適した呼吸指導・運動指導を行うことで呼吸機能の改善を得ることができた.また,入院当日から術前リハを開始することで患者との関係性が構築され,術後の積極的な離床プログラムの遂行や自己排痰を促進でき,早期退院に至ったと考える.O-050 肺炎発症後廃用症候群による長期臥床患者~胸椎後彎増強患者に対する呼吸機能に着目して~平井彩美1)1)医療法人 横浜平成会 平成横浜病院 リハビリテーション科 key words 胸椎後彎増強・呼吸機能・HOPE聴取困難【はじめに】 加齢に伴い多くの生理的機能は変化していき, その結果, 高齢者の生活の質(以下QOL)は損なわれる. 欲求の階層構造より,QOL 最下層には生命維持の安定が位置づけられている. 今回,HOPE 聴取困難, 呼吸機能低下の患者を担当し, 胸椎後彎増強と呼吸機能に着目し治療を行った為, ここに報告する.【症例紹介】 80 歳代, 女性, 既往歴は, 高血圧, 脳梗塞. 肺炎発症後,他院にて治療を行い発症3 ヶ月後に治療目的にて当院へ入院となった.【治療経過】 初回評価では, コミュニケーション困難, 呼吸状態不良, 日中ベッド上で臥床していることが多い状況であった. 血圧78/57mmHg, 呼吸数23 ~ 30 回,SpO294% ,胸郭拡張差0.2cm, 右肩関節外転・体幹伸展制限認める. 胸椎後彎増強に対し, 背臥位の時間を設け胸椎伸展方向にストレッチ, 肩関節可動域制限に対しROMex.を実施. 循環・骨格筋の活動量増加目的でリクライニング式車椅子への離床訓練を実施. 最終評価時, 血圧107/71mmHg,SPO291 ~ 99% , 右肩関節外転制限の改善を認めた. 臥床傾向の症例に対し1 時間の起立耐性を獲得することが出来た. しかし, 著しい呼吸機能の改善は認められなかった.【考察】 結果より, 胸椎後彎増強患者に対し呼吸機能に着目し治療を行ったが, 微細な変化に留まった. これらは, 体幹伸展制限の改善が認められなかったことと, 股関節・膝関節の伸展制限から骨盤後傾位, 腹筋群の筋長が短縮していると推察され, 胸郭可動性の阻害因子となり呼吸機能に対する効果が乏しかったと考える. さらに, 大腰筋, 腰方形筋の短縮を認め, これらは解剖学的視点より, 肋骨の運動制限に関与し, 運動連鎖により呼吸機能に影響していると考える. 呼吸機能の生命維持に与える影響は大きく, 今後も高齢者の療養生活におけるQOL 向上に向け取り組んで行きたい.