ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

16O-031 両側同日人工膝関節置換術後3 ヶ月における膝伸展筋力は術前よりも低下するが,立ち上がり速度は低下しない和田晃平1),倉坪亮太2),相沢志穂子1),金子敬弘1),田中さえ子1),關口治3)1)神奈川県警友会 けいゆう病院 リハビリテーション科2)北里大学 北里研究所病院 診療技術部 リハビリテーション技術科3)神奈川県警友会 けいゆう病院 整形外科key words 変形性膝関節症・TKA・5回立ち上がりテスト【目的】 変形性膝関節症( 膝OA) の症状の一つとして,立ち上がり動作能力の低下がある.膝OA の主な治療法として,運動機能やADL 改善目的に人工膝関節置換術(TKA) は施行されている.これまでに膝OA 患者や片側TKA 患者の術前後での立ち上がり機能に関連した報告はあるものの,両側同日TKA 患者の術前後での立ち上がり機能の報告は少ない.本研究の目的は,両側同日TKA 患者の立ち上がり機能とその他の身体機能を術前後で比較し,経時的変化を明らかにすることとした.【方法】 対象は両側膝OA に対して,両側同日TKA を施行した25名( 男性4 名,女性21 名,年齢74.7± 6.7 歳,身長153.5± 7.4cm,BMI25.7± 3.6).測定項目は,5 回立ち上がりテスト(5STS),疼痛VAS,膝関節可動域(ROM),等尺性膝伸展筋力(IKE)とし,術前および術後3 ヶ月に実施した.両側が術側のため,ROMとIKE は術後3 ヶ月時のIKE が強い側をStrong 側,弱い側をWeak 側と定義した.統計学的検討として,術前と術後3 ヶ月の測定項目の比較にWillcoxon 符号付順位和検定を用いた.なお有意水準は5% 未満とした.【倫理的配慮】 本研究は,当院倫理審査委員会の承認(H27年-第2号)を得て,実施した.【結果】 5STS に有意な差は認められなかった.Weak 側のIKEは有意に低下し,膝伸展ROM は有意に改善した(p <0.01).疼痛VAS はStrong 側,Weak 側ともに有意に改善を認めた(p < 0.01).【考察】 術前と術後3 ヶ月で5STS は有意差を認められなかったが,Weak 側のIKE は低下していた.IKE が低下しているにも関わらず,立ち上がり速度に有意差を認めなかった理由として,膝伸展筋力を股関節周囲筋・体幹筋群などが代償している事が推察された.そのため,両側同日TKA 患者の術後理学療法の際には,膝伸展筋力のみに着目するのではなく,股関節や体幹機能にも着目する必要性が示唆された.【結論】 両側同日TKA 術後3 ヶ月における膝伸展筋力は術前よりも低下していたが,立ち上がり速度は差がなかった.O-032 腰椎椎間板ヘルニア摘出術後の再発に影響を与える機能的因子の検討平山鷹也1),望月良輔1),石垣直輝1),石谷勇人2)1)医療法人社団紺整会 船橋整形外科病院2)医療法人社団紺整会 船橋整形外科 西船クリニックkey words 腰椎椎間板ヘルニア・再発・機能的因子【はじめに】 腰椎椎間板ヘルニア(LDH) の手術療法は, 一般的に良好な成績を示しているが再発のリスクもある. 再発に関与する危険因子について, 構造的特徴に関する研究は散見されるが, 機能的特徴について調査した研究は渉猟しえない. そこで本研究では, 再発に関与する機能的特徴について調査することとした.【対象と方法】 対象は2015 年10 月から2017 年3 月にMRI 画像及び臨床所見からLDH と診断され, 当院で椎間板ヘルニア摘出術を施行した133 名とした. 除外基準は,LDH 以外の脊柱疾患を合併している者, 疼痛が強く術前測定に未実施項目がある者,LDH が中心性及び多椎間に突出している者とした. これらの基準を満たした者をカルテ情報から再発ヘルニアを摘出した群( 再手術群) とヘルニアの初回手術群( 初回手術群)とに群分けし, 各々のLDH の出現レベルと術前の股関節可動域( 屈曲, 外旋, 内旋) 及びSLR 角度を調査した. 検討項目は各群の股関節可動域とSLR 角度とし, 各項目で群間比較を行った. 統計解析は各項目について2 標本t 検定及びMann-Whitney 検定を行った. 統計ソフトはR2.8.1 を使用した. ヘルシンキ宣言に基づき対象者へは人権擁護がなされている旨を説明し,同意を得て行った.【結果】 再手術群が19 例, 初回手術群が114 例だった.LDHの出現レベルは再手術群ではL4/5 が11 例,L5/S1 が5 例,L5/6,L3/4,L2/3 が各1例だった. 初回手術群では,L4/5 が52 例,L5/S1 が50 例, 次いでL2/3,L3/4,L1/2,L5/6 の順だった. 各群の股関節可動域とSLR 角度は, 症状側の股関節屈曲のみ再手術群で有意に低値となった(p < 0.01).【考察】 LDH の出現レベルはL4/5, L5/S1 の順で多く, 先行研究と一致していた.2 標本t 検定の結果, 症状側の股関節屈曲のみ有意に低値となった. 股関節屈曲制限が腰椎屈曲の代償, 椎間板への負担増を引き起こし,LDH の再発リスクを高めていると考えられた. 本研究の結果から, 術後理学療法において股関節屈曲可動域の改善が再発予防に有用であることが示唆された.